ここから本文です
まーみんのダイアリー 〜 ときどき Disney 〜
ゲスブお返事、少しづつやってます。もうしばらくお待ちを。

書庫全体表示

こんばんは。
時間指定投稿にて失礼いたします。明日は(もう今日か!)、福岡で、ちょっと野暮用(笑)。
朝早いし、夜遅くまで帰って来れない予定なので、今せっかくヤル気のあるうちに更新しておきます。なんかね、無意味にエンジン掛ってるんです。なんというか…こう、がむしゃらに何かに打ち込みたいっていうか…。忘れたいコトがある時って、こんな感じですよね。
立ち止まってる場合じゃないっていうかね。お蔭で、睡眠は取れてます。悪夢ばっかり見るけどね(^^ゞ昨夜の夢なんて…ホラー映画ばりにめっちゃ怖かったぁ(T_T)どんな夢か気になります?ここでは語るのよそう(笑)すっげー怖いから。私の思考回路疑われそうなほど(笑)。
冗談言う気力は存分に(^^) カラ元気なのかもですけどね!

さてさて、それでは本題へ。。。
椿山荘レポもこれを入れてあと2回でお終い。今回はイタリアンレストランで頂く、プレミアムな朝食のお話。それでは、気になる方だけ、どうぞ〜。



ホテル椿山荘3階にあります、イタリアンレストラン
 IL TEATRO(イル・テアトロ)
イメージ 16
長い通路の奥の奥、

突き当りのその先に入口があります。
イメージ 17
クラシックなインテリアに、ベネツィアングラスのシャンデリア。
窓の向こうには森のような庭園。
「IL TEATRO=劇場」の名の通り、舞台の一幕一幕を楽しむが如く、
本格イタリア料理をご堪能くださいませ。by公式☆


という肩書きどおり、重厚でお洒落な面持ちのインテリア。
そんなレストラン内部、画像撮り忘れ!(笑)
というかね、こんな高級レストランで写真、バシバシ撮るのって、超ハズいんですよ!
いくら私がバカでも…その威圧感は伝わります(笑)
撮っちゃいけないとは言われませんが、でもね、そこはやっぱり、モラルの範囲で(^^ゞ

こういう場面では、一応、撮影許可をいただきます。
以前、ホテルクラブラウンジで撮影中、
他のお客様からクレームいただいたことあるんです(笑)
もちろん、直接ではなく、ホテルマンを通じて。

それも事前に撮影許可はいただいてまして。
『どうぞ、ご自由に』ということでしたから、自由気ままに、立ち歩いての撮影。
室内を撮ったり、ドリンクやフードを撮ったり、
が、しかし!それが勘に障ったお客さんいたらしく、
自分が写ってないか?ということを必要以上に気にされてまして。
当然、そんなオッサン撮ってね〜し、興味ね〜し!←逆切れ?
なんなら、液晶で確認します?と返しました。
そしたら、ホテルの人、そこまでは大丈夫です。と仰りましたが、
私の腹は収まらず…『不倫のお忍びかよ!』
いえいえ、言ってませんよ。いつもの心の声ね!(笑)
まあ確かに、それなら気まずいのもわかる(笑)←共感してはいけません!

てなわけで、私の中でのルール、こういう高級レストランでは、
自分のお席に座っての範囲で撮影することに決めています。
フラッシュの関係で、たまに、立ちあがっちゃうこともありますが、
でも、あくまでも椅子から体を離さない程度で。

いきなり話ズレまくりですけど、大丈夫ですかね?
イメージ 1
本線へ戻します(笑)。
そのレストランの高級な雰囲気から、
テーブルセッティングも、心成しかいつもより重厚に感じます。

なのに私ったら…
寝起きに着替えただけのスッピン&メガネで登場←アウト!(笑)
この時、一緒にレストランへ行ったのは、薄い子と2人。
イメージ 20
※無駄に明るい笑顔↑

これも寝起きの顔で、いつもより2倍増しで薄い顔になっております!
隠しナシでお見せ出来ないのがホンっとに残念(笑)
しかも、お洋服は、舞浜仕様!←退場!(爆)

朝だから…という言い訳は、自分の為になりませんね。
正直恥ずかしかったです。。。
(身なりはいつもキチンとね!)


あらら?他のメンバー(dogとムッチー)は??





その真相はコチラ
↓↓↓


げっ!?
イメージ 21
爆睡!!(笑)

とてもお見せ出来ませんが、この横のベッドでは、
これよりももっと醜い寝姿で寝る、
長女dog20歳・まだ彼氏ナシ。。。←ものすご要らん情報!

この2名、声を掛けても全く起きず・・・(;一_一)



そんなわけで、2人で朝食を。


私たち、恥ずかしい身なりのお客ですが、窓外の眺望は素敵♪
非日常が、そこにある。
イメージ 2
この素敵な風景をしばし堪能しながら、
ゆったりリラックスした、優雅な朝食。

どうせ恥ずかしい客ですけど。。←何度もシツコイ!



さて、プレミアムな朝食。
まずは、スパークリングワインを。
イメージ 3
これもプレミアムブレックファーストに含まれるんです。



シュワシュワ芳醇な泡。
イメージ 4
泡好きにはたまらない♡


スパークしているグラスの向こうに、
あの素敵な庭園をはめ込んで。
イメージ 5
朝から、こんなシチュエーションで朝食をいただくなんて、
最高に幸せ♪

優雅にごゆっくりとご朝食をお楽しみになりたいというお客様に、
贅沢な、その名も「プレミアムブレックファースト」
メニューは以下のようになっております。

・スパークリングワインorジュース
(ジュースは、オレンジ、グレープフルーツ、または日替わりジュース)

・タピオカと小豆の冷たいナチュラルヨーグルト

・黒トリュフが香るイタリアンエッグズベネディクト
白ワインを使ったザバイオーネソース

・挽きたてコーヒー、紅茶またはハーブティー

・ 小菓子


最初に出て来たのは、ヨーグルト。
イメージ 6
この器がね、また素晴らしいのですよ。

けっこうたっぷりな量のヨーグルト。
お味はいかが?
イメージ 7
タピオカ入りのあっさりとしたヨーグルト。
ヨーグルト自体に甘味はなく、本当にさっぱりとしたお味。
その中に、小豆が入っていまして、この小豆がいい仕事してました。
甘〜くて美味しいんです。そしてヨーグルトと合う合う♪
タピオカとも相性抜群。
こんな美味しいヨーグルト、初めてかも。久々にヨーグルトで感動しました。


そして今度はテーブルの上に、こんなガラス容器が置かれました。
イメージ 8
これは…?見たらわかる、黒トリュフ。
ガラスのカバーがされて、風味が逃げないようにされてます。


それから程なくしてメインのエッグベネディクトの登場!
イメージ 9
わぁ!美味しそう〜♪
何を隠そう、私エッグベネディクト大好物。
このまま食べた〜い!


けどまだ、『待て!』よ。←犬か!
イメージ 10
ガラスの蓋が取られたとたん、トリュフのいい香りが立ち込めます。
これを目の前で、これでもか!ってほど削ってくれるんです。
こんなパフォーマンスにも酔いしれる♪


ほらね!いっぱいでしょう?黒トリュフ。
イメージ 11

実はね、私、トリュフの香りは好きだけど…
食べるのは…ちょっと…(笑)庶民だからねぇ(^^ゞ
イマイチ美味しさがわかんないのは私だけでしょうね!
まぁ、でも食べれないコトはないので。
本当は心の中で、要らんコトすんな!って叫んでましたけど(笑)
でも、これが無くっちゃ、プレミアムなブレックファーストにならないしね。
それなら最初から、ふつうのエッグべネディクト注文しとけ!って話よ。


白身を割ると、中からトロ〜っと♡
イメージ 12
流れ出る黄身LOVEの私・・・♡

甘みのあるハニーハムと、サバイオーネソースの酸味が絶妙の
「イル・テアトロ」自慢のエッグズベネディクトに、
今回は、薫り高い黒トリュフをスライス。
スパークリングワインとご一緒に召し上がれば、
極上の一日の始まりとなることでしょう。by公式☆


大変美味しゅうございました。。



最後は、小菓子で、プチティータイム。
イメージ 13
選択肢から、ハーブティーをチョイス。


ハーブティーは大好きなカモミール。
イメージ 14
ちゃんとハチミツ添えで提供してくれました♪
特にリクエストはしていないんですけど、
何も言わずとも、カモミールにハニーを付けてくれるのって、
私的にはポイント高いんです。


小菓子は、焼き菓子2種。
イメージ 15
カシューナッツクッキーとフィナンシェ。
小さいけれど、存在感大な濃厚なお味の焼き菓子でした。

はぁ、満足♪満足♪

こんなプレミアムブレックファースト、
お値段はなんと朝から、5,200円(税込/サービス料別)

これが高いと思うか、相応だと思うか、貴方はどっち?(笑)



これだけで終わるのも、ちょっと寂しいので、
お子様用ブレックファーストもご紹介しますね。

セットになっていまして、
まずは、フルーツとヨーグルト(ストロベリー)
イメージ 18


そして、トーストとお野菜、
お好みの卵料理&付け合わせのセットになります。
イメージ 19
卵料理は、1個分ならなんでも作って貰えます。
オムレツでもいいし、スクランブルでも。
だけど、薄い子は、何故か1番 ×ビンボーくさい ◎シンプルな
ボイルドエッグを半熟で。
付け合わせは、ソーセージをチョイス。
添えられてるお野菜は、全部ボイルされて綺麗に飾られて、
とても手が込んでいるように感じました。
高級レストランらしい、いい仕事してましたね!←何故か上から(笑)

このキッズブレックファーストは良心的な価格だったなぁ。
いくらかは覚えてないケド。
ホテルレストランにしては、お安いと感じましたね。

そ〜んな感じで、優雅なモーニングタイムを過ごしてきましたとさ(^^)




それでは、皆さま、良い週末を〜



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事