全体表示

[ リスト ]

植草被告の上告棄却、痴漢行為で実刑確定へ

6月27日11時17分配信 読売新聞
 電車内で女子高校生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた元名古屋商科大大学院客員教授、植草一秀被告(48)の上告審で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は被告の上告を棄却する決定をした。決定は25日付。懲役4月の実刑とした1、2審判決が確定する。

 1、2審判決によると、植草被告は2006年9月13日午後10時過ぎ、京浜急行の品川−京急蒲田駅間を走行中の電車内で、女子高校生(当時17歳)の下半身を触った。

 植草被告は「痴漢はしていない」と主張したが、東京高裁は08年4月、「被告の弁解は不自然で信用できない」と退けていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090627-00000350-yom-soci

 今回上告を棄却した裁判長の名前を見るると、6月23日のサンデー毎日に対する上告審の裁判長と、今回の東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた同じであった。

 サンデー毎日で敗訴を確定させている裁判官が、今回の裁判で植草氏を無罪にすることは考えられないであろう。
http://blogs.yahoo.co.jp/maruimarui21/60027919.html

 近藤崇晴判事は、最高裁のホームページによると、
◆ 裁判官としての心構え
 最高裁判所は最終審ですから,原判決の結論を維持することが妥当であるかどうか1件1件丁寧に判断する必要があると考えています。また,最高裁判所は法律審ですから,法律問題に関する一般論を示すことが相当であると考えられる事件については,できるだけ明確な法解釈を示すように努めたいと思います。
  そして,裁判所が法解釈をするに当たっては,いろいろな法律問題についての理論的整合性を追求する必要があり,場当たり的なものであってはなりませんし,さらに,何よりも大事なのは,結論が健全な社会常識に合致したものであることだと考えます。そのためには,社会と人々の心の動きを鋭敏にキャッチできるような感性を研ぎ澄ましたいものだと願っています。

◆ 好きな言葉・嫌いな言葉
 好きな言葉──「和して同ぜず」「反面教師」
 嫌いな言葉──「生きざま」,終止形として使われた「べき」
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/kondou.html

 「何よりも大事なのは,結論が健全な社会常識に合致したものであることだ」という。

 まず、結論ありきという心構えでいるようだ。

 そのため、事実行為うんぬんより、植草氏は有罪という結論が先にあったと思われる。

 犯罪の事実行為の真実を明らかにした結果が、有罪というものであったとは考えられない。

 近藤氏の良心は、優秀な経済学者の口を封じることが、社会常識に合致したものだと判断したのであろう。

 
 もしかすると、近藤氏も上告棄却しなければ・・・と脅されたのかもしれない。

 植草氏のブログ『知られざる真実』や、先日発売になったばかりの副島隆彦氏との共著「売国者たちの末路」が、権力者たちにとって都合の悪いものであったことであろう。
イメージ 1
 逆に言えば、それだけ植草氏の言論が真実に近づきすぎたことであり、そして、彼らがあせってきている証拠ではないだろうか。

 先日この本を買ったので、これからすぐに読もうと思った。



 「私たちは国家の暴力と闘う」という植草氏を応援したい。

植草一秀氏よ口封じに屈服するな!


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私も先ほど、この記事を書きましたよ。ポチ!

2009/6/28(日) 午後 4:28 水無瀬より 返信する

>みなせさん、ありがとうございます
近藤崇晴判事の好きな言葉が「反面教師」とのことです。近藤判事を「反面教師」にしていきたいと思いました。

2009/6/28(日) 午後 9:45 まるい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事