布団クリーニング・布団丸洗い日記

布団クリーニングを通して健康をお届します。

全体表示

[ リスト ]

お布団の干し方

ふとんを干す意味 
布団には、正しい干し方があるって、ご存じですか?。実は、正しく干さないと、布団の寿命を縮めてしまうことに、なるのです。


布団を干す一番の目的は、布団を「乾燥させる」ことです。布団が乾燥することにより、次のような効果があります。

1.弾力性が良くなる。
2.臭いがなくなる。
3.ダニ対策
4.殺菌できる
5.カビ対策
また、天日干しすると、布団を殺菌できますが、太陽に当たっている表面しか、あまり殺菌効果がありません。太陽光での殺菌は、30分程度で良いと言われていますので、その2倍の1時間殺菌すれば、完璧です。1時間後 に、裏返して干して下さい。 



ふとんの正しい干し方 
1.綿布団
冬は日差しが弱いので、長時間干しても大丈夫です。夏は日差しが強いので、日光による殺菌力やダニの殺虫力は強いのですが、綿をいためてしまうため、ふとんを長持ちさせたい人は、長時間干すことは、避けた方が良いそうです。このように、夏と冬とでは、干す時間帯をずらす必要があるそうです。

そこで、夏は午前中に干すことを勧めます。また、干す時間は1〜2時間程度で良いそうです。

布団を干す面ですが、特に綿敷布団に関しては、湿気がたまりやすい、肌に触れる側を、太陽に当てる方が良いです。途中で裏返して、両面を干すのであれば、問題ありません。


また、布団を干した後に、布団をたたく人が多いと思いますが、布団の側地や中綿を傷めるそうなので布団を叩いてはいけません。ある報告によりますと、羽毛布団をたたいて出てくるホコリのほとんどが中身が壊れて出てきたものだそうです。表面のホコリが気になる人は、掃除機をかけるようにして下さい。

2.羽毛布団   
羽毛布団は、風通しの良い日陰に、ときどき干して下さい。普段は、窓を開けて風通しを良くしておくだけで十分乾燥するそうです。干す時間のない人も、風通しの良い場所に、置いておくだけで、良いそうです。

でも、殺菌を行う意味でも、1ヶ月に2回ぐらい天日干して下さい。干す時間は、綿布団と同じです。

注意:特に羽毛布団をたたいてはいけません(内部の羽毛が壊れて布団の寿命が低下するため)

3.羊毛布団
羊毛布団も、羽毛布団と同様に、風通しの良い日陰にときどき干すだけで良いそうです。もしくは、窓を開けて風通しを良くするだけでも十分です。また、布団の殺菌の意味でも、月に1〜2回程度、天日干しすると良いと思います。干す時間は、綿布団と同じです。





布団をまったく干せない人へ 
布団を干せない人は、どうすれば良いのでしょうか?

1.最低限度これはやって下さいベッドに敷いた布団であっても、ほぼ毎日、布団をめくって、湿気を放出させて下さい。今日は足下側をめくって、明日は頭側をめくるようにと、毎日交互にめくると、効果的です。

2.干さなくて良い布団布団乾燥機を使う方法がありますが、干さなくても良い布団を買う手もあります。つまり、上でも書きましたが、羽毛布団や羊毛布団のように、部屋の風通しを良くしておくだけでいい布団を、選ぶようにして下さい。

3.丸洗い綿布団を使っていたとしても、大丈夫です。布団クリーニング(丸洗い)をする方法があります。
布団からダニやカビの菌が消え、ふわっとした仕上がりになります。




布団クリーニングなら当店にお任せくださいね。
http://www.maruarai-no1.com/

この記事に


.


みんなの更新記事