ここから本文です
Spinnaker's Music Clip board
皆さま、スピンは元気に過ごしております!

書庫全体表示

イメージ 1

1775年、モーツァルトはザルツブルグ大司教ヒエロニュムスの宮廷にいて、大司教を訪れる

諸侯・賓客をもてなす「楽師」(芸人) を務めていました。


ザルツブルグ大司教は、当時のキリスト教世界の最高権威に近い地位にあり、聖界諸侯に遇され、

既に昔日の姿はなくなったとはいえ由緒ある「神聖ローマ帝国」に対しローマ教皇庁が派遣した

遣外使節でもありました。(ローマ教皇庁の権威を象徴する緋色の衣を身に纏うこことが許された方)


その大司教の宮廷は、1756年(奇しくもモーツアルト生誕年)に勃発した「7年戦争」により、

少しく疲弊し、プロイセン・オーストリア・フランス・ロシア・スペインなど列強各国の力により翳りを

見せていましたが、ロココ調の絢爛とした衣装を身に纏う諸侯・貴族たちを招いての外交の場でもありました。


賓客を招いてのパーティの席上、パリ・エリーゼ宮のポンパドール夫人のそれに負けず劣らぬ、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Madame_de_Pompadour.jpg

上質のもてなしを企画する上で、大司教にとって「天才モーツァルト」は欠かせない「芸人」であったのでしょう。


1775年、ようやく19歳になったモーツァルトは、一気に5曲ものバイオリン協奏曲を書かされます。

(そして多分)、賓客たちの前での弾き振りをも命ぜられたことでしょう。


ローマ教皇の権威を示す緋色の衣に身を包む大司教ヒエロニュムスと、贅を尽くした衣装で着飾った、

居並ぶ貴族や諸侯・社交界を彩る女性達の前で、モーツァルトは、パリやウィーンに負けぬ気品に溢れた

音楽を奏でることを求められたのは想像に難くありません。

「神の威光」が世界の隅々に行き渡ることを示すために、神が遣わした天才による、諸人が息を呑む技巧と、

典雅な旋律を披露するように求められたことでしょう。


しかし多分、大司教が与えた楽団は、せいぜい6〜7人のヴァイオリン、チェロやベースは4人ほど、

そして木管が4人程度しかいない小さなもの。

ヨーロッパの中心都市とはいえない、当時のザルツブルグ。素晴らしい演奏家が集まるはずもありません。

その楽団を引き連れ、弱冠19歳のモーツァルトは、彼自身の技巧と旋律だけで、大司教の面目を

保たねばならない、哀しき「道具」に過ぎませんでした。


無論、聴く側の芸術的教養も、それほどに訓練されていないことは、容易に推測できます。

聴衆は、高名な天才が目前に立つことに満足し、その楽器から流れ出る、天の恵みを象徴する旋律に感嘆し、

天才の奏でるアダージョに涙を浮かべ、演奏を締めくくる「高らかな繁栄と栄光」に、ご満悦であったと

想像します。



 本日のジャケットは、ジノ・フランチェスカッティ(Vn)とブルーノ・ワルター&コロンビア交響楽団による

   モーツァルト作曲 バイオリン協奏曲第3番ト長調 & バイオリン協奏曲第4番ニ長調

 (1960年代初期の録音です。このような名演を今でも聴くことができることに感謝したくなります。)


スピンは、このCDに巡り合って初めて、モーツアルト19歳の心境を窺い知る事ができたような気がしています。


それは、澄み切った天の音楽を奏でつつも、自分の音楽を解さない聴衆への疲弊感であり、あざけりであり、

理解者の出現を待ち望む焦燥感。

そして、そのような宿命を与えた神への反抗心であり、どこからか少しづつ湧き出てくる悲劇の予感

であったように思います。


いきなり短い強音ではじまる第3番の冒頭、いつも演奏を始めようとするのになかなか静かにしてくれない

貴族達に業を煮やすモーツァルトがわざと仕組んだ「仕掛け」のよう。無論、何事もなかったかのように穏やかに

弾き振りを続ける彼も心中は、決して穏やかではなかったことでありましょう。


フランチェスカッティのヴァイオリンは、時に高らかに、時に粛々と、自在にして美しい音色を操りながら、

モーツァルトの前にいた聴衆たちをもて遊ぶかのように「息を呑む技巧」を見せ付け、アダージョを謳いあげ、

堂々たる終幕を「演じて」見せてくれます。 「お見事!」の一言です。


*****


さて、2年後の1777年、モーツァルトは大司教の楽師としての職を辞し、自らの居るべき場所を求めて、

ミュンヘン・マンハイム・パリへ旅立つこととなります。

1781年にはついにヒエロニュムスと決別し、ウィーンでの自活生活に入っていきます。

1775年以降、バイオリン協奏曲が書かれることは遂にありませんでした。



PS:この記事を書くためにいろいろ調べていたら、ユーロ硬貨にモーツァルトが刻印されていることを

  知りました。 ビックリのトリビアでした♪ 

  • 顔アイコン

    2月のイタリアで僕も発見したのですが、たぶんオーストリアで発行したユーロの裏がモーツァルト像だと思います。イタリアはダ・ヴィンチのあの両手を広げた人体図。ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」の美女シモネッタ像もありました。表は同じでも裏の絵柄は国によって違うみたいですね。

    gustav

    2006/8/26(土) 午後 7:57

    返信する
  • 顔アイコン

    そうなのですか、さすがにオーストリアですね♪イタリアがダ・ビンチというのも頷けます♪ユーロ硬貨を収集してみたくなりました。

    スピンネーカ

    2006/8/26(土) 午後 11:02

    返信する
  • 顔アイコン

    いつも輸入盤ばかりで、とくに調べ物で無い限り、曲の解説を見をとす僕。モーツァルトのことを知っているようで全然知りません(恥)。ヴァイオリン協奏曲、改めて聴いてみます。

    陶郷の風・・・片岡誠

    2006/8/27(日) 午前 7:52

    返信する
  • 顔アイコン

    ***様、アララ、ホントだ。お恥ずかしい。修正の後、直ぐに穴を掘ります。 それにしても8月は良く穴に入っております(恥・汗)

    スピンネーカ

    2006/8/27(日) 午前 10:24

    返信する
  • 顔アイコン

    makotoさん、偏屈な記事への大人のコメント♪有難うございます! もしも、私がピーターシェーファーだったら、映画「アマデウス」のどこかに上のようなシーンを入れたいものだ、と常々考えてきたものを書いて見ました。

    スピンネーカ

    2006/8/27(日) 午前 10:29

    返信する
  • 顔アイコン

    バイオリン協奏曲第3番は季節でいうと初夏、第5番は早春! ここ信州松本ではそんな季節感を伴った曲として聴こえます。 例によってうまくTBできないのでURLでごめんなさい。 NO.3 http://blogs.yahoo.co.jp/chikuma46/2317769.html NO.5 http://blogs.yahoo.co.jp/chikuma46/1024047.html

    gustav

    2006/8/27(日) 午後 1:43

    返信する
  • 顔アイコン

    GUSTAVさま、記事、拝読させて頂きました。TBさせていただいていいものかどうか迷ってしまういつもながらの名文♪でも、しちゃいました。 どうもスピンは学生時代から演劇と哲学に熱中していたせいで、音楽ではなくその人を理解しようとしてしまいます。やっぱり、唯我独尊の偏屈な記事を書いてしまうのですね(溜息)。反省してもっと素直にならなきゃと思いました。

    スピンネーカ

    2006/8/27(日) 午後 3:53

    返信する
  • 顔アイコン

    スピンさま(お互いさまで呼ぶのも変?「さん」で行きましょう!) 僕も随分ひとりよがりの文章です。演劇はやってませんでしたが、哲学と山登りはやってましたね。で、僕も音楽を聴くだけでは収まらずに、作曲家その人のことを考えてしまいます。それでいいのでしょう。結局は独り独りの感じ方。それを多くの人が理解してくれたり、共感してくださったり、ある程度の客観性のあるものと見ていただければ、望外の幸せということではないでしょうか。

    gustav

    2006/8/27(日) 午後 5:32

    返信する
  • 顔アイコン

    グスタフさん、仰るとおりですね♪今月はワーグナーの記事で嫌な思いをしたりして文章を書くことに嫌気がさしていましたので、勇気百倍のご助言です!明日はほんとに楽しみです!

    スピンネーカ

    2006/8/27(日) 午後 7:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事