ここから本文です
Spinnaker's Music Clip board
皆さま、スピンは元気に過ごしております!

書庫全体表示

イメージ 1

サイモンとガーファンクルを、もし聴いたことがないのなら・・・。

まさか、そんな人はあまりいないでしょうが、人生の半分を損していると思いますので

今日CDレンタルしてくることを、強くお薦めしますヨ♪

S&Gの二人がじっくりと腰を落ち着けて、自分達の書いた曲の中から20曲を厳選したのが

このジャケット「 the definitive Simon and Garfunkel 」

明日にかける橋( Bridge over Troubled Water )の詠唱はこのレコードが最高。


ジャケット・タイトルより−

「完璧なまでに研ぎ澄まされたポールとアートのハーモニーは、ぐじゃぐじゃで泥々の青春まっただ中の

「悩める若者たちを、どこかはかなく美しい陶酔の世界へと導き、救い出してくれるものだった。

「疲れ切ってしまった時、自暴自棄に陥ってしまった時、ふてくされて世の中を呪いたくなった時、

「S&Gの透明な歌声は、賛美歌のように聴く人の心を慰め、立ち直らせてくれたのだ。」
                        By 1993年 紫門ふみ


20曲の中の、スピンの大切な一曲・・・「ブックエンドのテーマ」。

1分もない「小曲」ですが、こよなく愛するフレーズです・・・・・

 Time it was.          随分前のこと・・
 And what a time it was.     素晴らしい時間だった・・・
 It was.....             なんていえばいいんだろう・・・

 A time of innocence.    純粋で無邪気だった・・・
 A time of confidences.      自信と希望に溢れていたっけ・・・
 Long ago.....it must be.....     随分、昔・・・・そう・・・

 I have a photograph,       写真があるんだよ・・
 Preserve your memories...      君との日々の思い出がつまった・・・
 They are all that's left you...     たった一枚のだけの「写真」・・・・

                     2005年 秋 Spinnaker訳

  • 顔アイコン

    はじめまして!! ブックエンド、大好きです!! なんだか、本当に本読んでるみたいな気分になってしまいます☆

    [ ppw**853 ]

    2005/12/13(火) 午前 4:15

    返信する
  • こんにちは!良いフレーズですよネ!日本語にしちゃうのがもったいない位、触ると壊れそうな想い出。

    スピンネーカ

    2005/12/13(火) 午前 9:10

    返信する
  • 顔アイコン

    そうなんです!! 俺もあの繊細さが欲しいです!! 彼らはいろんな場面を切り取って、んでウチらに見せてくれるんですよ... なぜかレコードもいつもより大事ーに扱ってしまいます☆

    [ ppw**853 ]

    2005/12/13(火) 午前 10:05

    返信する
  • 顔アイコン

    お暑うございます^^ ショールームが替わると気分も変わりますね。
    ブックエンドのテーマ、スピンさまのステキな訳と遠い日の思い出に傑作ぽちり。

    ねこにゃー

    2008/8/8(金) 午後 4:30

    返信する
  • 顔アイコン

    にゃーさん、昨日とりあえづ退院してきました。お返事もできませず済みませんでした。

    ン?どちらの遠い日の思い出ですか?

    スピンネーカ

    2008/9/3(水) 午後 9:38

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事