今日の1-Click_ρ('∀' ) ポチットナ♪

iTunes Storeでのおすすめ曲を今日の1曲スタイルでピックアップしてます。曲リンク先は試聴アドレスですんでご安心を♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

The_Who:Pinball Wizard

イメージ 1



   今日の1曲
   Pinball Wizard
   "Tommy"
   The Who
   Released in 1969



予選突破を決める相手がブラジル。それってあんまりに強大。
ドラゴンボールだったら今の自分では敵わないレベルのキャラ、例えばフリーザとか出て
くると、それに応じてスーパーサイヤ人になっちゃったりしてタメ張れる設定になったり
すんだけどリアルの世界ではそー簡単にいくわけもなく、想像以上のボロ負けに...。

限りなくゼロに近いが、全くゼロではない、その可能性に一縷の望みは持っていました。
もはや「祈り」に近い感情の中で目にできた玉田の得点シーンは、ずっと待ち望んだ胸の
透くような本当に素晴らしいシュートでした。ヨッシャー!

が、後半は目を逸らしたくなるようなボコられ方で、万事急須・・ジョボジョボ。
観終わったあとは病に冒された近親者が亡くなった時の感覚に近かったです...。
4年前、共に開催を分け合った隣国の韓国も予選落ちでこれまた残念。日本が予選で
消えたので、せめて同じアジアリーグの韓国には上に行って欲しかったんだけどなー。

ナニはともあれ、やっぱブラジルは強かったっつーか、マジでうまかったー。
パス一本、トラップ一つがすげぇ正確で精密。「魔法のカルテット」なんて云われて個人技の
スーパープレイに目が行きがちだけど、基本技もありえないくらいうまかったー。
このベースがあって、縦横無尽にスペースに走り込まれるもんだから敵わないよなー。

ブラジルが演じたポンポンとボールが回る様はまさにピンボールの如く。
やられまくっていた後半、ブラジルの見事なパスワークはロジャー・ダルトリーが演じてた
Tommyが弾くピンボール台の映像とダブって見えて仕方ありませんでした。
カルテットが奏でるピンボール、どちらも見事なもんです。

映画ではトミーは最後に孤独になりますが、再生を感じさせるラストとなります。
今日の午後に日本代表は帰国し、ナショナルチームは解散となります。
期待が大きかった分、これまで以上に罵声や叱咤激励のいろんな声が上がるでしょう。
しかし、どんな声をも呑み込んで、次戦2010年に向けて新たな力を蓄えてもらいたいです。

4年後はエンドロールの最後まで席を立てないような良質の映画のように、じっくり余韻に
浸れるような充実したゲームを魅せて欲しいもんですねー。


ちなみに、ウチのボーズはまだ11歳だから2014年まで待っててくれ(笑)


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事