ここから本文です
Spinnaker's Music Clip board
皆さま、スピンは元気に過ごしております!

書庫全体表示

記事検索
検索

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

タイムドメイン理論というものがある。日本の由井さんという人が研究して完成させたスピーカー構造理論。

CDやレコードなどに収納されている原音を、歪めず、調整することなく「そのまま再生する」のが最大の特徴。

理屈はさておき、吃驚仰天の素晴らしい音を奏でる。しかも、高価なオーディオアンプなどは不要。

MP3プレーヤーやCDドライブに直接つなげば良い。なんとも驚きの透明且つ静かな音を紡ぎ出してくれる。



このタイムドメイン理論に惚れ込んだ友人がいる。台湾出身の人でPC周辺機器のメーカーを経営していた。

いまから10年ほど前、この人が試作機を作り、その音を聴かされた。・・・正直、ひどい音がした。

ただ、これまでのスピーカにはない、音の明瞭さがしばらく忘れられない程に際立っていた。


最近 その人から「できた!」と連絡が来たので、早速、聴きに出かけた。イヤ、大変に驚いた。


CDウォークマンから直接つなげている高さ30cm足らずのスピーカから、百万円を超えるオーディオセットを

遥かに凌駕する、きわめて澄み切った音がでてくる。事務室内の隅々に 隙間なく音楽が広がり、満ちていく。

この友人は10年間、黙々と改良を重ねたのだ。頭がさがった。


名前は?と訊くと「マーティ101」と命名したという。

そういえばなんとなくSF映画に出てくる火星人に格好が似ている。

スピーカーに珍しく筒型の塔のような格好をしているが、そういえば台北に101タワーという名前の

高層ビルがある。

どうも、真剣に命名したとは思えない。が、そんなことはどうでもいい。素晴らしい音がする。


音楽を聴く道具(スピーカーを含めたオーディオ機器)が上質であるか否かを判別するポイントとして、

「音がない時に無音であること」が非常に大切であると私は考えている。

この「Marty101」は完全な「無音」状態を再現し、且つ、ボリュームを上げてもフォルテシモになっても

全く歪まない。音質は透明にして明瞭そのもの。


なんと驚くことに、5cmのフルレンジ・ユニットしかついていない。

このユニットが高さ30cmくらいの筒の上部に無重力状態のような形で取り付けられていて、自由振動する。

たった5cmのユニットx2個しか持たないのに、然も、iPodやCDウォークマン直結で、百数十万する

オーディオセットに全く遜色のない、ひょっとしたら凌駕する「清澄・透明感溢れる、絶妙の音」を出す。

そのうえ、5.1CHのような360度の広がりを持ち、オーケストラの楽器配置が明瞭にわかる。

クラシックは勿論、ジャズ・ブルース・ポップスなんでもござれ。


  オスカーピーターソンの軽妙で、粒ぞろいの暖かいピアノ。

  セリーヌディオンの澄み切った、伸びやかな声とハーモニー。

  バッハ・バイオリン協奏曲の通奏低音のチェンバロの見事な再現。

  無伴奏チェロソナタの重厚で、指使いの細かい強弱が語りかける哀歓。

  メンデルスゾーン・バイオリン協奏曲の鋭く、暖かく、揺るがないスピード感

  チャイコフスキー交響曲第5番が表現するロシアの大地に響くおなかに響き渡る咆哮。

  東欧の森に流れる朝霧−ブルックナー第4番の輻輳する旋律のきめ細かな再現。

  あきれる・・・

  言い忘れてはいけないが、このスピーカー、言葉の再現がすばらしい。

  映画館で聞き取れなかった英語が、このスピーカーで聞くと明瞭に耳に届く。

  語学教室や老人ホーム・介護施設でたくさん導入されていると聞く。


日本での価格は、一セット2万8千円。

このスピーカの開発に10年間を費やした台湾人の友人の執念を思うと「脱帽」するしかない。


使い方は。簡単。CDウォークマンやパソコン・iPODに直接つなげば良い。パソコンでDVDを再生して

このスピーカーにつなぐと本当に映画館の音が耐えられなくなってしまう。

音楽のために広い場所を準備できない。最も安価に上質の音を聴きたい。それだったらお勧めのオーディオセット。

  ( 参考;http://qdfactory.shop-pro.jp/ で通信販売で手に入ります。)

開くトラックバック(1)

イメージ 1

ベートーベン 交響曲第6番「田園」作品68

 Ludwig van Beethoven (1770-1827) Symphony No. 6 in F major, op. 68 "Pastral"
 1. Allegro ma non troppo 「田園に到着したときの朗らかな感情の目覚め」
 2. Andante molto mosso 「小川のほとりの情景」
 3. Allegro 「農民の楽しい集い」
 4. Allegro 「雷雨、雨」
 5. Allegretto 「牧人の歌、嵐のあとの喜ばしい感謝の感情」

 演奏:セルジュ・チェリビダッケ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニーオーケストラ
 録音:EMIクラシック


交響曲第6番ヘ長調作品68『田園』は、1807年から1808年にかけて作曲されました。

私は勝手に「理想郷のハーモニー」と名づけ、愛聴しています。ベートーベンの、のみならず古今の

クラシック音楽の「最高傑作」と感じています。

とりわけ、セルジュ・チェリビダッケ&ミュンヘンフィルによる名演を生涯 手放すことはないでしょう。


ベートーベンの交響曲は私にある高潔な文章を思い出させてくれます。アメリカ独立宣言文です。

  **** ここから ****

  すべての人間は平等につくられている.

  創造主によって,生存,自由そして幸福の追求を含むある侵すべからざる権利を与えられている.

  これらの権利を確実なものとするために,人は政府という機関をもつ.その正当な権力は被統治者の

  同意に基づいている.

  いかなる形態であれ政府がこれらの目的にとって破壊的となるときには,それを改めまたは廃止し,

  新たな政府を設立し,人民にとってその安全と幸福をもたらすのに最もふさわしいと思える方法で

  その政府の基礎を据え,その権力を組織することは,人民の権利である.

  常に変わらず同じ目標を追及しての権力乱用と権利侵害が度重なり,人民を絶対専制のもとに

  帰せしめようとする企図が明らかとなるとき,そのような政府をなげうち,自らの将来の安全を守る

  新たな備えをすることは,人民にとっての権利であり,義務である.

  (以降、省略) **** ここまで ****

中世王朝支配と圧制の象徴「大英帝国」へ立ち向かう名もなき民衆の力強い反抗であり、理想郷を生み出そう

とする激しい熱意に満ち満ちています。この時代の思想を象徴し、現代にすら通じる格調高い名文です。



「楽聖」ベートーベンは1770年にドイツにて生を受け、1827年にウィーンにて生涯を閉じました。

世紀が切り替わるときを、キリスト教では「ミレニアム(千年紀)」と呼びます。

不思議にどのミレニアムにおいてもその前後に歴史を揺り動かす大きな流れが胎動し始めます。

ベートーベンが通過したミレニアムは、「中世から近代」への転換点でした。


この時代、世界はヨーロッパを中心に新しい時代の産みの苦しみの真っ只中にあり、暗雲が垂れ込める

波乱の時代でした。

中世の王朝支配が破綻し始め、民衆による民衆のための国家や体制を生み出だされようとしていました。

フランス革命・ナポレオン戦争・クリミア戦争と続き、アメリカ独立戦争が始まり、東洋ではアヘン戦争・

日本の幕末動乱・清朝崩壊・・・と続く大動乱期です。

「列強」という言葉が生まれ、産業革命の真っ只中で人間の生き方・働き方が大変革を遂げていく時代でした。

ベートーベンはこの時代に生きて、人類全体の安寧と幸福を願い、殺戮や圧制のない和平に満ちた世界の

到来を願っていた人であり、その思いが彼の芸術活動の源泉であるのだと思います。


人はすべからく皆、この世にて幸せを授かることを期待して、生まれ出ずるものと思います。

自らの個人的な幸福を願い、朋友の上に、愛する人の上に、子供たちに、慈愛が満ち溢れることを期待します。

特にこの時代、圧制と侵略と抗争はいつ果てるともなく続きます。どうにも解決しようのない世の中の不条理や

突き崩せない障壁を前に、理想との落差を感じざるを得ない時代でありました。

人の能力の小ささと自分の無力さを自嘲し、幸福を与えることのできないことに悲しみ、望みを失い、

倒れていった朋友を思い、悲嘆にくれる日々が続いたことでしょう。


しかし、嘆き悲しむだけではなく、神に祈ることだけではなく、世界の美しさや人間の愛の力により

哀しみを回復し、力をため、民衆が力を合わせて新しい世界を作りあげようという、「理想の火」が

燃え始めた時代でもありました。 まさしく、アメリカ独立宣言文に込められた激しい理想のように、

ベートーベンは、人類の上に永遠の平穏と愛が満ちることを希い、その到来を確信していたに違いありません。


そのベートーベンが垣間見た、古代地中海や中世ヨーロッパの暖かい、懐かしい風景・・・それが「田園」、

「理想郷のハーモニー」であります。

既に聴力をほぼ失ったベートーベンの、瞼を閉じた眼前に拡がっていた、静かで穏やかで安寧に満ちた世界と、

そこに満ち満ちていたハーモニーを譜面に落とした曲でありましょう。


まことに「ロマンティーク」です。

ですが、ブルックナーの描くロマンティークが、どこか神話的であるのに比べ、ベートーベンの描き出して

くれる世界は、まことに人間的で暖かい血が流れています。


セルジュ・チェリビダッケという音楽家は盟友ミュンヘンフィルとともに見事な「水彩画」を描いてくれました。

スウィトナー、モントゥー、ベーム、ワルター、カラヤンなどなど、「田園」の名盤はたくさん挙げられます。

どれも、すばらしい演奏です。でも、「郊外に降り立った感動を描いた」だけでは決してないことを念じて

再度お聴きになってみてください。


作曲の約20年の後、ベートーヴェンは「Plaudite, amici, comedia finita est.」

(諸君、喝采を、喜劇(お芝居)は終わった)と呟いて帰らぬ人となりました。

彼が心底から願った安寧の世界は、全くその形を整えることもなく、混迷を深めていたことが残念でなりません。

イメージ 1

  (この記事は http://blogs.yahoo.co.jp/marty1010921/55019399.html の続きです)


これまでご紹介してきた「ピュアで繊細で、コンサートホールの原音に限りなく近い音響空間」を創り

出してくれるホームシアターセット(ココではDENON社の)です。

CDプレイヤやアンプ、スピーカー類、そして液晶TVを、しっかりした耐震ラックケースに収めると

写真のようなイメージです。


実は、収めているラックだけの重さが、ナント70Kgです。

アンプが28Kg,スピーカ類がざっと25Kg、液晶ディスプレイを乗せると焼く20Kgくらいでしょうか。

合計、150Kgほどの重さになります。これにDVDプレイやを足し、レコードプレイヤを足し、

FMチューナーを足し・・・楽に200Kgを越えてしまいます。

アップライト・ピアノが概ね250Kgですが、それに近い重さになるのです。当然床補強が必要。

ちょっと立派なマンションか、床を補強したリビングでないと、床が抜けてしまいます。


音を再生するとき、微振動が強敵ということを前回書きました。機材を置くラックは機材の重さに耐える

ことはもちろんですが、床振動に影響されないように、わざと重厚に作られます。

ラックも、音をきちんと再生するために、とても重要な役割をしているのです。


理想的には、このような装置を置く部屋は最低でも10畳ほどは必要でしょう。

そして、床面が外部振動を伝えない(鉄筋コンクリートの)がっちりした構造をしていることです。

そして、せっかくです。反響を防ぐために吸音カーテンを張り巡らし、天井には吸音性の壁紙を張って下さい。


スピーカー等を合わせると、しめてざっと150万ほど。高級・・・・です。退職金を沢山貰ったら検討しましょうネ♪


さて、スピンはこのようなセットがないと音楽を聴く価値がないなどととんでもないことは申しません。

新しい時代になっているのですから、もっと安価で、場所をとらない、そしてピュアな音を堪能できる

装置も当然あるからです。

次回からは、そのようなコンパクトながら素敵な音を聞かせてくれる「道具」をご紹介します。

イメージ 1

  (この記事は http://blogs.yahoo.co.jp/marty1010921/54949508.html の続きです)


最近のオーディオ・アンプは「マルチメデイア・総合センター」のようになってきました。

レコード・プレイヤー(別名ターンテーブル)やチューナー(FMなどのラジオ受信機)、そしてCDプレイヤを

接続するだけではなく、HiFi-Video、DVD、そしてTV放送やインターネット・ラジオなどをも取り込み、

5.1チャンネルのスピーカで音声部分を再生し、映像をディスプレイに表示します。

一言で言えば、「映画館やライブハウスを、ご自宅のリビングに・・・!!


スピンの若かりし日のオーディオセットはレコード・FMチューナーカセットデッキ+スピーカx2個が基本。

でしたが、現在は、スピーカーが5個以上、CD・DVD・Video・レコード・カセットプレイヤ

そして、液晶テレビ・・・豪華絢爛のホームシアターセットに育ってきています。

(全部を最高品でそろえたら、ヒュー!とても大金持ちですね)


CDプレイヤなどから流れ出す微細な音の信号を、拡大(増幅)してスピーカーに流し込む装置、それが

アンプです。現在のアンプは「TVアンテナからTV放送を取り込み、映像をディスプレイに、音声をスピーカーに」

のような働きもしてくれるようになりました。

そのような総合コントロールセンターのような働きをする、いはばマルチメディアのHUB空港的働きを

してくれます。


写真をご覧ください。日本の最高峰アンプの一つですが、ご注目は背面パネル。全部接続ポートです。

どこに何のケーブルを接続すれば良いのか、絶対に一回では覚えられません!!専門のオーディオ屋さんに

セットしていただかねばならないほど、複雑になってしまいました。


もともとアンプの基本性能は、レコードなどから流れ出る微細な音楽信号を、音の波形を崩さず、増幅する

ことです。余計な編集をして、低音部を誇張したり、高音部をカットしたりする安物アンプもありますので、

ご注意を。

さらに重要なのは、「無音」の状態のとき「無音」でいることです。コンサートホールのピアノ独奏の際、

シーンとした観客の「音」を再現してくれること。結構困難なテクなのです。


写真の「最高峰」は、440w電源、28Kgの戦艦大和のようなスーパーアンプ。

● 定格出力/フロント150W+150W、センター150W、サラウンド150W+150W、サラウンドバック150W+150W(8Ω、20Hz-20kHz、THD0.05%)
● 実用最大出力/フロント:245W+245W、センター:245W、サラウンド:245W+245W、サラウンドバック:245W+245W(6Ω、JEITA)
【プリアンプ部】
● 入力感度/インピーダンス/200mV/47kΩ
● 周波数特性10Hz〜100kHz(+1,-3dB、ダイレクトモード時)
● S/N比102dB(JIS-A、ダイレクトモード時)
● 歪率0.005%(20Hz〜20kHz、ダイレクトモード時)
【D/A部】
● 全高調波歪率/0.005%
● ダイナミックレンジ110dB
【フォノイコライザー部】
● 入力感度/2.5mV
● RIAA偏差/20Hz〜20kHz:±1dB
● S/N比74dB(JIS-A、5mV入力時)
● 歪率/0.03%(1kHz、3V出力時)
【ビデオ部】
● 周波数特性/標準映像端子、S映像端子:5Hz〜10MHz(ビデオコンバートOFF時)/コンポーネント映像端子:5Hz〜100MHz(ビデオコンバートOFF時)

【総合】
● 消費電力/440W(待機電力0.3W)
● 外形寸法(フット、端子、つまみ含む)/W434×H217×D500mm(ロッドアンテナ含まず)、W434×H279×D500mm(ロッドアンテナ含む)
● 質量28.5 kg
【入出力端子】
■ オーディオ系
オーディオ入力端子:11系統、 8ch外部入力:1系統、 光デジタル入力:5系統、 同軸デジタル入力:4系統、 BNCデジタル入力:2系統、DENON LINK:1系統、USB端子:2系統、16chプリアウト:1系統、 レックアウト:3系統、 光デジタル出力:4系統
■ ビデオ系
HDMI入力(デジタルオーディオ入力含む):6系統、コンポーネント入力:6系統(BNC:1、RCA:3、RCA or D5:2※)、コンポジット入力:8系統、 Sビデオ入力:8系統
HDMI出力(デジタルオーディオ出力含む):2系統、コンポーネント出力:3系統(BNC:1、RCA:1、RCA or D5:1※)、コンポジット出力:6系統、 Sビデオ出力:5系統
■ コントロール端子系
Ethernet端子:1系統、ドックコントロール端子:1系統、RS232C:2系統、トリガー出力:4系統、リモートコントロール端子(IN 1、OUT 1)、無線ロッドアンテナ:1系統

という仕様表を読み下していただければ(とても専門的ですが・・・)超弩級アンプであるらしいと

ご想像いただけるでしょう。


お値段は、58万円ほど。そして30KGほどの重量感溢れる精密装置です。

(ご安心を。22万ほどの普及版もちゃんとラインナップされています。)

   ( http://blogs.yahoo.co.jp/marty1010921/55019998.html へ続きます)

イメージ 1

  (この記事は http://blogs.yahoo.co.jp/marty1010921/54917810.html の続きです)

スピーカーの次はいよいよ「CDプレイヤー」です。ココから、音のシグナルがスタートします。


写真は、日本が誇る世界の名器DENONの最高峰プレイヤーです。ナント50万なんかしてしまいます!!

でも、それはもう細密で、原音に忠実で、こんな音がCDに閉じ込められていたのか!っと思い知らされて

しまう、なんとも絶品の音がします。(ア、次に書くアンプ・オーデイオラック、無論スピーカ・・・が最良に

組み合わされ、リスニングルームの残響もほぼ皆無に近い状態の場合ですよ♪)


CDプレイヤーを選ぶときの重要なポイントを一つあげるとすれば、「振動抑制」です。


録音のいいCDであればあるほど、CDプレイヤーが上質であればあるほど「自分の中の振動」と「外界の振動」に

大きく影響されてしまい、能力の半分も出してくれません。


「自分の中の振動」とはCDを回転させるモーターから伝わる微振動です。

特にSACDのような回転数の高いCDを愛用されている場合は、このモーターの回転振動が伝わらないよう

本体内に工夫を凝らした振動抑制構造が組み込まれているものを選ぶことをお勧め。


「外界の振動」とは、人がお部屋を歩く振動・外の道を大型トラックが走り抜ける振動・列車/新幹線

などの通過振動・果ては細かい地震などなど・・・・これらがCDを読み取るときに邪魔をし、音が飛んだり、

途切れたり、ぶつ切りになったり・・・いろいろなイラダチの元凶となります。


写真を見ていただければ、なかなか複雑な箱を設計しているオーディオメーカーの苦心を読み取って

いただけますでしょう。

(ちょっと余談ですが、パソコンもこの外界からの振動に大変弱いのです。HDDがすぐに死んでしまいます)

(そんな経験をお持ちの方は、PCの下に硬質のゴムを引いてあげると良いです。)


さて、CDプレイヤーのお値段は58000円位から最高峰57万ほどまで幅広いのです。

スピンは、最高峰を、取り合えづあきらめて(いつか手に入れるぞ!)23万ほどのものを使用しています。

映画鑑賞用のDVDプレイヤーについてはとばしますが、DENONの最高峰は45万ほど。スピンは

12万ほどのもので納得して使用しております。それでも映画館での「マトリックス」や「トロイ」の音響を

はるかに凌ぐ、リアリティ溢れるすばらしい音を堪能できます。

 (余談、スピンは最近全く映画館に行きません。DVDを家で見たほうがよほど良い音がするからです♪)


今、合計いくらに なりましたっけ? いえいえ、こんな程度で驚かないでくださいね。

この世には、好きな音楽を聴くためにだけ、お家を立て替える人が、たくさ〜ん居らっしゃるのですから。

( http://blogs.yahoo.co.jp/marty1010921/55019399.html へ続きます)

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事