ここから本文です
Spinnaker's Music Clip board
皆さま、スピンは元気に過ごしております!

書庫全体表示

記事検索
検索


Dvo�・�・k Symphony No 9 "New World" Celibidache, M�・nchner Philharmoniker, 1991

クラシック入門として必ず名前の出るレーベルの一つです。

「3大交響曲の一つ」とか・・・本で言うと「帯」がついているものが多い。

カラヤンもバーンシュタインもみんな、名だたる指揮者は必ずレコーデイング

していますが、でも、これこそ決定版!と選択するのが実は大変むづかしい、

と思っています。

名前のとおり、新世界、つまり開拓時代のアメリカにやってきたドボルザークが、

故郷を思い出し作曲したと謂われています。故郷を懐かしみながら。

だからこの曲の第二楽章など特に、指揮者皆さん、「望郷の念」なるものを一際 高く

謳うんですけれども、そういう演奏ほど、どうもスピンにはなじめません。


仕事でニューヨークに5年ほど生活したことがあります。

会社はマンハッタンのど真ん中、42丁目の5番街と6番街の間にありました。

街も会社の中も、それはメチャメチャ忙しく、いろんな活気に満ち溢れ、

足早に歩き回る人たちが実にドライに、でもかなりシビアに、生活をしている

ところです。

自由の女神の向うに沈み行く夕日は大変見事です。が、夕日が沈む頃が一番、

街がごった返します。

私もそうでしたが、多分ビジネスマンのほぼ全員が、「望郷」なんぞはしている暇は

無かったでしょう。


この曲が作曲された頃の、移民でごった返すフィラデルフィアの庶民街の活気は、

今でもニューヨークは7番街あたり(ここいらは衣料品・日用品流通の拠点)に

完璧に残っています。

ニューヨークの朝はとっても早い。近郊からバスや電車で通勤して来た人たちが

シャカシャカと往来し、ぼやぼやしているとコーヒーとデーニッシュにありつけ

なくなりそう。まさに、第3楽章の「大忙し」な雰囲気そのまんまです。


そういう経験をしているからかもしれません。

ドボルザークは、別に「望郷の想い」だけでこの曲想を練ったのではなく、

ダイナミックで活気あふれる「新世界」の在り様を描いたのではないの?という思い

が先行します。だから、もう少し東欧的民族性とかメランコリックな甘さとかを

排した鮮度のある演奏をして欲しいものだと思うのです。


その意味では、ニューヨークを舞台に活動したバーンシュタイン指揮の演奏が、

非常に近いと思うのですが、最近発掘された、チェリビダッケ&ミュンヘンフィルの

感動的で緻密な演奏を選びました。

力強く、がっしりしていて、18世紀末の豊かな香りと感動に包まれます。

第4楽章の終盤に描かれる感動的な情景に、思わず目を潤ませてしまうスピンです。



故ラファエル・フリューベック指揮・デンマーク国立交響楽団による
ロドリーゴ作曲、アランフェス協奏曲です。


第2楽章のアダージョが特に有名ですね。

ギター演奏はペペ・ロメロさん。スペインマラガ出身の国際的に著名なクラシック・ギター奏者でいらっしゃいます。

ちなみに、2013年3月の録音。この演奏の約一年後、フリューベックさんは病気の為引退を表明され、その数日後の2014年6月11日に逝去されました。

スペインの血を引く名指揮者でフランス・スペイン音楽とドイツ・オーストリア音楽の両方をメジャーレパートリーとなさっておられました。
読売日本交響楽団へは1974年に初登場され、1980年には同楽団の4代目の常任指揮者を務められています。

大変に音響の良いコペンハーゲンのコンサートホールにて、椅子に腰かけた名指揮者が、時折、立ち上がり、こぶしを握りしめて、切れ良く指揮棒を振る姿は、体調を悪くされているようには見えない、気迫あふれるものです。

高血圧と戦闘開始中のスピンには、この哀愁溢れるアダージョの響きとともに、フリューベックさんの指揮ぶりが大変な勇気を奮い起こさせてくれます。





なんてまあ、感動的な音楽なのでしょう!
(解説を訳す時間が今日はありません。週末までお待ちくださいませ)

As accolades go, being dubbed’a second Mozart’ is about as good as it can get, and it was with those very words that, a little over a century ago, the press heaped praise on a phenomenal five-year-old prodigy from Chile. In the excitement of the moment, one enthusiastic critic chose to describe the child’s playing as ‘earthshaking’, forgetting entirely that he was reporting from South America’s most seismically active region. The boy’s name was Claudio Arrau.

Through the support of the Chilean government, his mother was able to take the seven-year-old Claudio to study at the Stern Academy in Berlin, where he was taught by Martin Krause, one of Liszt’s pupils. Krause had a profound and long-lasting influence on his protégé, who later recalled : ‘’We would take walks together nearly every day, for half an hour. Krause would also take me to museums. And he decided what operas I should hear.’’ Under Krause’s tutelage Arrau acquired the technical expertise and psychological understanding needed to work with the great conductors of the day : Arthur Nikisch and Wilhelm Furtwängler, both of whom were renowned Beethoven interpreters.

Ludwig Van Beethoven (1770-1827)
Piano Concerto No.5 in E flat Major, Op.73 ‘’Emperor’’
I.Allegro (42:14) ; (42:43)
II.Adagio un poco moto (1:03:30)
III.Rondo - Allegro (1:11:23)
The Symphony Orchestra of the University of Chile
Conductor : Victor Tevah
Live recording in Chile, May 1984


J.S.Bach BWV 853 by Miss Patricia Hase  演奏時間 7:28です。


ー平均律クラヴィーア曲集 第1巻よりー
BWV 853 前奏曲 変ホ短調-3声のフーガ 嬰ニ短調。  演奏はパトリシア・ハセさん。


平均律クラヴィーア曲集は、ヨハン・セバスチャン・バッハが残した、

拡大・縮小フーガ(嬰ニ短調 BWV853)による高度な対位法を駆使した傑作です。

1722年に発表された長短24調による前奏曲(プレリュード)とフーガ(Fuga)

からなる曲集と、1742年完成の曲集の第2巻 で構成されています。

さる作曲家は、このバッハの曲集とベートーヴェンのピアノソナタ集を、

それぞれ、音楽の「旧約聖書」と「新約聖書」と呼び、賛賞しています。

第1巻 第1番 BWV846 前奏曲 - 4声のフーガ ハ長調 のプレリュード部分は

グノーがアヴェ・マリアの伴奏として用いたものとして皆様ご存知のはず。。


また、フレデリック・ショパンの「24の前奏曲」や、ショスタコーヴィチの

「24の前奏曲とフーガ」は、このバッハの曲集に触発されたものと言われています。


 -- 以上、Wikipediaから抜粋させて頂きました --


この燦然と輝く「第1巻」が発表された1722年は、日本は享保の改革の真最中。

ちなみに、 清では康熙帝が没し雍正帝が即位した年。

朝鮮では、韓流ドラマで有名な「トンイ」の時代。禧嬪張(チャン・ヒ・ビン)を

王妃とした粛宗から、英祖(幼名:延?君(ヨニングン))へと移行していく時代です。

「トンイ」のドラマの中で演奏された音楽に較べると、同時代の欧州は数段にも

気品ある芸術に溢れていたのだと、素直に感嘆してしまいます!


さて、ここで演奏しているパトリシア・ハセさんは、

ドイツ・ウィスバーデン出身、1989年生れの現在29歳。

この演奏時はハノーバー大学の大学院生だったと思います。

とにかくお若く、これからどんな音楽家になって行かれるのかが楽しみな方です。

YouTube で聴いた、バッハのBMW853は 静逸で、エレガントで、深い思索を

感じさせてくれるものでした。


スピンは来年のクラシックシーズンに欧州でアムステルダムを拠点に、演奏会

三昧の旅をしようと計画を立て、その為、出稼ぎ仕事に精を出しております。

先にUPさせて頂いたベルゲン(ノルウェイ)管弦楽団の「ペールギュント組曲」や、

デンマーク管弦楽団などにも訪ねたく願っています。むろん、コンセルトヘボウの

Sun-Day(毎日曜の午前)コンサートは見逃せません!

そして、この方のような若き演奏家たちの演奏をじかに聴くのも大きな楽しみの

一つなのです。

拝 スピン


Vivaldi - The Four Seasons (All Four Seasons)


English Chamber Orchestra conducted by Leonard Slatkin


ブログでは申し上げてないかもしれませんが、スピンは昨年12月より、単身赴任で

茨城県は鹿嶋市にある製鉄所の中で、次期「高度基幹情報システム」なるものの

設計と構築に携わっております。

設計段階が終了し、本日8月1日より、いよいよ構築作業に取り掛かりました。


本稼働を11月20日と定め、3ヶ月半で一気に組み上げていく、初日です。

まずは、サーバーの組付けから(ルンルン)。かすかに身体に力がこもります、

慣れていることとは言え。


そういうコンピュータ仕事の最中、必ず(全く意識してないのですが) 口ずさむのが

ビバルディの「四季」です。もう、冒頭から最終節まで暗譜しています。

「こうして、こうすると、こうなるから、そしたらこうして」という思考の流れが、

「四季」のメロディラインにピッタリ合っているのだと思います。


システムの企画段階で、考え込んで唸っているときは、ブラームスの交響曲第1番

を唸っています。これも、ほぼ暗譜状態。


クラシックが仕事のリズムを、担ってしまっているんですね(笑)。


数ある「四季」の演奏がありますが、どれを選ばれても甲乙つけ難いものばかりです。

ご自身のリズムに会うものをYoutubeで選ばれることをお薦めします。

スピンが選んだ、今回の四季は「演奏の質」というより、速度がピッタリ私に合うもの

だから、です。 勝手な選曲ですが、どうぞあしからず!!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事