ハノンに ちょっとプラス 「シネマ棟」

静かな静かな映画館のホワイエにようこそ。観た人にしかわからないようなレビューだけど、ごめんね

全体表示

[ リスト ]

NHKで2009年からシリーズ化されている番組『タイムスクープハンター』
たとえば戦国時代、闘いの場でよくみられる ”のろし”。
山から山へ、それをどんどん伝達していくと、飛脚よりも速く 遠くまで情報を届けられる_
火を燃やしたり 旗を振ったり、そんな仕事をしていた人に話を聞き 映像に収める
”教科書に載らない名もなき人たち”、過去の小さな事実に焦点をあて、当時を紹介する。
それが 『タイムスクープハンター』です。
その劇場版が完成。試写会に行ってきました。


未来に存在するタイムスクープ社(TS社)。
タイムワープ術を駆使し、あらゆる時代に時空ジャーナリストを派遣、
人々の生活を記録し、この時代ではNHKを通して その映像を公開しています。
テレビ版をご存知ない方は、こちらのTS社のホームページなど ご覧ください。
http://timescoop.jp/welcome.html (映画 公式サイト)
「歴史アーカイブ計画の推進」「記録映像の保管と公開」といった事業内容や
「歴史に干渉することなかれ」という社訓などが書かれています^^
イメージ 2
TV版ではおなじみ、時空ジャーナリスト 沢嶋雄一(要潤)と TS社に常駐し彼をサポートするミナミ(杏)に加え、同じく社員としてカンニング竹山、上司 宇津井健、新人ジャーナリスト細野ヒカリ(夏帆)が登場。
そして今回の取材対象は
豪商を博多まで送る 名もなき侍 矢島権之助(時任三郎)と、その豪商 島井宋叱(上島竜平)。
二人の前に立ちはだかる野盗の首領を 嶋田久作が演じています






あらすじ
時空ジャーナリスト沢嶋は、本能寺の変のあとの 混乱が続く京都に飛び、
右往左往する庶民の取材を続けるなか、幻の茶器・楢柴を持つ商人に同行することになるが
途中、楢柴を奪おうとする山伏に襲われ 楢柴を失ってしまう・・
のちに秀吉の手にも渡るはずの茶器。
歴史が変わってしまわないよう、その行方を追い たどり着いたのは焼失直前の安土城。
信長により建造、本能寺の変のあと なぜ焼け落ちたか、いまだに謎の城。
沢嶋は、その真相に迫ることができるのか_。
(シネマサイトのあらすじをもとに書いています、ネタバレではありません)


有名な俳優陣は 極力少なく、
”その時代に生きる人たちに出会うドキュメンタリー” だという感覚は、テレビと同様でした。

いつも気になる たとえば農民のぼろぼろの着物や ボサボサの髪、
普通の時代劇とは異質な”汚さ”は、覚悟してください。
でも映画版では、フンドシ姿のおしりは なかったように思います C=(^。^*)ホッ







人身売買をする野盗に捕えられたり、
歴史的遺産を略奪し 歴史をゆがめてしまう ”オルタナティブコレクター”も存在し、
「わっ、危ない!」という場面が数か所。
劇場ならではの音響の良さも加わり、ドキドキ感のある試写でした!!

イメージ 1


1582年6月 本能寺の変の直後のほか、1985年、戦時中の1945年にもワープ、
102分間の ”アーカイブ映像”を堪能しました。

かつては ともに織田家の家臣だった矢島(時任三郎)と野盗を対比させながら
野盗・沢嶋・農民らが、なぜ安土城へと向かうのか
そのあたりのストーリーが 丁寧に撮られています。
本来ならば ”名もなき人たち”を取材対象とする第2調査部に属する沢嶋が、
安土城焼失というメジャーな史実に関与することになるくだりも_。





タイムスクープ社は ホームページで
「この時代の皆さんに、より広くアーカイブ計画の重要性を知っていただくため
 ”映画”と呼ばれるジャンルでの広報活動を進めることになりました・・(中略)
 命を懸けた取材の一部始終をご覧いただきます」と書いています。

 映画化に関する沢嶋のコメント入り動画は、こちら 




(カメラを向け取材に至るまでの”特殊な交渉術”、いつも気になります)

おっと、そうそう!エンドロールが終わるまで、ぜったいに席を立たないでください!!
鑑賞後、会場にクスクスっという声が広がりました。
意外な締めに、私は「えっ?」でしたが、好きな終わり方でした。



で、ご覧になった方、エンドロールでの「1」を教えてください。「2」で気づいた私でしたので

ブログ村に参加中です 凸で1票お願いします

閉じる コメント(7)

こんにちは。

たまに観ますが面白いと思います。

劇場版も観たいな。

2013/8/29(木) 午後 6:58 [ kouitiz2000 ]

顔アイコン

> kouitiz2000さん
コメントが遅れ、すみません(><)
ドラマを見た方なら、映画版は いつもに増して迫力があり、見ごたえがあると思います!
なかなか面白いですよ^^

2013/9/6(金) 午後 11:17 [ maru ]

アバター

テレビドラマ版同様に、ドキュメンタリータッチが冴えてましたね。
上島竜兵が、この役にキャスティングされた理由が、
エンドロールを見て、やっと納得しました♪。

2013/9/11(水) 午前 0:34 ffa**77

顔アイコン

>ふぁろうさん
数少ない役者さんのなかに上島竜平が登場した時は、少々驚き、いいのかとも思いましたが
うっかりな感じが生かされた配役だと、私も今は言えます^^
監督さんは、これまでショートフィルムで上島さん起用されたことがあるみたいですね。
評価が分かれる作品のようですが
ドラマを知っている者には 演出など奇異を感じることもなく、ラストも私は面白かったです

”最新作のレビューとは こうあるべき”という記事、トラバありがとうございます。
瞬時に使われるワープ装置、クモのような小型移動式カメラや 人の動きを止めるフリーズガン等、
ハイテク機器、ありましたありました。杏も未来から登場しましたね。
テレビと違うところも、それぞれ楽しめました(^o^)

2013/9/17(火) 午後 0:24 [ maru ]

顔アイコン

【自分メモ】映画.com アメーバニュースから
要潤が8月25日、都内で行われた主演作「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」の公開記念イベントに劇中衣装で出席した。“未来から来た”時空ジャーナリストを演じる要は、「一足先に2013年の流行語大賞を皆さんにお教えしましょう」と宣言し、「第2位はタイムスクープハンター、そして第1位は要潤です。とてつもない人気で、さぞや映画がヒットしたのでしょう」と本作の成功を予言していた。

同じNHKのドラマだし、やっぱり「第3位は じぇじぇじぇ」から始めてほしかった気も(^ー^)ゞ

2013/9/17(火) 午後 0:25 [ maru ]

顔アイコン

私は普段のドラマ版の方が、第二調査部っぽくて面白かったと思います。
歴史好きな私ですから、有名な話はある程度知っておりますので、庶民レベルでの考察は見ていて「へぇ〜」と思うところ多数あるんですが、劇場版ではそういう部分が少なかったので(苦笑)
でも、私が厳しい評価を与えるのって、面白いけどもっと上目指して欲しいなと思うからなんですよね!

2013/10/4(金) 午前 9:40 はじめのいっぽん

顔アイコン

>はじめのいっぽんさん、TB&コメント、すみません。
そうですね、わりと大きな流れで、みな安土へ向かうというストーリーでした。
ドラマを知らない人を意識しながら、ファンにも喜んでもらいたい_
作り手も大変だった気もしますね。

好きなドラマが映画になる!たくさんの人と 設定の面白さを共有できる!
私は その嬉しさだけで、
ドラマを知らない娘を連れて観に行ったのがよかったのかもしれません。
来年またテレビでシリーズが始まった時、娘も見てくれるかな、って楽しみにしています。

2013/10/6(日) 午後 1:46 [ maru ]

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事