ここから本文です
HPでは伝えきれない、趣味や車、そしてワン仔の事などを、まったりと綴っていきます。

書庫Mini

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

Miniのお友達と♪

みなさん、こんばんは〜

今週末は、土曜がMini、日曜がMiToと、いろんなお友達と過ごせる楽しい週末だ!
まずは土曜日から。

日曜に袖ケ浦フォレストレースウェイで開催される旧車イベントに、愛知在住の1959年式の極初期ミニマイナー(サルーン)にお乗りのKさんが、遠路はるばる来られると聞いて、通り道でお会いできたらなぁ〜といろいろと調整を始めました。
ただお会いするだけでなく、これまたミニの大先輩であるTさんの、前から一度行ってみたかった秘密基地(ガレージ)にダメもとで押しかけちゃおうかな〜とお伺いを立てると、快くOKいただけました!

土曜の早朝、Kさんとその息子さんが愛知を出発、ひたすら下道で待ち合わせ場所に向かっている中、ウチは朝8時過ぎに出発です。
柔らかな日差しとひんやりした朝の空気が気持ちいいです!
イメージ 1

途中で、インスタに『道の駅どうしで休憩中』とupされていたので、ちょうどいい具合に落ち合えるかな、と待ち合わせの場所に向かいます。
相変わらず、極細の道まで使って最短時間ルートを選択するGoogle Mapに従って、住宅地を横断、タイミングを計りながらバイパスに合流しようとすると、小さな青い車が向かってきました!
なんと、待ち合わせ場所に向かうKさんのミニマイナーでした!
信号ひとつずれるだけで出会えないのに、とんでもない偶然です♪
しばらくバイパスを走り、コンビニで改めてご挨拶です。
Kさんとは今年の日産スタジアムのイベントでお会いしていますが、ウチと同じクリッパーブルーのミニマイナーは1年半ぶり! 相変わらずピカピカの絶好調のようです。

Tさんちにお邪魔する時間まで、まだたっぷり時間があるので、休憩とランチのため近くのガストに移動することに。
小さなミラーにリアの観音扉越しに写るミニマイナー、もうにやけっぱなしでした♪
イメージ 2

ガストの駐車場に2台並んで駐車、すぐ隣の民家のおじいちゃん、不思議そうな顔で2台のミニを眺めていました(笑
イメージ 3

ウチの仔、フロントのラバーコーンがヘタっているのかなぁ~
特にフロントが沈んでいます。
普通ならシャコタンツライチにしちゃいますが、ウチのミニには似合いませんからね。
イメージ 4

しばらくミニやイギリスの話などで盛り上がり、時間となったのでTさんちに移動です!
イメージ 5

そして、秘密の基地に案内してもらいました!
バーツや工作機械、工具などが所狭しと並んでいますが、きちんと整理整頓されていて、これぞガレージという感じです!
それに比べて、うちのは... 物置ですね(涙
見習わなければ!

それにしても、先輩の話は勉強にねりますね~♪
Kさんの息子さんが進行中のオースチンセブンのレストアからライトチューン、さらにはツインキャブの話まで、実物を引っ張り出してきて、いろいろな解説が聞けました。
(まぁ、ウチの仔はシングルキャブのままですけどね。)
イメージ 6

そんなTさんが最近ハマっているのが、古いホンダのバイク!
と言っても原付の変わり種ばかり!

遠い記憶のあるホンダピープル、今の電動アシスト自転車の原型と言えるバイクですね。
たった24㏄のエンジンがまるでラジコンエンジンの様なかわいいサウンドでした!
イメージ 7

マッドネスでおなじみ、ホンダシティとセット?で発売になったモトコンポ。
こちらは、イベントとかで時々見かけますが、じっくり見るとよく商品化したな!と感心するばかり。

イメージ 9

カウルの後端に『Untouchable』というステッカーが貼ってあり、何だろうと下からのぞき込むと、そこには結構鋭いギザギザが!
モトコンポは持ち運べるのも特徴、でもここを持つときっとカウルが割れちゃうんでしょうね。
だからって、手に刺さりそうな突起をつけるとは。なかなかやるじゃん!
イメージ 8

そして、一番の目玉はリトルホンダ!
全く記憶にありませんが、ラッタッターでおなじみロードパルの祖先なんでしょうね。
イメージ 10

カブにも似てますが、ペダルが付いているのと、エンジンが後輪の横に付いている!
イメージ 11

さらに、後輪の中心に大きな円盤が!
まるでインボードディスクブレーキみたいですが、ドライブトレインが入っているようです。
イメージ 12

エンジンをかけてみよう!とペダルを回転させると、こちらも可愛い排気音が♪
イメージ 13

ちゃんとスペアパーツのBox をお持ちとは、さすがTさん!
イメージ 14

そのほか、珍しい物からジャンクパーツまで、綺麗に整頓されていますね~

楽しいおしゃべりで、あっという間に夕方、Kさんはこれから千葉に移動です。
ほんと、パワフルな親子です!

Tさん、いろいろとお世話になりました。
ダイナモは、いただいた部品で再生にチャレンジします!

帰り道、高速で移動されるマイナーミニの後ろでまたにやけ顔です!
イメージ 15

是非また、遊びにいらしてくださいね~!

そこから、下道で帰宅です。
我が家のガレージ物置小屋、やっぱり乱雑で、整備できる動線になっていません。
う〜ん、リフォームが必要だなぁ
イメージ 16

という事で、土曜日は終了です。

さぁ、明日日曜は半年ぶりのMiToのイベントです!
こちらも楽しみですね〜!

それでは、また!

この記事に

みなさん、こんばんは~

先週から、修理中のMiToに代わり天気の良い日だけMiniで通勤してます!
いつもは季節が良いときの週末しか乗らないMiniですが、最近の調子の良さから通勤だってこなせるたくましい子になりました!
イメージ 2

朝からMiniに触れられて、モチベーションも高まる!ってもんです♪
イメージ 3

仕事が終わり、家に戻る道でさえ、ワクワクしちゃいます💛
イメージ 4

なんていいながら、ご機嫌ナナメにもなるんですけどね...
水曜から始めたMini通勤、気持ちよく走りながらも、何かいつもと違うノイズが...
初めは小さなカラカラって音でしたが、だんだん大きくなってきて、金曜の帰りにはエンジン音よりデカいガラガラ音に(汗
なんとか家までたどり着いて、エンジンルームをチェックしてみると...
ん?ファンベルトの張りが弱い?いやダイナモのプーリーごと動いてる???

翌日の土曜日、早速ダイナモを取り外してみると、プーリーがバラバラになってました!
イメージ 5

本来は、このようにブーリーと中心部はガッチリ圧入されているはずなのに...
イメージ 7

実は、これには思い当たることがありました。
先日、ファンベルトを交換したとき、新品で初期伸びがあるだろと、ちょっときつめに張りを調整していました。
ダイナモはレストア時にリビルト品に交換したけど、プーリーは50年以上前のオリジナル、ベルトの張り過ぎでストレスが加わり壊れてしまったのでしょうか。

念のため、在庫しているリビルトのダイナモを引っ張り出しておいたけど、ダイナモ本体は問題なさそうでしたので、今後ダイナモが逝った時用に保管にしておこうと思ったら、端っこが割れてた!
まぁ、機能には影響はないけど...涙
イメージ 6

プーリーの在庫が無いか、ジャンクパーツの箱を漁ったけど見当たらず...
リビルトのダイナモにはプーリーは付いていないので、予備はないな〜
でも、来週も通勤に使うし、今度の週末にはミニのお友達と会うし...
となると、困ったときの駆け込み寺、主治医のタートルクラシックスヨコハマさんに電話すると、何個か探しておいてくれると。
午後に、プーリーとダイナモをもって訪問してみると、たくさんのプーリーが!
がしかし、同じサイズのものはありませんでした。これも極初期専用品???
というか、なんでこんなにプーリーの種類があるんだろう???
ちょっと落胆していると、今回分離した2つを溶接で付けてみてくれると。
空回りしたために若干ガタがあったけど、しっかり合体されました!
イメージ 8

オリジナルは気長に探すとして、暫定処置として早速取り付けだ!
と言っても、シャフトに嵌めてネジを締めるだけ。
(暫定だから、ペイントも省略)
イメージ 9

それを車両に取り付けてエンジンをかけてみると、縦横方向ブレなし!
耐久性さえあれば、これをそのまま使い続けることも可能でしょう♪
さすが、タートルさん。ありがとうございました!
イメージ 10


お次は、同じく金曜の朝にミニに乗り込もうとした時、ドアが広く開いた?
はい、チェックストラップがちぎれました(涙
イメージ 11

抑えの金具の縁で折り曲げられるので、ある意味消耗品ですよね〜
でも、フレック柄のヤツはあまり流通していないんですよね。
一応、新品はありますが、消耗品なので使うのがもったいない(セコイ!)
イメージ 12

なので、予備を含め、ウチのミニの内装を手掛けたニュートンコマーシャルにオーダーしようかな。
で、とりあえず直しておかないと、ドアがどこまでも開いちゃうので、まずは分解。
イメージ 13

ちぎれた所を端として穴をあけ直して再度取り付けます。
1センチくらい短くなりますがまだ十分ドアが開くので、当面はこれでいきましょう!
イメージ 14

今日はここまで!

日が変わって日曜日、再度ダイナモの状態をチェック、早速走行してみましょう。
うん、変な音は消えて本来の走りに戻ったぞ!
今朝のドライブは、空気がまだひんやりしていて、気持ちがいい♪
ちょっと寄り道して、近所の墓地公園で写真撮っておきましょう。
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

まだ外は涼しいので、定期的な木枠のお手入れをしちゃいましょう!
ウチの仔は、基本的に雨天走行はしないし、室内保管のため、木枠はウッドデッキと同じようなオイルフィニッシュにしています。
木の風合いが良いのですが、ニスの様な完全防水ではないので、1年に1~2回くらい塗る?というか染み込ませます。
オイルはいつものイギリス製のWATCO、色が付いていないナチュラルです。
イメージ 18

塗装と違って、パネルについても乾く前に拭き取ればOK!
なので、面倒なマスキングはしません。
布にオイルを染み込ませて木枠に塗っておしまい! 
簡単ですが、これで突発の雨や直射日光から木枠を守ってもらえます♪
イメージ 19

天気が良いので、汚れていたフロアマットも水洗いと天日干ししておきましょう!
イメージ 20

そういえば、プーリーを探していて、こんなの見つけました!
ポチ付きのキーシリンダーです!
イメージ 21

先日、ebayで見つけたものと同じですが、スイッチの裏を見ると61年5月の製造年月が! 間違いなく、ウチの仔のオリジナルのヤツでした。
車には新品のスイッチと、運転席ドアと観音開きドアと同じキーのシリンダーを使っていたので、コイツはジャンク箱に入れたままでした(汗
イメージ 22

という事で、今週末もミニ弄りでまったり終了です。
イメージ 1

今週も引き続きミニ通勤と、土曜日は愛知のミニ乗り先輩が遠路はるばる関東まで遠征、久しぶりにお会いできるので、今からワクワクです♪

その前に、今週もがんばって仕事をこなしましょう!
それでは、また!

この記事に

GWのMini弄り♪

みなさん、こんばんは~!
GWも後半戦、いかがお過ごしでしょうか?

ウチのミニ、1961年5月生まれなのですが、イギリスからレストア途中で日本に持ってきたため、初年度登録が2013年6月。
そして来月に2回目の車検を迎えるタイミングですが、車検費用を抑えるためできる事は事前にやっておこう!とこのGWにミニ弄りの日を4日間、確保しておきました。
イメージ 1

まずは油脂関係から。
GWの前の週末に、何気なく気になったラジエターのフィンの倒れを治すべく、アッパーホースを外すと、茶色に変色した冷却水が!
これでは冷却系を掃除しなければならないなぁ~と、GWに向けた準備項目に加えることに。
とりあえず、精密ドライバーを使って、フィンをひとつづつ起こして、空気の通りをよくしておこう。
これは、ベルトを交換する際、ファンとラジエターの間を力ずくでベルトを通した際にできた、私の手抜きが原因...
イメージ 2

とりあえず、フィンをできる限り修復し、耐熱ブラックのスプレーを塗布して完了!
そして、問題のラジエターの上のインレット内部、綺麗な茶色に(涙
イメージ 3

GWに向けて、その他やりたいことをリストアップして、アマゾンと楽天、そして主治医のタートルトレーディングさんにパーツを注文、無事GW前に揃いました。
イメージ 4

まずは、前週からの続きで冷却系から。

この作業に入る直前に、ミニのナガモノグループであるClub330から、今年のイベントが発表されました!
今年は、9月8日とまだまだ残暑厳しい時期に熱海まで行くことになるので、冷却系の大掃除に合わせて強化もしちゃおう!と考えはじめました。
極初期のミニは、2枚ブレードを2枚重ねた4枚ブレードが標準で、1961年8月からより静かな16枚ブレードに変更されました。
ただし、高温多湿地域向けの輸出モデルには、より強力な風力を生む6枚ブレードも設定されていました。
イメージ 5

ウチの仔の年式を考えると、ノーマルの4枚ブレードか6枚ブレードになるので、今回はその6枚ブレードに組み替えるべく、調査開始です。
イメージ 6

幸い、6枚ブレードもストックしてあるので、取り付けた時のラジエターとのクリアランスを測定、問題ない事を確認したうえで、作業性UPのためラジェターを外します。
イメージ 7

この状態で、6枚ブレードを借り組してみると... 問題発生です!
クロノのタコメータのギアユニットが厚みのある6枚ブレードと干渉!
ここで思い出しました。
クロノを取り付ける時にも、一度確認をして干渉したことで4枚にしたことを...
付けられないことはもちろん、それを完全に失念したことに凹んで、写真撮り忘れ(涙

いつまでも凹んでてもしょうがないので、6枚ブレードは諦めるにしても、何かしら強化しておきたい!とストックの電動ファンを引っ張り出してきました!
ミニ専用のケンローファンです。
イメージ 8

が、こいつもウチのミニのスペースに入らない...
もちろん、大改造して付けることもできなくはないけど、やはりオリジナルの状態は保っておきたいので、こちらもギブアップ...涙
結局、元の4枚ブレードに戻してラジエターを取り付けます。
ただ、このラジエターの取り付けがとっても大変。ラジエターの固定に使用するネジが、スペース的になかなか入ってくれません。
手が傷だらけになりながら、1本のネジを締めるのに1時間かかってしまいました...
せっかくバラしたので、組み上げ時にファンベルトも新品にしておきましょう。
まだ、テンション調整範囲内ではありますが、右が新品、見た目で幅が減っているのがわかりますので、潔く交換です。
イメージ 10

ホース類を元に戻し、ラジエターのフラッシング液を使って十分にエンジン内部を洗浄して、冷却水を入れて完成です。
イメージ 9

お次は、エンジンオイル交換です。
年間の走行距離数も少ないため、交換サイクルは1年に一回として、フィルターも毎回交換です。
ドレインボルトのマグネットには、相変わらず鉄粉が付いてますね...汗
イメージ 11

フィルターのケースも、バラバラにして綺麗に洗浄です。
イメージ 12

ドレインとフィルターを元に戻して、規定量までオイルを入れて完了です!
イメージ 13

次は、エアクリーナーの掃除です。
ケース内のフィルター、結構汚れているので新品と交換です。
蝶ネジを外すだけの簡単作業ですね。
イメージ 14

ここで、いや〜なものを2つ発見してしまいました(汗
ひとつはエンジンの振れを抑えるステディロットのブッシュです。
エンジン側のブッシュがちぎれて飛び出してます!
イメージ 15

外してみると、もうボロボロ...
イメージ 16

新品のブッシュと真ん中のプラスチックのシャフトの形状を削って整えてから取り付けです。
イメージ 17

2つ目は、ラジエター交換時に左前輪側から作業していた時、ドライブシャフトに絡まる何かを発見!
イメージ 18

CVジョイントブーツを固定している針金が外れかかっていました!
取り急ぎ、タイラップで固定して応急処置です。
来月の車検時に、主治医さんでちゃんと見てもらおう!
イメージ 19

この時点で、オイルや冷却水、そして前回燃料タンクをバラしたところからの漏れがないか、ちょっと走って確認してみましたが、どこからも漏れはなく、快調です!
(ただし、もともとの微量なオイル漏れは治るはずはありませんけどね。)


次は、メンテというよりドレスアップ?いや、ダウンかな?
以前、ブログにも上げたスピードメーターカウル、レストア時にはプラスチック製のものを再塗装して使ってたけど、以前入手したオリジナルの段ボール製のものに交換しました。
イメージ 20

段ボールといっても、50年以上前に紙を型に入れて固めて作られたモノゆえ、耐久性に不安が残ります。見た目も塗装の割れが目立ちますし。
そこで、ちょっと補修を。
まず、裏面にFRPの溶剤だけを塗って固めて強度を増します。
そのままだと、ちょっと艶々しちゃうので、プラモデル用のつや消しクリアをスプレーしておきました。
イメージ 21

割れて剥がれた塗装部分は、タミヤパテで埋めておきます。
イメージ 22

パテ部の表面を整え、実物と色合わせして一番近そうな日産ホワイトのタッチアップペイントでパテ部の色を合わせます。
多少色の差がでちゃうけど、オリジナルの塗装部を塗っちゃうのももったいないので、これで良しとしましょう!
イメージ 23

外したプラスチック製のカウルと並べてみました。
左がプラスチック製、右が紙製です。見た目はほとんど変わりません。
イメージ 24

裏面は、もちろん全く違います。
右のは、なんてったって、紙製ですからね! 時代が感じられます♪
イメージ 25

交換作業中に、カウルに付く小さいスイッチが壊れてしまいました(涙
幸い、ストックがあったので、組み立てには支障ありません。
イメージ 26

交換したカウル、見た目は何も変わりません。いや、塗装のムラの分汚くなってしまいました。
しかし、紙製であるがゆえの表面の微妙な波うちやメーターとの隙間の精度の悪さなど、50年以上前の歴史を感じる喜びが... もう、変態な領域ですね(汗
イメージ 27

イメージ 28

メーター交換時に外した左右のパネル、取り付けの正しい方法を59年式mini乗りのKさんに教えてもらったので、早速真似てみました。
(ドーム型ワッシャーと皿ネジによる固定)
こういった当時の情報、ホントありがたいです!
イメージ 29

ミニ弄りの最後は、ボンネットに付くバッジ!
実は、ウチの仔についているモーリスのバッジは、リプロ品だったのです。
盗難防止として、オリジナルは家にしまっておいたのですが、やはりオリジナルを付けたいな〜と思ったのです。上がオリジナル、下がリプロ品です。
ほぼ同じ形ですが、ディテールは微妙に異なります。
オリジナルの方が、エッジがしっかりしている感じですね。
イメージ 30

このオリジナル、程度の良い中古品を入手、磨き上げて、ちょっとだけ剥げていた牛の赤色をタミヤカラーで塗り直したら、新品のようになりました。
この牛のイラストも、オリジナルは耳?角?がしっかりとあります!
イメージ 31

ちょっとやそっとでは取れない加工をして、オリジナルを装着!
イメージ 32

やっぱり、オリジナルの方が締まって見えます! (完全な自己満足です...)
イメージ 33

これで、GWの予定されていたミニ弄りは終了です!
久しぶりに、あちこちたくさん弄った感じで、楽しかったです♪

あと残り3日のGW休暇、大体の予定は決まっているので、有意義に楽しんじゃいましょう!

それでは、また♪

この記事に

タンクキャップの修復

みなさん、こんばんは〜

2週間前にミニで起こった出来事、そうタンクキャップバラバラ事件
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

今日、やっと時間が取れて修復作業をしました。
まずは、タンク内に落ちた部品の回収です。
先っぽに磁石が付いたフレキシブルピックアップツールをタンクキャップの口から挿入、何度も捜索してみましたが、落ちた部品を拾い上げることが出来ません。
イメージ 4

強力磁石に糸を付けて釣り上げられないか?と思いましたが、そもそもタンク自体もスチールなので、タンクに磁石が貼りついておしまい、でしょう。
しょうがないので、タンクからガソリンを抜いてタンクセンダーを外してそこから捜索をすることに。
イメージ 5

ここの穴から、再びピックアップツールでタンクの底を手探りで捜索です。
何度か場所を変えてみると、やっとキャッチに成功!
イメージ 6

さらに何度かトライして、なんとか全部の部品を回収できました!
イメージ 7

ロックができるよう、向きを間違えないように組み立てます。
ネジの脱落防止に、ネジ山の掛り代が増えるよう、チェーンを付ける台座は取り付けず、ネジにはロックタイトをたっぷり塗って締め付けます。
イメージ 8

これで完成です。
当時の純正アクセサリーであるWelmotのタンクキャップ、大きさといい形といい、インナータンクトラベラーに一番似合うと自画自賛、復活できてよかったな~!
イメージ 9

なんとか、タンクを外しての大がかりの作業にならずに済んで良かった!
これからは、給油の時にねじの緩みもチェックしないとね!
それと、予備のキャップをトランクに入れておきますか。

ではまた!

この記事に

Mini三昧な1日♪

みなさん、こんばんは~!

年度末の最終日、予定いっぱいの来週を前にフッと仕事が途切れたので、使いきれず捨てざるを得ない有給休暇を1日減らすことにして、多少気温が低そうな天気中、ミニでドライブに出かけてきました♪
行き先は、毎度おなじみ富士山! 
目的は、富士五湖から望む富士山をバックに写真を撮る!だけど、過去に行ったのはMiToトゥインゴで、Miniでは初めて! 問題なく行けるでしょうか?

平日という事もあり、朝のラッシュが落ち着く9時に出発だ!
イメージ 1

天気はまずまず、ルートは高速を使わずに橋本から道志みちで山中湖へ。
イメージ 2

平日で空いている道志みちをのんびりと流して、道の駅どうしで休憩!
小腹が空いたので、道志名物 酒まんじゅうを。
なんだろうと思ったら、あんまんのようなものでした。
イメージ 3

駐車場に戻ると... やっぱり、ミニは小さいね〜
イメージ 4

山中湖まであと少し!
しかし、そこまでの道はず〜と緩やかに上り勾配、普通のミニより重いナガモノに850㏄ 30馬力は厳しい...汗 
何とか湖畔に着くも、肝心の富士山は雲隠れ...涙
イメージ 5

本当は、下界では異常な暑さで桜が満開、ならば桜と富士山の写真を!と思ってましたが、こちらはまだ春になったばかりで、ところどころ雪が残ってました。
イメージ 6

風向きから、北に向かう方が富士山の雲が途切れるような感じなので、とりあえず河口湖方面に向かいます。
時間はちょうどお昼時、山梨と言えばほうとう!という事で、よく行く建物がインパクトありありのほうとう不動東恋路店へ。
イメージ 7

室内もこんな感じ!
イメージ 8

でも、ほうとうはオーソドックス。 アツアツの鍋に具だくさんのほうとうです。
イメージ 9

まだ富士山には厚い雲がかかってますが、とりあえず西湖に向かいます。
富士山は見えなくても、綺麗な湖畔でMiniの撮影開始です!
イメージ 10

おっと、ここは方角的に富士山が見えない所でした...汗
もう少し移動して、富士山が見える湖畔へ。
う〜ん、やっぱり麓しか見えない... で、チャリンコ邪魔!
イメージ 11

しょうがない、さらに北へと精進湖へ。
すると、まだ雲は多いものの、やっと顔を出してくれました!
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

ちょっと元気が出てきたところで、次は本栖湖へ。
ここでも、富士山に会えました!
イメージ 15

ここから、去年末にMiToで見つけた撮影場所に移動です。
しかし、残念ながら、再び雲隠れ...
イメージ 16

イメージ 17

休憩がてら、しばらく待ってみると...
おっ、だんだん晴れてきた!
イメージ 18

さらに待つと、ついにほぼ全景が現れました!
イメージ 19

いや〜、はるばるここまで来た甲斐がありました♪
ミニイベントの移動を除けば、今回が一番遠い場所への遠征です!
ただ、時間がかなり押しています。せっかく晴れた富士山に後ろ髪を引かれながら、帰路につきます。ただし、行きに写真が撮れなかった湖に寄りながら...

イメージ 28


まずは、西湖。ちょっと隠れていますが、行きよりはマシです!
イメージ 20

次は河口湖。かなり日が傾いてきました。
イメージ 21

最後に山中湖! 夕日が逆光で撮りにくい…汗
イメージ 22

これでコンプリートです!
さぁ、暗くならないうちに帰らないと。

帰りの道志みちは、全体的に緩やかな下りなので、Miniは軽快に山道を駆け抜けます!
夕方の渋滞も、うまい事Google Mapのナビが裏道を選び、避けることができました。
ここまでの工程、パワー不足はしょうがないとしても、これといったトラブルなく無事生還でき... ないのは、お約束でしょうか...笑

行きに満タンにしても、家までぎりぎりもつかどうか怪しいため、残り15キロ程度のところでガソリンを給油です。
ちょっと少なめに入れてタンクキャップを閉めたら、ポロっとキャップが外れちゃいました!
そう、爪の部分がごっそり外れてタンク内に落ちてしまいました...汗
イメージ 23

これではキャップを閉められません。 しばし、茫然...
家まで帰れば、替えのキャップはたくさんあるけど、どうやって帰ろう?
結局、家まであと少しなので、ガムテープでタンクの口を塞いでゆっくり帰りました。
もちろん、火事になったら大変なので、信号で止まるたびに漏れのチェックをしましたが、漏れは全くなし。満タンにしなかったのが功を奏したようです。
イメージ 24

最後に焦ったことがありましたが、無事に帰宅できました。
Mini、よくがんばりました! ご苦労さん。
イメージ 25

タンクキャップは、とりあえずTUDORのものを使いましょう!
イメージ 26

家に着いた時、ちょうど2,000マイルになりました。
レストアして日本でナンバーが付いた時にスタートしたので、やっと2,000マイル、3,200キロ走ったことになります!
イメージ 27


という事で、なんとか富士山と会うことができた今回のドライブ、非力なMiniでは途中辛い事もありましたが、丸1日たっぷりと乗ることができホント楽しかったです!
(かなり、疲れましたけどね〜)

明日土曜日はゆっくりして、日曜はまた遠征です♪
今度はMiTo仲間と一緒なので、こちらも楽しく熱い(暑い?)日になりそうです!

では、また!

この記事に

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事