ホークスとミステリー小説とラブソングと・・・

探偵はBARにいる。第2弾 レンタル中!!エキストラで映りこんでるよ!!

全体表示

[ リスト ]

金城基泰投手

イメージ 1

 ホークスファンになるきっかけとなった投手ですが、

 今、この名前を聞いて「ピンとくる」人は少ないだろうなあ。
 
 「背番号21」といえば、故・杉浦忠氏であり、今で言えば和田毅投手ですが、

 おいらにとっては、このリリーフ・エースのイメージが強過ぎるんですよね。

 
 この画像は三塁側から撮影されたものですが、

 右手を真上に上げ、1度停止させるという(今なら2段モーションですが)

 独特の投球フォームにしびれてました(!?)

 アンダースローの名投手・山田久志よりも、

 「華麗なフォームである」と評する人は多いようです。

 
 まさに「1匹狼」といえるような投手で、野球人生は波乱万丈。

 選手生命の危機を2度乗り越えています。

 1971年、広島に入団。1974年に最多勝(20勝)と最多奪三振(207個)を獲得。

 しかしその年オフに交通事故に遭い、全治3週間の大ケガを負ってしまいます。

 翌年はこの事故の後遺症に悩まされますが、夏場から復活し胴上げ投手となります。

 1977年に南海ホークスへ移籍。

 移籍早々に10勝を挙げ、チーム一の防御率2.51という見事な数字を記録します。

 
 しかし、今度は急性肝炎を発症し、またしても選手生命の危機に直面。

 シーズン前半を棒に振りますが、後半鮮やかに復活。
 
 1979、1980年には2年連続で最優秀救援投手を獲得しています。

 ホークスはこの時期、野村監督解任後の「一番の低迷期」で、監督はブレイザー。

 しかも、パ・リーグの抑え投手は、あの「江夏」全盛の時代。

 当時、抑え投手の登板は、9回頭から1イニングという場面ではなく、

 「9回無死満塁」や、「9回2死1、3塁」などのとんでもない場面ばかりでした。

 そんな中で、最優秀救援投手のタイトルを2度獲得するという快挙を成し遂げています。

 (この頃、成績・人気共に弱小だった南海は、人気獲得のためドラフトで「金城信夫」を1位指名し、
 「金城コンビ」と、3人の山内姓「山内トリオ」で売り出したかったらしい)


 しかしこの後、起用法を巡って首脳陣と衝突。

 故障や不振でもないのに2軍暮らしを強いられ、いわゆる「飼い殺し」状態になってしまいます。

 1985年、読売ジャイアンツに移籍しますが、登板機会に恵まれず同年限りで自由契約。

 引退時の通算セーブ数(92セーブ)は当時歴代5位でした。

 1986年には韓国球界に挑戦。金基泰の名で、42試合に登板し9勝5セーブの成績を残しました。

 翌1987年に移籍。7勝を挙げオールスターにも出場しますが、同年限りで現役を引退。
 
 逆境をバネに這い上がってきた、まさに「不死鳥」と呼べるような投手でした。

閉じる コメント(14)

素晴らしいからだったのですね・・・ いまや21はワッチが有名ですが・・・昔の方も凄かったのですね!!!

2006/6/20(火) 午後 8:52 [ nag**a18w*tti2*m*to2*kazu66 ] 返信する

NAGGYさん、この綺麗なフォームにハマっていたんですよ。背番号21が「ホークスのエースナンバー」と言っていいかもしれませんね。

2006/6/20(火) 午後 9:32 martinsting 返信する

アバター

思い入れって言うのはそれぞれありますね。しかし金城投手というのは記憶の中に無いです。この選手からファンになったというと筋金入りですね。漫画『あぶさん』にも出て来てないのではないですか。

2006/6/21(水) 午前 3:35 やましん 返信する

「きんじょう」(横浜の?)じゃなくて「かねしろ」さんなんですね(苦笑)。この選手はよく知りませんでしたが、写真を見ると、山田久志さんよりもなんだかスゴい投球フォームですね!!順風満帆とは言えない苦境ばかりの野球人生を歩んでこられたんですね〜・・・まさにフェニックスのような投手です。

2006/6/21(水) 午後 7:39 ゆかりん 返信する

金城投手?ですか。首脳陣と衝突して飼い殺しになるなんて!なんか強い人なんですね。プロ野球に入団した選手一人一人にドラマがあるんですものね。ワタシの記憶には病に倒れた藤井投手の笑顔と凄みのあるピッチングが鮮明に残っています。あの時は悲しかったですね。

2006/6/21(水) 午後 9:45 [ sod*isu*i ] 返信する

やましんさん、やはり記憶にないですか。「あぶさん」には何度か登場していますよ。25〜30巻あたりだったと思うのですが。今では信じられないくらいの弱小チーム時代の名投手です。

2006/6/21(水) 午後 9:59 martinsting 返信する

ゆかりんさん、「かねしろ」さんです。山田久志氏よりもインパクトあるフォームですよね。選手生命の危機を何度も乗り越えた名投手。初めて札幌で試合を観た時の印象が強過ぎるんですよ。実は、ホークスの「初代守護神」です。

2006/6/21(水) 午後 10:07 martinsting 返信する

SODAISUKIさん、この時期は、チームの成績不振ということもあって他にもいろいろ問題があったんですよ(苦笑)。藤井将雄投手、素晴らしい投手でしたね。以前記事にしてますが、工藤、若田部両投手が、遺骨をポケットにしのばせて投げ合った日本シリーズも感動モノでした。

2006/6/21(水) 午後 10:15 martinsting 返信する

ぅゎぁ、かっちょいいフォーム!サブマリンと言えば「山田久志」ですが、この「金城さん」のフォームはむちゃむちゃカッコイイ。映像で見てみたいっす。わっちも金城さんの様に活躍して欲しいっす。お気に。

2006/6/21(水) 午後 10:41 にしやん 返信する

にしやんさん、はじめまして。金城投手のカッコイイフォーム、賛同していただけて嬉しいです!映像は残っているのかなあ。大阪球場跡の南海ホークス記念館?なら見られるかもしれませんね。お気に登録ありがとうございました。

2006/6/21(水) 午後 11:31 martinsting 返信する

顔アイコン

はじめまして。(ハムらーですが。)金城の球は下から浮き上がってくる感じで、すごく速かったというかキレがあったですね。広島初優勝の胴上げ投手で最後は柴田をレフトフライに討ち取ったシーンは印象に残ってます。なぜかそのときの金城が万歳しているカルビーカード持ってますが。

2006/6/22(木) 午前 11:23 ワンダバ 返信する

ワンダバさん、はじめまして。いらっしゃいませ。札幌なのですが、ホークスファンなんですよ(!?)アンダースロー特有の浮き上がってくる球でした。広島初優勝時のエピソードはわからないので参考になります。

2006/6/22(木) 午後 11:09 martinsting 返信する

アバター

金城投手、覚えてますよ!! 美しいフォームでしたね!! それにしても、私の子供時代は、山田、足立、高橋直樹、渡辺秀武、この金城、ちょっと時代が下って仁科…と、アンダースローの好投手が多かったですね!! 今は渡辺俊介と、タイガースの相木ぐらいかな…

2006/6/25(日) 午前 7:37 鷹熊一二三 返信する

たかびごんさん、覚えていらっしゃいましたか。嬉しいですね。高橋直樹投手も印象に残っています。ロッテの仁科も懐かしいですね。ホークスでは、ダイエー時代に足利というアンダースローの投手もいましたね。

2006/6/25(日) 午後 2:57 martinsting 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事