ここから本文です
まーみんのダイアリー 〜 ときどき Disney 〜
ゲスブお返事、少しづつやってます。もうしばらくお待ちを。

書庫全体表示

こんばんは。
調子に乗って連続ホテルレポ更新。もう、うんざり〜(-"-)ですかね?
これまた予約投稿になります。WDW出発が差し迫った今ですので(←未来予測)、時間のある時に纏めて書いてました。
実は今月もブログ更新強化月間キャンペーン(←何ソレ!)でして。人知れず何気に延長してたんですね〜(^^ゞ えっ?そんなくだらんキャンペーン勝手に延長せんでいい?(笑)
前回、すばらすぃ〜ホスピタリティの『マンダリンオリエンタル東京・レポ』を終えたばかりですが、今度は六本木にあります『リッツカールトン東京』へ。言わずと知れた東京のラグジュアリーホテルの代表格ですね。これはね、今年5月のGW中に、マイハニー(←愛人2号)とお泊まり。また家庭放棄で不良妻して来ました(^^ゞ←笑えねぇジョーク!
その愛人2号、最近多忙を極めているらしく心身ともにお疲れ気味。そんな中『リッツ東京のレポが見たい。。』と要請が入りましたので、緊急アップ!←WDW出発間際で忙しいというのに、YOUのためにこの努力!ナギママさん!(←いきなり名指し)、一方ならぬ愛を感じていただけましたでしょうか?早く元気になってね♡
それでは、レポ行きます。このホテルでは、どんなステイを楽しんで来たのでしょうか?
気になる方だけ、ご覧ください。どうぞ〜(^O^)/




いきなりですけど、ホテル52階。
廊下部分からスタートです。
イメージ 41
高級感あふれる回廊を突きあたりまで進みます。



はい、到着〜♪
イメージ 42
ここがお部屋です。どうぞ〜。


入口にはこんな素敵な活花が。
イメージ 43
このホテルもオリエンタルで和モダンな雰囲気ありますね。
というか、外資系のホテルが日本風になると、
こんなイメージになっちゃうんでしょうね。
外国から見る日本ほど、日本らしいモノですからね〜。
エキゾチックジャパン♪

おや?さっき一枚ドアを抜けたはずなのに。。
1つ、ドアを抜けて、またすぐにドア。
イメージ 44
ここがどうやら、今度こそ、本当の入口のようです。

どうぞ〜。




いきなり、暗がり。
イメージ 2
と、思うと、お部屋奥の窓からは、
眩いばかりの自然光が舞い込みます。


きゃ〜!素敵〜!
イメージ 3
シックで落ち着きあるインテリア。
ここでもやはり、和の質感を感じます。
日本の美を意識した古き良き伝統と、コンテンポラリーの融合で、
洗練されたラグジュアリー感を醸し出しています。


あまりの素敵さに、思わずダイブ!!(笑)
イメージ 45
↑愛人2号、このころはまだ元気だった。。。
(故人のように言わないよーに!)



さて、調度品チェック。
まずは社長机から。←社長机って!(笑)
イメージ 4
机は、お部屋の角。窓辺にセッティングされてます。


そこからの、絶景がこちら!
イメージ 1
おー!まるでジオラマ。東京丸ごと独り占め!
いやぁ〜まじこの眺望、やばいです。
地上52階からの眺めは見事なまでに圧巻です。


この真下を覗いてみると…
イメージ 52
あらら?ピクニックしてる!
この時、GW真っ盛りでして、期間中イベントの一環で
ミッドタウンのガーデンをピクニックエリアとして開放していたようです。
楽しそうですね♪

とにかく景色がすごい。。
もっと眺めていたいけど、その前にお部屋チェック!!

デスクに座って、ベッドサイドを眺めてみる。
イメージ 5

その横は1人掛けソファ。
イメージ 6

そして、その反対側の壁には、大きなワードロープと、
その隙間にテレビ。
イメージ 7
テレビ台になってる、このチェスト、
骨董品のような趣ある家具でした。
めっちゃ高級感あります。


ワードロープ開けてみますか。
イメージ 8
大容量なのに、同じサイズが2つも!
これが1つ目。
スリッパやバスローブがあります。



そして、こっちが2つ目。
イメージ 9
こちらは大きな引き出し。


開けてみます。
イメージ 10
パジャマがありました。


こっちの引き出しには、ランドリーバッグや、
その他、ビニール巾着など。どれもリッツのマーク入りです。
イメージ 11


今度は水周りにいきましょうか。
イメージ 12
ベッド向こうの、廊下側へ戻ります。


玄関ドアから見ると左手になるこの位置に、
高級感溢れる観音開きのドアがあります。
イメージ 13
きっと素敵なサニタリーに違いない。
開ける前からそう、察しが付きます。



では、オープン♪
イメージ 14


じゃ〜ん!
イメージ 15
きゃ〜やっぱり素敵〜♡
めっちゃ広いし、ゴージャス〜♪
洗面台は2つもあるし〜!

その間にある硝子戸をあけますと…
イメージ 16
シャワーブースに、こんにちは(^^)


そこからくるっと180度回転した先に、バススペース。
イメージ 17


小物置き場などがあって、機能的な大きめバスタブ。
イメージ 19
長湯を誘われそう〜。


バスタブ横に、また硝子戸がありまして、
イメージ 18
こっちはトイレ。


バスタブからは、テレビも見えます。
イメージ 20


洗面台が2つって、女子旅にピッタリでしたね。
イメージ 21
こっちは、私専用。あっちは貴女専用ね!
な〜んて、縄張り分けしておくと、使い勝手がとても良かったです。
女子は洗面所に長居しますからね〜(^_-)-☆



それでは、そろそろ、
気になるクラブラウンジへ、いってみましょうか。
こちらです。
イメージ 22
53階にあります、
ザ・リッツカールトン エクスペリエンス


クラブレベルの宿泊者は、こちらでチェックインします。
イメージ 23
クラブレベルおもてなしの中心となる、
このラウンジ。


まずは、チェックイン時に遡ります。
東京上空をハイジャックしたかのような気分で
チェックイン。
イメージ 49
ウェルカムドリンクは、これ↑
お水?じゃありませんよ(笑)
これ、フルーツサイダーでしたけど、何味だったか?
ピーチ?でしたっけ。
一見、無色で味気ないようですけど、
甘くてフルーティで美味しかったです。



程なくして、このセットが出て来ます。
イメージ 46
アフタヌーンティーセット♡

ドリンクはもちろん、シャンパンで♪
イメージ 47


3段トレイの次は、焼き立てスコーンも出て来ます。
イメージ 48
ジャム3種に、クロテッドクリームと一緒に。
大満足のチェックインでした。





時は変わりまして、今度は、夕刻。。。


リッツカールトン東京のクラブラウンジでは、
1日5回ものフードプレゼンテーションを行いますので、
時間によりフードサービスが変化します。

空が茜色に染まるころ。
イメージ 26
ラウンジではカクテルタイムが始まっていました。


リッツカールトン東京のラウンジは時間に関係なく、
いつでもアルコール提供が受けれる為、
カクテルタイムだから、さあ飲もう!というスイッチはなく、
しいて言えば、この時間帯(カクテルタイム)には、
軽いディナーがまかなえるといったところでしょうか。

ブッフェ台は、各ブースに2台。
1つは、完全セルフ、もう一つはシェフの実演です。
そんなに品数は無いモノの、お洒落で美味しいモノが用意されています。
イメージ 24
とりあえず、お酒のおつまみ程度に。
イカシュウマイ、肉じゃが、コールドミートなど。


次は、手打ちうどんを。
イメージ 25
カクテルグラスには、前菜系のお料理が入ってます。

他にも、カレーやラザニアなどもありました。
どれもオードブルや、ライトミール、といった感じで、
メイン料理のような豪華なモノは無いのですが、
どれもお味良く、お腹を満たすことは充分出来ます。

そんな訳で満足しましたので、少し運動しましょう。
というコトで、プールへGo!
クラブレベルでは、無料で利用することが出来ます。
イメージ 50
間接照明だけのプールは幻想的な空間でした。

プールからの眺望は、ビルの谷間。
ここからの景色もダイナミックで素敵なんですよ。



ひと泳ぎして、お部屋に戻ると、
ターンダウンが行われていました。
イメージ 27
ベッドスローを外し、シーツを整え、
お部屋の中は綺麗に整頓されています。


ナイトテーブルには、お水の準備と、
リッツオリジナルチョコレート。
イメージ 28


プールに行く為に、脱ぎ散らかした衣服やアクセサリーも、
このように綺麗に整頓。
イメージ 29
丁寧に敷物されて。


こちら↓はタオル敷かれてなかったですね。
イメージ 30
でも、ちゃんと整列されてましたよね〜。
(どんだけグチャグチャに置いて出たのか)




夜はそろそろ本番です。
イメージ 31
東京一天空に近いホテルだけあって、摩天楼さえも小さく見える。。
その煌めきは、ジュエルのように美しく輝いて。



ラウンジでのフードプレゼンテーション、
一日のシメは、ナイトキャップ。
イメージ 32
寝酒に濃い目のカクテルをいただきます。


マイハニーはお酒まったくダメなので、
こんな可愛らしい瓶を(笑)
イメージ 33
オレンジジュースが入ってます。


チョコや、ベリー、マシュマロなどを器に盛り付け、
シェフオリジナルの温かいベリーソースをたっぷり掛けた
ちょっと不思議な味わいのスイーツ。
イメージ 34
美しい夜景と共に、甘い夜を。。。


ラウンジのクローズは22時。
時間いっぱいまでラウンジからの夜景を楽しみました。



一夜明け、フードプレゼンテーション翌日は、
朝食からスタートします。
スタート時間は7時ジャスト。
イメージ 35
地上200mからの、この眺望。
滞在中、幾度も眺めるこの景色でも、
時間と共に、変化しますので、いつ見ても飽きません。


朝食もブッフェ形式。
イメージ 36
焼き立てフレンチトーストや、パン、白米、おかゆ、などなど。
フレッシュ野菜のサラダコーナーもありますし、
カクテルグラスに入った、マリネやフルーツサラダ、
ヨーグルトなんかもあります。


タマゴ料理だけは、お好きな物をオーダー出来ます。
イメージ 37
オニオン、チーズ、マッシュルーム入りのミックスオムレツ。
熱々トロトロで美味しかったです。


この後は、また食後の運動。おきまりのプールですね!
私もナギママさんも、フィットネスプールやジャグジーが大好き。
ホテルのプールに入るのも、クラブレベルステイする、
楽しみの一つなんですよ。
なので、このメンバーでのホテル滞在には、プールがあること必須です!
今回のように1滞在で2回以上はプールに入るのがベスト(^^♪


プールの後は、お部屋に戻り、
チェックアウトまで、一寝入り。
イメージ 51
ひと泳ぎした後の、ゆるーい疲れを
このフカフカベッドで癒す。。超気持ち良かったです。


そして12時。。。チェックアウトのお時間です。

クラブラウンジにて、清算手続きを。
ここでは、チェックアウト後も、ラウンジを利用出来るんです。
ちょうどお昼どきでしたので、軽くランチを。
イメージ 38
最後に天空からの情景を焼きつけながら、
バドワイザーで乾杯。
サンドイッチや、シーフードマリネと一緒に。

その他、冷やしうどんと、一口いなりもいただきまして。
イメージ 39
これにて、5回のフードプレゼンテーションを
余すことなく体感。

ここで滞在中の飲食は、ラウンジで全てまかなえてしまいました。
ということは、全部宿泊費に含まれているので、
その他の支払いが一切ないというのは、お得感になりません?
まぁ、なるならないは、貴方次第ですね!



最後に…また素晴らしい絶景を見ながらお別れです。
イメージ 40
貴方も、リッツカールトン東京の窓辺に立って、
天下を取った気分。。。
な、勘違いを、味わってみませんか?(笑)



それでは、また〜〜



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事