ここから本文です
Spinnaker's Music Clip board
皆さま、スピンは元気に過ごしております!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

この数ヶ月間、まったくの音楽なしの生活でした(仕事第一ということで)。CDプレイヤーもスピーカーも

クローゼットにしまいこんで、仕事に集中してきました。

先週、会社にショールームを新設し、何気なく音楽をかけたのです。もう、とまりません。

その夜から以前よりも密度高く音楽に没頭!してしまいました。

好きなものを封印すると健康によくありませんね。仕事の合間に個人的な時間をできるだけこさえて

書き続けることにします。これまで同様、いろいろお教えくださいませ。


いざ再開、となると、何をテーマに記事を書こうか?・・・体裁を気にする中年の特性が出てしまい

しばらく考え込みまして、ホルストの組曲「惑星」を選びました。


   本日のジャケットは

   エードリアン・ボールド指揮 ロンドン交響楽団

   ホルスト 組曲「惑星」作品32  レーベルはEMIです。


「惑星」は平原綾香さんの歌でポピュラーになり、カラオケ喫茶では定番のひとつだそうで・・・

かくいうスピンも数回のどを披露したことがあります。(アー、恥ずかしい)


しかし、シンフォニーの「惑星」は、とてもポピュラーソングには似つかわしくない緊張感に包まれています。

有名になった木星のテーマはほんの数分しか出てきませんし、たぶんご期待の甘いメロディには聞こえません。


1914年ごろの作品ですが、第一次世界大戦勃発時の暗く未来が見えない中、ショスタコービッチの第5交響曲の

曲想に強烈な個性を加えて書き上げたものではないかと・・・。


スピンには、何回聴き直しても現代の不条理を切り取った、切実で、凄みのある音楽にしか聞こえません。


第1曲 火星−戦争をもたらすもの

 ショスタコービッチ第5番交響曲、ブルックナー交響曲9番第2楽章のよう。

 迫りくるカエサルの軍隊、じわじわと確実に押し寄せる圧制の軍靴、イメージするものは迫り来る危機。

 抗えない不条理・理不尽な宿命・・・作曲された第一次世界大戦前夜の心象をよく描いています。

第2曲 金星−平和をもたらすもの

 やさしく暖かいまなざしの平和の女神が現れるわけではありません。

 まるで、傷ついた人々の間を、治療のための薬もなく、途方にくれて歩き回る従軍看護婦の歩みのよう。

第3曲 水星−翼のある使者

 妖精のきらきらとした舞。あるいは振り落ちてくる凍えた雪片のひらめき。

「馬鹿な人間!」と嘲りながら愚かな人間の間を飛び回るティンカーベルの飛行をも彷彿とさせます。

第4曲 木星−歓楽をもたらす者

 サーカス。またはジプシーの縁日。練り歩く巨象。トンボを切る曲芸師。

 行進するペルシャ風の楽隊。風に舞う花火・・嬌声・・・ひと時の悦楽。

第5曲 土星−老年をもたらす者

 支配された静寂の空間。漂う時間。暗い虚空に張り詰める紛れもなき事実。

 乱れ打たれる教会の鐘。混乱。粛然とした終末。

第6曲 天王星−魔術師

 曲芸をする施政者。踏ん反り返る政治家。勢いを増して行軍するヒトラーを想起する。

 この未来にあるものは和平でも理想郷でもない。暗い波濤。

第7曲 海王星−神秘主義者

 「2001年宇宙の旅」に出てきたよう、時のかなたから聞こえる神秘な歌声。虚空に満ちる静寂。

 暗黒に吸い込まれゆく「終焉」。そして、なにもない時間・・・・


終曲後のメッセージも何もなく、宇宙の果てに消えていくあっけない終わりが、身震いがするほどの

暗澹とした未来を指し示します。


ここにあるのは、形を変えたショスタコービッチであるように痛感するのはスピンだけでしょうか・・


ところで、話は変わりますが、本日のジャケットのレビュー記事がアマゾンに載ってました。

****ここから、

「惑星」は、同曲の熟練者ボールトならではの重厚で説得力のある解釈が見事です。

楽譜の指示に無いテンポの揺れが多く見られますが、揺らし方が絶妙であざとさを感じさせません。

メータ&ロス・フィルや、レヴァイン&シカゴ交響楽団の録音がスペクタクルな演奏として知られていますが、

それとは違った重量級のスペクタクルといえましょう。これほど「凄み」のある演奏は他にあるでしょうか。

−−−スピンには、いったい何を言ってるんだかさっぱり判らないレビューです!
   「揺らし方が絶妙であざとらしさを感じさせない」ってどういうことなのでしょう。

−−−こんな言葉遊びのような解説してるとクラシックを判りたい人が益々解からなくなります。
   やめましょう・・ネ

久しぶりの更新なのに、少し「毒」入りのスピンでした。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事