ここから本文です
Spinnaker's Music Clip board
皆さま、スピンは元気に過ごしております!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


Mozart -Flute and Harp Concerto K299


W. A. Mozart 作曲
Concerto for Flute, Harp, and Orchestra in C major, K 299

  (1778年に作曲した,フルートとハープの協奏曲)...

 (-- この年は、ちなみに、モーツアルトの母君が無くなられた年ですね。)

 演奏は:
Julia Rovinskyーハープ   Guy Eshedーフルート
イスラエル・フィルハーモニック・オーケストラ

 ズービン・メータ指揮     テルアビーヴにて2016年1月20日演奏 ライブ収録版


典雅にして比類なき美しさ。 春に包まれた音楽ですねぇ!

とりわけ第2楽章「アンダンティーノ」(Videoでは10分30秒位から)は、単独でも演奏され、非常に有名です。

ハープとフルートという当時流行の2つの楽器をオーケストラの響きの中に融け込ませ、

浅薄になってしまうことなく、典雅なフランス風サロン音楽に仕立て上げているのは,

モーツアルトの力量を表すものであり、さすがというほかはありません。


実は、彼の作品は、ほとんどそう考えられているようですが、彼が作ったのではなく、

神が彼の頭の中に「電波」で送ったものであり、それ故に、天国の音楽ともいわれる所以であります。

それが証拠に、ベルリン博物館に残されているこの曲の自筆譜(オリジナルです)には
一ヶ所も書き直しが無く、

サリエリは、曲の美しさというより、既に頭の中に全曲が出来上がっていた、その点に驚愕したといわれています。 

(YouTube からの転載です。)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事