今日の1-Click_ρ('∀' ) ポチットナ♪

iTunes Storeでのおすすめ曲を今日の1曲スタイルでピックアップしてます。曲リンク先は試聴アドレスですんでご安心を♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1



   今日の1曲
   当たれ!宝くじ2006
   "30th Party"
   木村充揮
   Released in 2006



今時分でナンですが、新年アケオメでございます。
旧年中は皆々様には大変お世話になり、ありがとうございますた。
本年もどうぞ宜しくお願いしマンモス西。

年末ジャンボ、去年も買いました。当たってたら・・・モッズコートが欲しいな〜。
宝くじは確率がえらい悪いバクチ。どうせならってんでいつも大穴狙いでバラ買ってました。
その心は、買った10枚が全て1等で20億になる可能性が連番より高いから(笑)
前後賞狙いの連番で3億なんて器が小せぇぜ〜・・・なんて事を思ってましたが、さすがに
毎年外れるので今回は確率を上げるために久々に連番で買いました。

で、年末に抽選会があって当選番号は発表されてるんだけど、肝心の番号チェックがメンド
臭いので、かなりの頻度で見ないまま期限切れになっちゃう事しばしば。
こないだ大掃除してたら変な場所から平成18年1月5日に交換期限の年末ジャンボが出てきたし。
たしかこれはその当時の年末番組で「東南の黄色い場所に置いておくと吉」なんていうイカサマ
風水師の言うことを溺藁で実行した成れの果てだった。orz・・・アタッテタカモシレン

売り場に行ってザラザラザラーって機械で見てもらおうと思って、クルマのダッシュボードに
入れといてショッピングセンターに行った時にでも・・なんて思っていつつそれっきりとか。

今年こそ期限切れる前に番号見ねば・・・と買った時は思うんだけど、3億円はぼくの買った
売り場からは出てないことは既にハッキリしているのでヤル気がないという面は否めません(笑)
ま、3億ダメでもまだ一縷の望みはあるので、今日出かける用事があるから握りしめて行くです。

もちろんクルマの中で聴く曲はコレ。
憂歌団バージョンより油が抜けたジャジーなデキですが、木村サンの天使のダミ声は健在。
アルバム自体は30thとあるようにデビュー30周年を記念して作られたセルフカバー作。
憂歌団のイメージがキツすぎるので、聴くとちょっとしんどいような気がするです。
しかーし、2006とあるのはダテではありません。当選金額が大きくなった分、キッチリ歌詞が
変わっているのです。ゲンを担ぐんだったら迷わずコッチですね〜。

そこそこの金額が当たってたら・・・モッズコートの画像でもageときますかねwww


開く トラックバック(2)

James_Brown:I Feel Good

イメージ 1



   今日の1曲
   I Feel Good
   "James Brown & Friends"
   James Brown
   Released in 1988



巨星墜つ、とはこういうコトを言うんでしょうね。
夕方に知ったニュース、全然信じらんなくて、おもしろ半分のジョークであって欲しいと
思ってましたが家に帰ってTVニュースで流れるのを目にしてようやく認識しました。

ツアー中に亡くなるなんて、さすが"The Hardest Working Man in Showbiz"と思ったり。
ツアー中に亡くなるなんて、"The Godfather of Soul"の名が泣くぜと思ったり。

その他に「ファンクの帝王」なんて称号もありますが、これだけの偉人、単一のジャンルを
冠することができるような器じゃなく、JBの前にJB無し、JBの後にJB無しってな「JB」と
いう一代年寄というか、唯一無二な無形文化のように思えます。

実力もあり、活動歴も長くてソウル、ファンク、R&Bと、JBは様々なジャンルで賞賛されて
ますが、どーゆーワケかレコード会社との折り合いが悪いらしく、まともなプロモーション
されてる覚えがあんまりないんですよね。なんでこんなに良いアルバムが日本で再発されない
のか不思議でしょうがないのが今日の曲が入った"James Brown & Friends"。
たしか当時LDでライブ映像がリリースされていたはずなんだけどな。
ここではこれまた鬼籍のロバート・パーマーやウィルソン・ピケットも参加しています。

この曲では亡きロバート・パーマーと共演しており、ラストでは次の掛け合いがあります。
♪Robert Palmer, You are Out of Sight !、James Brown, You are Out of Sight !
・・・今ごろ空の上じゃ再会を祝して賑やかに歌ってるかもね。


浮世じゃ「一番の働き者」って言われ続けてたし、パワフルなイメージしか残ってないんで
決まり文句の「どうぞ安らかに」なんて言葉が一番似合わない死者かもしんない(泣笑)
73歳という享年を考えれば、天寿を全うしたのかなと思わなくもないですが、欲を言えば
もう一度ステージを観たかったな。
あの世でも騒々しくしてもらって、閻魔様に愛想つかされて戻ってきてくんないかな・・・



試聴先はこちら♪
iTSにはありませぬ。スマソ
Amazonより。要Real Player

James Brown崩御

US時間の26日午前1:45、肺炎のためこの世を去ったそうです。
享年73歳。

とても悲しいです。泣きそうです。
イメージ 1



   今日の1曲
   Santa Claus Is Comin' to Town
   "Santa Claus Is Comin' to Town - Single"
   Bruce Springsteen
   Released in 1978


あ〜〜〜っちゅー間にX'masです。

師匠も走り回る師走とはいえ、今月は忙し過ぎで労働基準法ってナニ?みたいな
有様で、ここにきてよーやく実家の年賀状を刷りながら更新です。
この後ボーズの刷って、ムスメの刷ってやっと我が身のに移れます。
まだノーアイディアだ・・・

年賀状がこの為体なので後は推して知るべしって感じで、ウチの年末進行は遅れに
遅れており、公私ともどもヒジョーにまずい状況・・・
もちろん大掃除も全く進んでないので強制的に役割分担表を配布。
ヨメは年末年始仕事だっちゅーので、コドモ達を動員してコキ使いまくる事に。
児童福祉法なんて知ったこっちゃありません(笑)
こんなキモチの荒んだ時は、クリスマスソングでも聴いて和んでおかねば。

実は今日の曲、アイチューンズ ストアではなくiTunes Storeで買ったものです。
アップルのアイチューンズ ストアの仕組みは展開する国々での著作権の違いを
クリアするために、登録する際に国籍とメアドを登録する事になっています。

が、国内盤と輸入盤があるように、iTunes USの曲を手に入れるやり方があります。
iTunes CardをUSで買ってきてもらい(ヤフオクでもよく売ってますけどね)、
アイチューンズ ストアのホーム画面にある「Store を選ぶ」からUnited Statesを選択
してUSストアに飛んでいきます。そこでUS用のサインインをしてしまいます。
住所はアメリカのドコでも良いのでテキトーに登録(ぼくはS●●Y MUSIC USのを拝借)
して、メアドは末尾のドメインがドットコム(.com)のフリーメアドを取得しといて
使えば準備おっけー。

iTunes Cardのコードを一回打てばあとは使うたびに暫減してくだけのお気楽さ。
ま、JPからUSに切り替えるたびにいちいちログイン・アウトするのがメンドウですが。
また、致命的なのがiTunesアプリケーションをアップデートすると購入履歴が飛ぶらしく、
USでログインして「この曲買ったのはオレ」と認証し直さなきゃならないなんてこと
があります。防ぐにはカード残金があるうちに一旦CDに焼いて(AIFFに変換して)さらに
取り込み直す事でDRAMを消してしまうのが手堅い。←メンドーなのでやってませんがww

今んとこ買ったのはこんなトコ。
Fun, Fun, Fun / Good Music(どーしても聴きたくなったから)
Joan Jett & The Blackhearts

Jumpin' Jack Flash / Ananda Shankar(EMIZOさんに教えてもらった)
Ananda Shankar

Super Bad Live In the Red Stick(ライブ予習用に買った)
James Brown

Surrender (Live) / Sessions@AOL(普通には売ってない企画もの音源・・秀作!)
Cheap Trick


で、これはBOSS全盛期のロケンローなクリスマスソング。
ワム!なんて聴いてる場合ではありません(笑)「ほーほっほっほー」と喪黒福造なみに
豪快に笑うSaxのクラレンス・クレモンズ、ちょーステキです♪
You Tubeにもどこぞかでのブートな映像上がってますが、こーゆーのって一体ドコから
でてくんでしょーかねー。


兎にも角にも、メリクリ。ぼくは肩までずっぽりと生活臭に包まれて過ごしますが、
みなさまステキなクリスマスをお過ごしくださいませ・・・



行く年来る年

イメージ 1

RINGS復興!
1991〜2002年の11年間、ぼくを夢中にさせてくれた前田日明兄さんが再び発つ!
組長との対談の中で、兄さんの口からRINGS活動再開が語られたとか。
リンクからは復興を予期させる年初からのブログ開始の予告がなされています。
「選ばれし者の不安と恍惚」あの名セリフを超える文章が紡ぎ出されるかも。

中段フェイクからのハイキックが素晴らしかったハンス・ナイマン、ちびくろじゃない
「サンボ」を知らしめてくれたヴォルク・ハンのクロスヒールホールド合戦、
ラッシュの凄まじい破壊力をみせたサイボーグ、ディック・フライ、説得力充分の
ギロチンチョークの重鎮、クリス・ドールマン・・・

なんでもありのバーリ・トゥードはグレイシーがもたらした劇薬。
セメントを突き詰めるとそこに行き着くしかなかったんだけど、あまりに刹那的な
ものになっていったり、互いにレベルが向上し過ぎて面白くない展開になったり。

グラウンドでの打撃禁止、ロープエスケープあり、というルール、また観たいです。
兄さんがもうリングに上がる事はないと思いますが、会場でCapturedが流れてくる
あの世界がもう一度蘇るなら・・・旗揚げ行きたい!!


追悼・井上編集長。
愛読していた週刊ファイトが9/27日号をもって休刊してからというもの、曜日の感覚が
かなりマヒしました。コンビニの新聞挿しにファイトが刺さっていない日常というのは
あまりに空虚です・・・

その後を追うように、I編集長として独特の妄想ストーリーを楽しませてくれた
井上義啓氏が12月13日、亡くなったそうです。合掌。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事