ここから本文です
HPでは伝えきれない、趣味や車、そしてワン仔の事などを、まったりと綴っていきます。

書庫Moulton

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

GW恒例のポタリング♪

みなさん、こんばんは〜
今年のGWはブログアップが忙しい!というくらい、遊んでます(笑

今日のネタは、久しぶりな自転車、モールトンです。
毎年、会社の先輩とポタリング、自転車でのんびり散歩をするのがGWの恒例行事となっています。
今年も5日に計画していたので、まずはその準備からです。

実際のところ、近所のちょっとした徘徊以外、ほぼ1年乗っていなかったモールトン、初めに状態のチェックです。
特に問題はなさそうなので、埃をぬぐっておしまい!

...では、なんか物足りないので、ちょこっと弄りましょう。

去年、一部改良したシフトレバー周り、まだ剛性が出ていなかったので、裏側のプレートを作っちゃいました!
まずは、フレームの幅に合わせてアルミの板を切り出し、ズレないようフレームにピタリと合うようにクボミを作ります。
ヤスリの手作業はさすがにキツイので、久しぶりにボール盤の出番です。
イメージ 2

両端と斜めのトラスを逃がすため、ガシガシ削ります。
イメージ 3

去年作った上側のプレートと合わせて、ポリッシュします。
イメージ 4

この肉厚なアルミプレートでフレームを挟み込みます。
イメージ 5

シフトレバーを組み込み、ディレーラーがちゃんと動くように調整して完成です!
ガッチリ剛性が上がって、シフトしやすくなりました♪
まぁ、欲を言えば、上側のプレートもフレームに合わせて削りたいかな。
イメージ 6

これで、準備完了! 
イメージ 7


明けて5日、天気は晴れ、気温は26℃まで上がる予想、しかし、まだ空気は冷たいので、快適そのものです。
8時半に出発です。
イメージ 8

自宅から1キロで鶴見川に出られます。
鶴見川は、サイクルロードが河口までつながっていて、走りやすくなってます。
イメージ 9

先輩と合流、ちょっと走っていつもの鯉のぼりポイントで撮影です。
先輩、今回は12インチとさらに小径なタイヤの軽量モデルで参加です。
普通の自転車屋で売っているポータブルチャリの各部をチューンナップして、さらに軽量化した拘りのミニベロです。
比べると、ウチのモールトンが巨大に感じますが、ママチャリより小さい20インチタイヤですからね〜。
イメージ 10

次の立ち寄りポイントは、横浜市民の味、崎陽軒のシウマイ工場です。
残念ながら工場見学は予約制なので見れませんが、プチミュージアムがありましたので、早速潜入です。
イメージ 11

お弁当やお土産用商品、歴代のしょうゆ瓶や古いポスターの展示などがありました。
イメージ 12

が、一番気になったのが、工場で作られたばかりのシウマイが食べられる、です!
イメージ 13

3個100円なので、食べない理由はありません(笑
で、味は... いつもの味ですが(笑)、ふっくら美味しかったです!
イメージ 14

新しくできた高速きたせん脇のサイクルロードは広くて走りやすいです!
イメージ 15

綱島までは、この広いロードが続きます。
イメージ 16

が、我々は新羽あたりで川沿いを離れ、丘の上にあるお蕎麦屋さんを目指します。
毎年同じですけど、雅遊庵 風の陣のオープン時間に合わせています。
イメージ 17

今年も、旬な桜エビのかき揚げ天ざる(大盛り)を注文!
イメージ 18

食後は、人工な公園内をのんびり押して歩きます。(走行は禁止なので...)
イメージ 19

そこから、今まで行った事がなかった大塚/歳勝土遺跡に寄ってみました。
弥生時代の竪穴住居が7棟も再現されています!
イメージ 20

中に入ることもできます!
イメージ 21

大きさもバラバラ、でも室内はみな広々としていました!
イメージ 22

併設されている古民家では、こどもの日らしく、子供のためのイベントが開かれていました!
イメージ 23

ここから、あざみ野駅に向かいます。
水分補給を兼ねて、お茶をする場所を探した所、見つけたのが昔懐かしいような喫茶店、
カメラ好きの初老のマスターが拘りのコーヒーを入れてくれる、カフェというより喫茶店です。
先輩もカメラ好きなため話が盛り上がってましたが、私は半分も理解不能でした(汗
イメージ 24

ここから再び鶴見川に出て、いつも車の写真を撮っているふるさと村に向かいます。
その途中にある、イギリスアンティーク雑貨屋さんの裏でパチリ。
って、色が同化してしまいました。
イメージ 25

ふるさと村での撮影、ウチのモールトンは軽量化と見た目のため、スタンドが付ていません。
なので、うまく撮れる場所が無い... お洒落で軽量なスタンドを探そうかな?
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

これで、計画していた場所をすべてまわることが出来たので、家に向かいましょう!
途中のコンビニで水分補給!
イメージ 29

15時半に無事家に到着です。お疲れ様でした!
イメージ 1

同期が取れず、家から1.1キロ、8時45分の所からスタートしたサイクルコンピュータの結果です。
走行距離41.6キロ、7時間のお散歩でした。
(それでも、350kcalしか消化されないのか~涙)

イメージ 30

という事で、今年のGWポタリングも無事終了です。

もう少し乗りたいなぁ~と毎年言ってますが、今日みたいに気候が良いときじゃないとね。
まぁ、無理せずに。

それでは、また!

この記事に

皆様、こんばんは〜!

GWも後半戦に入り、今年で3回目の毎年恒例ポタリング(自転車でお散歩)に行ってきました!

今年は、いつもの先輩さんに加え、新たにアバルト乗りの同僚さんが参加、3人でのんびりとお散歩です。

とその前に、準備です。
一般的な整備個所は、タイヤの空気圧を調整する程度で、油脂関係はそのままで大丈夫そう、ということで、主な作業は磨きです。
塗装されたボディはコーティングを、メッキ部はピカールで磨き上げます。
おかげで、気持ち良いくらいピカピカになりました!

それと、今回からサイクルコンピュータを新調しました。
キャットアイから出ている、スマホとリンクさせるタイプです。
コンピュータ自体とスマホをBluetoothでつないで、スマホのGPS信号等でスピードや距離、ログなどを記録できます。
イメージ 2
ただし、スマホのGPS信号を常にONしておく必要があるので、バッテリーの消耗が早いです... 
予備バッテリーあった方が安心ですね!

それともう一つ、簡易的な作りだったシフトレバーの台座を作り直しました!
と言っても、5㎜厚のアルミ板を切り出して、エッジを落としたものですが。
イメージ 3

こんな風に、ダウンチューブに付ける台座を無理やり加工して取り付けています。
でも、このビンテージなレバーがいい味出しているんですよねぇ〜
イメージ 4

ただ、表側をこの頑丈なプレートにした途端、裏側のプレートが曲がってしまったので、まだまだ改良の余地がありそうです。

試走行して、メータが動き、シフトレバーの剛性を確認して、準備は完了です!
イメージ 5

5月4日、ポタリング当日となりました。
天気はそこそこ良さそうですが、風が5m! 
非力なエンジンには、向かい風が大敵です。

朝8時、さぁ、出発です。
イメージ 1

コースは、1回目とほぼ同じ、鶴見川を河口に向け下り、早渕川を源流に向けて上り、最後は黒須田川沿いを鶴見川にぶつかるまで進むという、川沿いをぐるっと回るコースです。

まずは、川和あたりで集合し、第1チェックポイントである鴨居橋の鯉のぼりを目指します。
イメージ 6
初参加の同僚さん、今日のために購入したバイクは、車と同じイタリア製の白いビアンキで、先輩さんと色違いです。
これから、自分色に染めていくことでしょう!

この辺りは、それほど道幅は広くないですが、天気は曇っているせいで暑くはないので、気持ちよく走れます。
イメージ 7

この川沿いに、小机城跡があるというので、ちょっと寄り道です。
立派な堀がありますが、残念ながら本丸や二の丸はただの広場でした。
イメージ 8

一通り散策して、コースに戻ります。
日産スタジアム周辺の運動公園には、サイクリングコース?のようなきれいな道路があります。
イメージ 9

さらに、ここからの川沿いは道幅が広くて並走できます。
だんだんと雲が切れてきましたが、風はまだ穏やかなまま、絶好のサイクリング日和です。
イメージ 10

予定通り、順調に工程をこなしているものの、お昼のお蕎麦屋さんは超人気店。
開店前に着くようにお店に向かいます。
無事、開店10分前に雅遊庵 風の陣さんに到着、1番乗りとなりました!
イメージ 11

開店と同時に入店、旬な桜エビのかき揚げ天ざるそば(大盛り)をいただきます!
イメージ 12

お腹がいっぱいになったところで、再び川沿いに戻ります。
そこから、第3チェックポイントのBROWSE CAFEさんで休憩です。
初めて行きますが、オーナさんがアバルト500、奥様がジュリエッタ乗りと、お洒落なカフェです!
イメージ 13

さぁ、もうひと踏ん張り! 早淵川の源流を目指します。
地図上で源流と思われるところで記念撮影です!
イメージ 14

アチコチ痛くなっている身体にムチを入れ、黒須田川をGOALに向かって疾走します。
途中、おなじみのHARU CAFEさんで最後のピットインです。
イメージ 15

着いた時にちょうど閉店片付け中でしたが、ドリンクならOKとオーナーさんのご厚意で、テラス席を借りて休憩です。
イメージ 16

その休憩中に、2軒隣に新しくできたベーグル専門店、Treflip Bagel & Breadsさんでお土産購入です。
ここのベーグル、色々なお店におろしている有名なところだそうです。
今までいつ行っても完売で閉店しているのですが、今回やっと購入できました!
BALMUDAトースターで焼くと中ふんわりの最高の焼き上がりで、美味しかったです!
イメージ 17

さぁ、ラストスパート、鶴見川に向かいます。
そして、今回のGOALに到着です!
イメージ 18

ここでしばし、各車のチェックとモディファイの話で盛り上がり、解散となりました!
のんびりと春の空気を浴びながらのお散歩、とっても楽しかったです!
お疲れ様でした。

解散後、家に無事に到着したときの距離は46キロ。
過去2回よりちょっと増えています♪
たくさん、運動をしたので、夕食はガッツリと牛100%のハンバーグをハンバーグファクトリーさんでいただきました!
イメージ 19

汗をかき、健康的に運動しても、これじゃぁねぇ...

ということで、自転車のお散歩終了です。

それでは、また!

おまけ; 

帰宅前から以前痛めた膝が痛くなり、また筋肉痛が襲ってくる恐れがあるので、翌日の朝一で、近所のスーパー銭湯に行ってきました!
せっかくの好天でしたが、朝の露天風呂で過ごすのも悪くないですねぇ~
イメージ 20

この記事に

普段、Door to Doorで車を愛用しているため、運動という運動をしていない。
そのためにも何か運動をしなければ!と、こだわりの自転車を買ったのが10数年前。
しかし年に数回しか乗ってないので、ガレージのオブジェになっているのが実情…
その数少ない機会のうち、会社の先輩とお散歩がてらのポタリングをこのGWに実行しました。実は、去年のGWにも同じようにポタリングしていたので、これからの恒例イベントにしよう!と決めていたのです。

天気予報が夕方から雨となっていたため、コースを短縮、待ち合わせ時間を早くして、いざ出発だ! イタリア娘たちはお留守番だよ!
イメージ 1

今回も鶴見川のサイクリングロードを南下して途中で先輩と合流、去年もあった鯉のぼりの前で記念撮影!
イメージ 2

前日に簡単な整備と試運転を行っていたので、モールトンは絶好調!
さらに、前日までの猛暑と強風が嘘のようにおさまり、厚い雲が陽射しを遮ってくれて、走ると心地よい涼風が頼りないエンジンを包んでくれる。
お散歩の運動量にはちょうどいい気候だ!
イメージ 3

鶴見川には、舗装されたサイクリングロードがあり、橋の部分でも止まらずに通過できるようにアンダーパスができている箇所が多い。
自転車には、とっても走りやすいところだ。
第三京浜港北インター付近のジャンクションがかなり出来上がっていたのが、去年からの進化だね!
イメージ 4

そして、川の向こうには日産スタジアム!去年のセカオワのライブ、感動したなぁ〜!
イメージ 5

今回の目的地のひとつ、去年行きはぐった大倉山公園にある大倉山記念館に向け、川沿いを走る。
イメージ 7

そして、東急大倉山駅の脇から記念館に向かう急な坂を、『足を着かずに登りきってやる!』と変な意地を出して...なんとか記念館に到着! 
しかし、エンジン焼き付き寸前で、十分なクールダウンが必要となりました(汗
イメージ 6

幸い、この記念館のある場所は、木陰のベンチもあり、しばしの休養を取るには十分なところ。
さらに、昭和7年に建てられた記念館は、日常を忘れさせるには十分な雰囲気で、体力回復のためのまったりとした時を過ごすことができました。
イメージ 8

天気が心配(というか身体が心配...汗)のため、ここから家の方に折り返しつつ、港北ニュータウンの中央にある公園を目指すことに。
途中にある、旧車屋さんで一休み。普段は国産旧車が多いお店だけど、今日は偶然にも1960年製のオースチンミニセブンとS800が並んでました。
ミニは、外装こそピカピカに仕上げられていましたが、内装はオリジナルのまま、しかし程度はちょっとヤレ過ぎていて厳しいなぁ。
非オリジナルパーツに交換された箇所も多く、このまま?レストア?とチョット悩ましい個体でした。
S800は、見た感じはかなりいい程度!コンパクトなオープンカー欲しいなぁ!
イメージ 9

ふと時計を見ると11時過ぎ、お腹が減りだして来たところで、このすぐ近くに雰囲気のいいお蕎麦屋さんがあるのを思い出し、そこに向かいペダルをこぐ!
高台の住宅地の端のポツンとある手打ち蕎麦 風の陣だ。
イメージ 10

時間が早かったのですんなり入れたけど、帰る頃には人も車もいっぱいでした。
朝から運動したので、魚介のかき揚げそばの大盛りを注文、熱々サクサクのかき揚げと手打ちそばで、お腹がいっぱいになりました! (せっかくの運動が...汗)
イメージ 11

ここから、港北ニュータウンの真ん中にあるせせらぎ公園に向かう。
その中に古民家があり、そこで甘味を頂く(また食べるか!)つもりで、ガタガタになったエンジンにムチを入れて走る!
イメージ 12

と思ったら、甘味処ではありませんでした...涙
仕方がないので、家の方向に向け歩く!(公園内、自転車走行禁止!)
大きな池や小川がある公園、みなさんのんびりお散歩しています。
イメージ 13

睡蓮がびっしりの池。開花したら、さぞ綺麗なことでしょう!
イメージ 14

そのまま港北ニュータウン内を走り、最後のピットインは街の珈琲店 よこはま物語
イメージ 15

お腹はお蕎麦でいっぱいだけど、身体が欲している甘いものを注入!
イメージ 16

ここで、しばし雑談... (というか疲労で動けなくなった、が正解)

雨が降る前に帰ろう!と最後の力を振り絞りソファーから立ち上がる!
そして、『また来年もやろう!』と誓い、ここで先輩とはお別れ、それぞれの家に向かうことに。
タイミングよく、自宅到着直後に雨が降り出した!
イメージ 17

本日の走行距離は35キロ、時間にして6時間のお散歩、お疲れ様でした!
なお、1〜2日後に筋肉痛に襲われたのは、言うまでもありません!

自宅でワン仔たちと一休み(というか一眠り)したあと、家族サービスで近所のHaru Cafeに夕食を食べに行くことに。
昔痛めた左足が痛いので、クラッチレスのチンクでね...
イメージ 18

イギリス時代を思い出す、ビネガーがついてくるフィッシュ&チップスとカリカリベーコンが入ったシーザーサラダは外せません!
さらに今日はチキンと季節の野菜のオレンジソースを注文。
運動のあとだから!だけではなく、相変わらずの美味しい食事でした!
イメージ 19

雲が厚く、見た目の気持ちよさはイマイチでしたが、走れば涼しく軽く汗ばむ程度の気候、ちょうど良いポタリングとなりました。

たまには、ホントのエンジンに頼るお出かけではなく、自分のチカラであちこち出かけるのもいいですよね〜
(だったら、もっと乗ればいいじゃん!というツッコミはなしで...笑)

この記事に

久しぶりのポタリング

GWに突入した2日目の夕方、ワン仔たちとゴロゴロしていると、会社の先輩から『急だけど、明日行かない?』とメールが届いた。
GWに入る前に『時間と天気が合えば自転車乗ろう!』と話していたが、まさか明日とは!
慌ててガレージの壁のオブジェになっていたモールトンを降ろし、状態をチェック。
イメージ 1
 
ブレーキ、ホイール、クランク、ギア、サスペンションと、とりあえずスムースに動くことを確認、これなら明日のお散歩(ポタリング)に行けそうだ。
埃まみれのフレームを磨き上げて、タイヤに空気を入れて終了!
イメージ 3
 
おっと、スピードメーターが電池切れで動かない...
バラしてみると、偶然にもミトのリモコンキーの電池と同じだったので、そのスペアを使用してセットアップ、これで準備完了!
イメージ 2
 
明けて5月1日の朝、外は快晴、暑くなりそうだぞ!
さぁ、行くぞ!
イメージ 4
 
今日のコースは、先輩ともども、久しぶりの自転車、無理せずなるべく平坦な道を選ぶ予定。まずは鶴見川を下流方向へ進む!
 
途中で、鮮やかなライムグリーンのビアンキの先輩と合流! 
私の英国車と先輩のイタリア車、小径タイヤのミニベロにコロンとしたおじさん2人の旅の始まりだ!
イメージ 5
 
そのまま鶴見川をのんびりと南下。
日差しは厳しいが、風が気持ちよくて、お散歩日和だ!
 
無理は禁物、日産スタジアムで休憩(早っ...笑)
イメージ 6
 
ここで次なる目的地を大倉山公園に設定、再び鶴見川を下流へと向かう。
それにしても、気持ちいい! 
と、調子に乗っていたら、大倉山公園を通り過ぎていた...笑
近くに太尾見晴らしの丘公園というのがあったので、コンビニでお弁当を買って、その公園へ向かう。
しかし、『見晴らしがいい』=『丘の上』、すなわち坂道が待っている!
歩くほうが速いくらいのスピードでなんとか坂を上がり、公園に到着。
木が生い茂っていて、自然の中って感じだが、見晴らしなんてこれっぽっちもない...
仕方がないけど、ここで腹ごしらえを済ませて、しばし雑談。
イメージ 7
 
改めて、先輩のビアンキ。
イタリアの有名自転車で、このライムグリーンが目印!
その中の小径タイヤを履いたこのモデル、モールトンを購入する前に欲しかったやつでした。
イメージ 8
 
小一時間休憩して、これからの方向を検討。
この先に、鶴見川に流れ込んで来る早渕川にもサイクリングロードがあるため、早渕川の源流を目指すことに。
こちらは住宅地に流れる細い川となるため、広い鶴見川とはここでお別れ。
イメージ 9
 
ここから早渕川を北上、途中会社の近くを通りながら源流まで一気に走破。
で、源流はというと...いつの間にか川が消滅していて見つからず。
しょうがないので、近くのパン屋でコーヒーブレーク。
ここのオーナーのジャギュアーと2ショット!
イメージ 10
 
ここは、パンを購入した人に挽きたてのコーヒーを無料で出してくれるお店。
ちょうど甘いものを摂取したかったので、テラスでまったりしていると、雀が近づいてきた!
いつもおこぼれをもらっているのかな、人に警戒心を持っていないようだ。
イメージ 11
 
さて、最後はここから近くの場所から鶴見川に流れ込む黒須田川沿いを散歩。
順調に進むも、鶴見川に流れ込む直前のところで遊歩道が行き止まり!
戻るのも大変なので、階段を自転車をしょって駆け上るハメに。
おかげで、最後に高台からの景色を拝むことができた!
イメージ 12
 
ここから鶴見川に戻り、先輩とはここでお別れ。
自宅まで、最後の力を振り絞ってペダルを漕いで、なんとか帰宅!
本日の走行距離、40キロジャスト!
フルマラソンにも足りていない距離だけど、おじさんサイクラーには十分な距離だ。
イメージ 14
 
普段、運動していない身体だけに、今後も続けていければいいけど...
モールトンも、お疲れ様でした!
イメージ 13
 
ps. 左膝が痛い...クラッチが踏めないかも。

この記事に

いろいろと...

今週は久しぶりの北海道出張でバタバタだったので、近況をまとめてUP。

まずは、横浜では久しぶりの大雪の日。
海外との電話会議の為、会議室に籠って仕事してたら、いつのまにか一面真っ白!
まっ、表通りは路面が見えてるので、なんとかC3で帰れるだろうと思ったら、
駐車場前の車通りの少ない下り坂でABSが効くも、自重で落ちていく!
こりゃだめだ! とUターンして、ホイールスピンで積もった雪をかきながら、
なんとか坂を上って駐車場に車を戻して、近くの駅までトボトボ、ツルツル歩く。
まだ終電はあったが、終バスはとっくに無い。仕方が無いので、タクシー待ちの
長蛇の列で1.5時間待って、25時半に帰宅…
でも、途中の国道R246のちょっとした上り坂で、車数台が車線を塞いで立ち往生!
深夜に大渋滞でした。疲れたけど、車置いて帰って正解だったなぁ!

で、あったかい風呂に入って、TVを見ようと... あれ、映らない!
信号が無いって、どういう事よ? 
アンテナに雪が積もったら、地デジは見れないのかぃ。
大丈夫なのか、アナログなくなって。

んで、この雪で一番の被害は... 玄関前のオリーブの木が雪の重みで折れた…涙
イメージ 1 イメージ 2

家が建ってすぐに50cmくらいの苗木を植えて、やっと3mくらいまで育ったのに、
上から1m位の添え木が終わったところでポッキリ! 円錐だった樹形がつぶれた
まんじゅうのように不細工になってしまった。ショックです...涙


気を取り直して、お次は自転車の続編。
購入したサイクルコンピューターをモールトンへ取り付ることに。
Knogのセンサーは、フロントフォークにシリコンフックでクルッと取り付けるが、
モールトンのフロントサスペンションは、タイヤと直結しているリンクが
直径1cmと細すぎる!
まぁ、当面はモールトン以外に付けないから、自慢のシリコンフックを潔く
切り取り、タイラップで固定。
イメージ 3

表示部はハンドルにクルッと巻いて、タイヤサイズなどを入力して完了!
イメージ 4

ママさんのプジョーには、ヤフオクで再度購入した皮のサドルバックを付けてみた。
モスグリーンのバックとレトロなブルックスがいい味を出してます。
イメージ 5

ついでに、15年位前にドイツで買ったVDOのサイクルコンピュータ、電池を換えたら
まだ動いたので、付けてみました。
イメージ 6

これで、ポタリングが楽しくなるぞ〜っと、冬晴れ(?)の日曜にさっそくお出かけ!
イメージ 7

がしかし、天気が良くてもやっぱり冬。風がさすように冷たく、結構強い!
10分で挫折、引き返しました。 本格ポタリングは、春からにしましょう!


最後は、巷で話題のBig Americanバーガー。
第2弾のニューヨーク、悪くはないけど、なんか物足りない。
マスタードがサンドイッチを思わせるからか?
という事で、本場の(?)バーガーを食べに、ちょっとアメリカまで!
なんてことはできないので、福生のDEMODE DINERまで行くことに。
イメージ 8

やっぱり、所詮マックはマック。本場は違います!
イメージ 9

さて、今週末は何をするかな? ってもう半分終わっちゃいそうじゃん。
まぁ、外は雨だし、古い高中正義やCASIOPEAのライブDVDでも見て過ごしましょ。

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事