ここから本文です
Spinnaker's Music Clip board
皆さま、スピンは元気に過ごしております!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


 2014年6月11日ご逝去されたラファエル・フリューベック・デ・バルゴス氏が残された代表的名演の一つ。

 カルミナ・ブラーナ
 オルフ作曲
 デンマーク国立交響楽団・デンマーク王立教会合唱団

 圧巻です。

 カルミナ・ブラーナラテン語: Carmina Burana)は19世紀初めにドイツ南部、バイエルン選帝侯領にある

 ベネディクト会のボイエルン修道院(ベネディクトボイエルン: Benediktbeuern)で発見された詩歌集。

 これらの写本は11世紀から13世紀の間に書かれたと推測され、『カルミナ・ブラーナ』(ボイエルンの歌)

 という題名で編纂され、1847年に出版された。

 現在、写本はミュンヘンバイエルン州立図書館に所蔵されている。 カール・オルフがこれに基づいて作曲。


 オルフは前記の詩歌集から24篇を選び(内1曲はオルフの自作)、曲を付けた。

 「初春に」「酒場で」「愛の誘い」の3部から成り、その前後に序とエピローグがつく。

 1936年に完成し、翌1937年7月8日フランクフルトフランクフルト歌劇場で初演され、全世界に

 名前を知られるようになった。・・・以上、ウィキペディアより拝借してきました。


 冒頭の、おお、運命の女神よ(合唱)部分は様々なメディアでBGM として流用されているので、

 お聴きになると「ハハーン、これね」とうなずかれる方も多いでしょう。


 つまり、12世紀ごろの修道会によって作成されたらしい、世俗カンタータに、オルフが極めて現代的な

 解釈をつけて、舞台楽劇様式(オペラ)の曲を付けたものでーす。


 ラファエル・フリューベックの解釈は、現代的にもかかわらず、古典的心情を、緻密に、豪快に、大胆に

 盛り込んだ、「圧巻」なのです! 約 1 時間チョイの混成楽曲ですが、心底 楽しめます!!

 合唱も素晴らしい! ちゃんと、教会ラテン語(Ecclesia)発音で謳っておられます。

 このCDを一時、必死に探したスピンですが、ついに、いまだに見つけられておりません。アーア

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事