イメージ 1


1990年(平成2年)9月20日発行 ベースボール・マガジン社

著者は1965年(昭和40年)6月、琉球王家秘伝武術第十二代、上原清吉宗家に師事、約25年にわたって琉球王家秘伝武術御殿手の修練にはげみ、範士九段。

開く コメント(0)



イメージ 1


1966年(昭和41年)10月30日発行

著者の松尾兼徳(左近)は本書出版時、神戸大学空手道部監督を専任後、全日本学生空手道連盟(学空連)公認審判、推進委員。
1964年(昭和39年)、学空連昇段審査で、最高段位である五段を受け、第1号として登録される。
1965年(昭和40年)、学空連第1回沖縄遠征団・副団長。
琉球王家秘伝武術左近流宗家、左近流空手道・空手部武器術宗家、空手道範士九段として神戸大学秘伝武術部を指導。
2018年(平成30年)、2月26日に82歳で逝去。

開く コメント(0)



イメージ 1


1988年(昭和63年)6月14日発行 現代書林

本書は十九章をもって構成し、無限にも思える躰道の概論の試みである。
第5章『躰道の概念的な規定』第一節「実技の外面的な規定」では旋技・運技・変技・捻技・転技についてイラスト入りで解説があり、第13章『動功<操体の法則>と用法』第三節「五つの基本技と動功五戒」ではそれぞれの動作の要目についてイラスト入りの解説があるが、おそらく躰道の実技を実践してみないとその術理は理解できないほど深遠である。

【躰道】

開く コメント(0)



イメージ 1

昭和50年7月20日発行 日本文芸社

1965年(昭和40年)に玄制流空手道から躰道を創始した関係からか、著者の肩書は「元日本空手武道協会最高師範」となっている。

開く コメント(0)



イメージ 1


2004年(平成16年)7月18日発行 国際玄制流空手道連盟武徳会

前掲の「25年の歩み 創立25周年記念誌」に続き、創立45周年記念として発刊されたもので、玄制流武徳会の歴史と記録、支部紹介が写真とともに網羅されている。過去に雑誌「月刊空手道」に掲載された記事も豊富に掲載されており、玄制流の型といえば変幻自在の独特な技法が集約された「三才」があるが、その型の分解の解説もあって、玄制流の真髄の一端を見ることができる

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事