「名古屋」を歪んで愛したブログ

長らくのご愛顧、(一先ずは)誠にありがとうございました。

地下街

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

伏見地下街

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

既に当ブログでは紹介済みで、以降何度も現地を訪れていたのですが「伏見地下街」が設置されるきっかけ
や建設などに従事、尽力された方々の一覧が存在している事には全然気付いていませんでした。 今回は
『地下街系図』として通路に設置されていたものを一部抜粋してご紹介したいと思います。



   大名古屋市の中央部地下鉄伏見町駅と長者町とを結ぶ
   所に繊維センターと呼ばれる地下繊維問屋街を建設し産業
   并に都市の発展に供せんと熱意に燃える繊維業者が将来の
   繁栄を希望して立上った
   昭和三十一年五月二十五日長者町地下街繊維問屋協同組合
   を結成して同年八月二十八日起工越えて三十二年十一月十五
   日竣工落成式を挙行翌十六日開店した



「地下街」建設のあらましが、少々難しい表現で説明されていました。 冒頭に登場する「伏見町駅」という
のは現在の「伏見駅」の事で、開業当初より1966年(昭和41年)5月までの名称でした。 地上の「繊維問屋街」
と最寄の「地下鉄駅」とを結ぶ通路を建設して双方を結ぶに当たり、その通路にも「繊維問屋街」を設けよう
と言うのが「伏見地下街」の始まりでした。 但し、開業当初は「長者町地下街」と呼ばれていたようです。

『地下街系図』には上記のあらましに続いて「建設関係者役員氏名」が並んでいまして、「長者町地下街繊維
問屋協同組合」の理事長以下14名の名前と当時の「名古屋市長」であった「小林橘川」氏、さらに「施工企業」に
各設備工事を担った企業名、この碑の元となる"書"を書かれた方に、碑の鋳造元まで記されていました。

「伏見地下街」と「伏見駅」は直結しているものの「東山線・藤が丘方面」ホームの東端にある「東改札口」のみ
向かう事が出来まして、出口番号の設定はありません。 営業時間は7:30から20:30までで、日曜や祝日
は利用する事が出来ません。 他に地上からの出入口が5ヶ所存在します。
設置されています。 

開く コメント(0)

金山地下街

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「地下鉄・金山駅」にて、いつも多くの利用者で混雑している「中改札」と、程々の利用者数に留まっている
「北改札」の間に位置する"改札外"のスペースにも数店舗が集まって出来た「地下街」が存在しておりまして
他の地下鉄駅に存在する「地下街」と同様に「名古屋交通開発機構」によって管理・運営されています。

現在の店舗数は6店舗で、その中でも一番の床面積で通りに向かって配置されているのが「RIO」という
婦人服を取り扱うお店。 他に「中改札」に近い南側には「UR都市機構・金山案内所」と金券ショップの
「名駅チケット」があり、反対側の「北改札」に近いほうでは喫茶店の「コンパル」とクリーニング「白洋社」
の受付所、さらに通路の西側には「フットセラピー」のお店もあります。

残念なのは立地条件。 利用者の多い「金山駅」とは言え、その多くは「南改札」を通過して地上の「JR線」
や「名鉄線」へと流れていってしまっているので「地下街」へは用事のある人しか訪れないような状況になって
しまっていました。 さらに「地下街」の東側にも通路があり、用事のない人はこの通路を通ってしまう
ので、その通路へもお店を拡張すれば全ての通行人が「地下街」を嫌でも通って集客効果につながりそうな
気もしますが… その前に、老朽化に対する改修も必要そうですね。

開く コメント(6)

今池地下街

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「今池(名古屋市千種区)」と言えば、かつては市内有数の歓楽街として栄え、各種「商業施設」や「娯楽施設」
に、「商店街」「金融」「学校」が多く集まっています。 また「地下鉄・今池駅」では「東山線」と「桜通線」との
乗換えが可能な事から利用者が多く、街がにぎわう要因となっています。

そんな「今池駅」の地下コンコースにも「地下商店街」が存在していまして、名は「今池地下街」と言うのですが
知名度のほうが非常に低く、駅の利用方法によっては存在を知る機会すら生まれないようです。 なんせ
「西改札」と「東改札」の間に存在しているので、駅利用者がその区間を歩くケースが殆ど無く、地下街に
しては非常に閑散とした姿であう事が否めません。

長さ100mにも満たない小さな「地下街」は1960年(昭和35年)の開業で、「株式会社名古屋交通開発機構」により
管理運営されています。 現在、店舗の区画は大小16あるのですが、その大半はシャッターが硬く閉ざして
いる状態。 私が訪問した土曜日はクリーニング「白洋舍」、喫茶軽食の「ふる里」、宝石・バッグの「ムラホ」
に「有隣堂書店」の4店舗しか営業していない状態でした。 この調子では、きっと平日の昼間も…

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

「名古屋市中区金山一丁目」にあります「名古屋市民会館」が2007年より「中京大学文化市民会館」と名称を
変えております。 実際は「名古屋市」が「ネーミングライツ(命名権)」を募った際に「中京大学」と契約を
交わした事から、その大学名が施設の名称に充てられております。

その際に「大ホール」を「オーロラホール」に、「中ホール」は「プルニエホール」に名称を変えているのですが
この「オールラホール」に因んでか、この「中京大学文化市民会館」と「地下鉄・金山駅」を結ぶ「地下連絡
通路」の名称も、いつの間にやら「オーロラウェイ」と改められておりました。

「地下鉄・金山駅」の北西側にある「6番出入口」の付近にはもうひとつ、通し番号のない通路がありまして
これが「オーロラウェイ」と呼ばれる連絡通路。 ココを通じれば駅から市民会館まで雨天でも傘無く移動
することが出来るんです。 しかも壁面も他の通路とは違い、綺麗に改修されているんです。

まずは「中京大学」の「名古屋キャンパス(昭和区)」と「豊田キャンパス(豊田市)」の学部案内。 意外と
所在地やアクセスに関しては触れられていませんでした。 「中京大学」色はこれだけで、あとは会館で
行われる演目のポスターや日程表が並んでいたり「市民会館だより」という広報誌が張り出されていたり。
稀に「書道」や「絵画」などの壁面作品展も行われています。 さすがは芸術へと通ずる通路。

この通路は「地下鉄線」だけでなく、もちろん「名鉄線」や「JR線」へも接続しております。

開く コメント(6)

セントラルアイ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

「中区錦3丁目」、いわゆる「栄」にあります地下街「セントラルパーク」。 「地下鉄・栄駅」「名鉄・栄町駅」や
商業施設「オアシス21」や「中日ビル」などに接続される事から人通りは非常に多く、賑わいを見せております。

が、そんな「セントラルパーク」にて、まったくテナントの存在しない通りがあるんです。 その部分は何故か
「セントラルアイ」という呼び名で区分されており、通路の広さはほかと全く同じものの店舗が全く無い代わりに
壁面には様々な広告がびっしり。 ちょうど通路にあった「セントラルパーク」の構内案内図にも「セントラル
アイ」の名称が表示されていますね。 これは、ある理由が存在するのですが…

ヒントは構内案内図に描かれている、4つの四角形。 そして、この「セントラルアイ」の上部(地上)には市内の
シンボルのひとつである「名古屋テレビ塔」が存在する事。 もうお分かりですね、実はこの4つの四角形は
「名古屋テレビ塔」の基礎をあらわしているんです。 180mもの高さの「名古屋テレビ塔」を支える基礎は、それは
もう頑丈な物ですが、地中深く突き刺さっていなければ安定しない訳です。 そうなると、その下に設けられた
地下街「セントラルパーク」は、その基礎部分を避け無ければならない訳です。

かといって基礎部分を避けて通路を迂回させると、移動時間にロスが出るなどの弊害は生まれてしまう… それ
を配慮したんでしょうね、見事に通路のみを配置し、スペースの都合で店舗が設けられない部分は広告スペース
として活用しておりました。 僅かなスペースでも「広告収入」を得る工夫を生み出した発想が素晴らしいです。
ちなみに「名古屋テレビ塔」の完成は「1954年(昭和29年)」、一方の地下街「セントラルパーク」の開業は「1978年
(昭和53年)」の事でした。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事