ここから本文です
Spinnaker's Music Clip board
皆さま、スピンは元気に過ごしております!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


シベリウス作曲 フィンランディア 作品.26


Youtubeの投稿に、この曲を表現するに、ぴったりのものがありました。



Whole Finlands independence progress in one song:
(フィンランドの独立の歴史が一曲に詰まっている…)


Dark times     (暗い時代…)


Small hope     (小さな希望…)

Bright looking future  (輝いて見える未来)

Repression     (抑圧…)

Struggle      (抗争…)

Heroes of a battle (戦いの中のヒーローたち…)

Victory       (勝利!)

Rising of a new countryFuture... (新しい国の未来の夜明け)


これ以上の説明は不要に思える程に、ピッタリではないでしょうか?

封建制度・帝政・独裁・・・の抑圧に立ち向かい、長く昏い闘争と抑圧を

乗り越え、民主的で希望に満ちた新国家を造り上げていく黎明の時代の輝き。


国民楽派とひとくくりで呼ばれる同時代の作曲家たちの中でも、ひときわ

輝きを放つ シベリウス ならではの名曲です。


こんな曲はレコードやCDで聞くだけでは飽き足りません。熱気ほとばしる

オーケストラの音圧に圧倒されながら、聞くべきものだと思うのです。


その不遇の時代を跳ね返した民族の「青春」をこそ感じたいものです。

残念ながら、既に日本民族が忘れてしまった感慨と夢を思い出すために・・・

年齢を重ねてしまって気力の衰えを感じてしまう老人、スピンの心を

もう一度、高揚させてもらうために・・・


ヘルシンキ音楽堂のオープニング記念演奏。

ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団の 熱血の演奏 だと思う所以です。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事