今日の1-Click_ρ('∀' ) ポチットナ♪

iTunes Storeでのおすすめ曲を今日の1曲スタイルでピックアップしてます。曲リンク先は試聴アドレスですんでご安心を♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

3/11_音楽ピックアップ

クイーンとパチスロとのコラボ
なんじゃこりゃーと言いつつも、やってみたい〜(笑)


アクセル・ローズ、スラッシュを“合法的”に非難
アクセルのおとうさんのような人が写ってます(笑)


Never Mind The Bollocks:洋楽ロックの貴重なLIVE!
ピストルズのドキュメンタリー動画(50分)がストリーミング配信されてます。
が、マカーは観る事ができません・・・(大涙)

3/11_東京ドーム増席

JEC、アーティスト席及びプレス席を解放
GC席も放出だそうな。でんわ急げ!

埼玉のローカルFM局、どうやら埼玉公演降りたみたいですね。
いつの間にか東京ドームの後援に名を連ねてます・・・


ROLLING NEWS OF THE STONES
編集後記にロニー・ウッド絵画展の記述があって、ハリーに触れてます。
>トーク・ショーは生まれて初めてというHARRY選手も、実に愛情あふれたストーンズ話でした。
>いつもは寡黙な彼ですが、この日はいろいろ語っていただきました。
ハリーがしゃべりをこなしたとな!見たかったー!!
スライダースん時のMCは「ハロー」と「バイバイ」だけのヒトだったからさぁ(笑)

3/8のストーンズ・ナイトに行った人のレポを探してググりまくってます・・・


公式HPのVirtual Ticketより
こないだのリオのフリーコンサートのオープニングの模様がUPされています。
(観るにはメンバーシップ必要。チケットもってる人も観れるはず。)
JJFが始まる直前のintroduction曲がちらっと聴こえますね。
チャカポコしたラテンな土着っぽい曲。今回のツアーはこれがイントロなんかな?
イメージ 1



   今日の1曲
   You Got Me Rocking
   "No Security"
   The Rolling Stones
   Released in 1998



90年のSteel Wheelsん時は上へ下への大騒ぎ。
ヨダレ・ハナミズ垂れ流したあげくに座りションベンしちゃったってくらいの熱狂。
なんと東京ドームを2月の14,16,17,19,20,21,23,24,26,27日と10Daysもの間
満杯にしていったのでした。武道館の10daysは聞いた事あるけど、ドームってのは
あれから16年も経ってるけどこの記録破られてないんじゃないかなー。

で、ニッポンは見事ワールドツアーの一角に参入。
95年にはヘンテコリンなジャケのVoodoo Lounge引っさげて再来日を果たします。
3月6,8,9,12,14,16,17日が東京ドーム、22,23日で福岡ドーム。
初来日の熱狂が冷めて、空席目立っちゃったのも変な意味で話題になったっけ(笑)

さて、今日の曲、スタジオ録音は94年のそのVoodoo Lounge。実はこの辺りから記憶が
いい加減になってくるので、資料見ながら書かないと間違うんだよなー。
公私ともに何かと忙しなくなって、個人的に時間がとれなくなったのもあるだろうけど、
さしものストーンズも噺家のように枯れてきたきらいがちょいあったりして...
シングルカットされたLove is Strong、巨人化したヤツらがNYを歩き回るモノクロの
PVが印象に残ってるんだけど、チャート入りしなかったストーンズ初のシングルだった
そうだ(悲)他にはOut of Tearsなんてちょっと良いバラードもあったりしたんだけど、
一等好きだったのはこのYou Got Me Rocking。
この曲はストーンズでは珍しくベースがフューチャーされてて、ボボボボと早いテンポで
刻んでるところにガラの悪そうなギターがスライド交えて被さってるんでなっかなかに
扇情的でかっくいいんだよね。だもんで、ライブ映えするナンバーとしてその後のツアー
でも見事定番セットリストへ仲間入り。
近作でセット入りしたのは81年のStart Me Up以来じゃないのかなー。

ツアーの話に戻ると、95年の不入りに懲りたか、98年のBridges To Babylonツアーでは
東京ドームが3月12,14,16,17日、大阪ドームが20,21日と短縮。
さらに前回2003年のLICKSツアーに至っては3月10日武道館、12日横アリ、15,16日に
東京ドーム、20,21日大阪ドームとキャパも変化。

今回のA Bigger Bangは3月22,24日が東京ドーム、29日札幌ドーム、4月2日さいたま
スーパーアリーナ、5日がナゴヤドームというわずか5日間の日程で、過去最小規模(涙)
まーこれで日本の「五大ドーム」は制覇。武道館、横アリ、スーアリと、主要なハコも
制覇したことになる。あとは代々木プールと大阪城ホールぐらいかなwww


もし最後のツアーがあるとしたなら、国立競技場でドカーンと演って欲しいんですがね。
フィナーレでバカスカあがる花火をどーしても体験してみたいんすよねー。
さらにさらに、ヨボヨボんなってもまだ演ってくれるってんなら、ベンチャーズよろしく
地方都市の文化会館をまわって欲しいなぁ。
「永遠の反逆児 ザ・ローリング・ストーンズ リサイタル」なんつってさ(笑)


イメージ 1



   今日の1曲
   It's Only Rock 'N Roll
   "Love You Live"
   The Rolling Stones
   Released in 1977



ストーンズの言う「It's Only Rock 'N Roll」
裕也さんの言う「ロックンロール!」

1回聞いただけでは「あーそうですか」的に聞き流せちゃうんだけど、それを10年、
20年と言い続けると、かくも響くものなんだなーと思う。

Love You Liveで聴いて、ブートで聴いて、Live Licksで聴いて、ライブ映画なんか
でも当然出てきたりして、年々演奏はグダグダのユルユルになってくんだけど(笑)
サビのシメで「Yes I do !」なーんてダメ押された日にゃ参っちゃうんだよね。

ライブでオーディエンスと掛け合いする構成にしてくれた時なんかにゃマイク向け
られて「オーンリ ロケロー♪」って歌い返してる瞬間、「これなんだよなー」的に
ビールのCMのようにじわっとくる実感がこの曲のすんごいところだなー、とつくづく
思うです。

すべてが予定調和のロックンロールショー。十年一日とか、偉大なるマンネリとか。
否定はしないけど、肯定もできないな。
水戸黄門的に予定調和だからこそ得られるカタルシスもあるし、こなし続けることの
凄みや深みがこの曲には凝縮しているように思えてならないんです。

カウンターカルチャーがベースのロックンロールはがっついた表現と革新性のみで
その魂が語られがちだけど、それだけじゃないように思えてきたんすよ。

いっとき、ぼくは飽きた時期があってビートの強い系統を中心にあっちこっち行ってた
けど、Prodigal Sonよろしく、いつの間にやらストーンズに戻ってきてました。

最近の経済誌では積み重ねた当たり前が真似のできない特殊性を生み出す、てな枕で
トヨタをはじめとした「続け続ける」企業の紹介記事がわんさか出てる。
トヨタよりホンダ、ナショナルよりソニー、マイクロソフトよりアップル。
強大なものに伍する姿勢に対して、ぼくはずっとシンパシーを持ってました。
でも最近は強大であり続ける事の難しさ、ってのにちょっとづつ興味が出てきてます。

ちょっとやそっとじゃ越えることのできない壁ってどうしようもないから度胸一発で
勝負掛けるか、ヒネくれてツバ吐くぐらいしかできないんだけど、そんなコゾー達の
反撃にも動じず、ひたむきにやり続ける姿はまるで父親のよう。


越えられない壁であり続けながら、「Yes, I do !」っつってジャンプもする。
こんなオヤジでありたいもんです。



イメージ 1



   今日の1曲
   Jumpin' Jack Flash
   "Flashpoint"
   The Rolling Stones
   Released in 1991



JB行ったら眠ってたStones来日モードのスイッチが入りました。ぱちん!
前座として扱うには申し訳ないくらいの大物に対してちょっと失礼な話だけど(笑)
CMで流れてたXbox 360じゃないけど、パワーオンってカンジで今日はストーンズの
06ツアーオープニングになったJJFを。

帰ってからしばらくはJBソングが血液に流れてて、仕事中もタバコ吸ってても
フロ入っててもフンフン歌ってたんだけど、血中濃度が薄まっていくと共に
入れ替わるようにStones濃度が上昇、むさぼるようにアホほど聴いてます。

正直言って全曲カラダに馴染んでるから、普段はあんま聴かないんです、Stones。
でも、いったん火が入ると燃えさかりますね〜。
春っていう時期もいいのかもね。サカリついちゃうような感覚かもww
雪国の単車乗りが春になってエンジンに火ぃ入れた時の嬉しさに似てるって
言っても表現狭いな(笑)したとこないけど、禁煙や禁酒してて再開したような
カンジとでも言うか...

それにしてもこのバンド、ホント律儀にツアーやるよね。ほぼ3年周期。
72年:Exile On Main Street(テイラー在籍期。良質ブート多し)
75年:Made in the Shade→Love You Live(ロニー加入)
78年:Some Girls(キース薬中ピーク、カナダでついにお縄ww)
81年:Tatoo You→Still Life(クリーンに新生なった黄金期)
とやってから、長ーいケンカの時期があって
91年:Steel Wheels→Flashpoint(初来日!ビル・ワイマン最後のツアー)
95年:Voodoo Lounge→Stripped(ミックのノドがもたなくなってくる)
98年:Bridges To Babylons→No Security
02年:Forty Licks→Live Licks
06年:A Bigger Bang
ケンカ明けからはツアーの規模が年々大きくなって2年越しのワールドツアーに
なってくんで4年周期になってくけど、こうしてみると結構な働き者かもww

今度こそ最後のツアーだと言われ続けて幾年月(笑)
さすがにメンバーが還暦過ぎた今回は現実味があります。少なく見積もっても
スタジアムクラスのパフォーマンスはもう無くなるんじゃないでしょうか。

4年後、あっさり裏切って欲しいすけどね(笑)



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事