マルフジ

マルフジ建築研究所のブログです。SALVE !訪問頂きまして有り難うございます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 読んだ感想は、ものすご〜い消化不良をひき起こす物語である。
(脂肪のかたまり/1880/モーパッサン著/高山鉄男訳/岩波文庫)

イメージ 1

 始まり終わりがとても印象的である。

 本筋と直接関係ないフランスの敗走兵の描写で始まる。
そこから敵兵に占領されたフランス市民に移行して、
ようやくこの物語の登場人物達がフォーカスされる。

 この一見無関係な遠巻きからの演出により壮大な国土をめぐる戦争であったこと、侵略された市民の心理状況がひしひしと感じられ、当然同じ市民である登場人物達の心境も説明するまでもなく察せれられ自然とこの物語の本題に引き込まれてしまった。

 そしてエンディングを迎え読者は怒り絶頂のところで突き放されたようにプッツリと終わる。

 水戸黄門で水戸黄門が印籠おろか成敗する前暴れん坊将軍暴れ出す前悪役が桃太郎侍(古いかな〜)風に言うと「不埒な悪行三昧」しているところで話が終わる。
だから読み終わった時の心境はすごく不愉快な感情しかない。

 これに比べたら「ウェックフィールドの牧師」(1766/オリヴァー・ゴールドスミス)の暴れん坊将軍ばりのエンディングはなんと気持ちいいこと!
                 ↓

 ここに登場する貴族、ブルジョア階級の市民、修道女達の魑魅魍魎たる人の醜さをこれでもかと表現した作品である。

 ネタバレするのでどういう事件があったか言わないが、犠牲になった主人公の女性(彼女のあだ名が肉付きがいいので「脂肪のかたまり」と言われている)が泣いているのを無視して周りの醜い人間達が何事もなかったように食事する描写がグロテスクで彼等の方が「脂肪のかたまり」のように見えてきた。

 ラストシーンで革命家が「諸君のやった事は卑劣千万な事だ〜」と叫び食事を続ける人達に対し当てつけのように「ラ・マルセイエーズ」を馬車の中で歌続け、主人公の女は泣き続けるところで終わる。

 「ラ・マルセイエーズ」フランス国家だけど、この物語の時代設定時はフランスの保守的な人間達にタブーな曲だったようである。
 今読んでもきつい歌詞だけど、この物語冒頭の悲惨な敗戦の描写を思い浮かべると、この歌詞の内容も納得してしまう。

 

 因みに最近、背脂たっぷりのラーメン食べたり、揚げ物とビールをセットで頼んでその後にご飯まで注文したり私も「脂肪の塊」一直線である(笑)
オチがついたのでこれにて失礼!


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事