全体表示

[ リスト ]

 自民党政権下の昨年までは、「核密約は存在しない」と公言してきた。


 昨年7月の国会で、当時の中曽根外務大臣は、「密約」は存在しないと断言していた。

もし、政権交代がなかったら

 と考えてしまった。おそらく、いまだに、「密約」は存在しないことになっていたと思う。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

               ※右下の+をクリックすると拡大できます。



 月刊マスコミ市民の5月号では、「国家の嘘とメディアの責任」という特集が組まれていた。

 その19ページ(写真の3枚目)には、下記のようにあった。

 政府・自民党の名の下に、半世紀以上にわたって権力者によって秘匿され続けた密約を明るみに出したことは、政権交代の最大の成果といえるかもしれない。

 政権が自民党から民主党に移っても、何ら変わらないと思わされている方も少なくないのではないか。

 しかし、私は、この「密約」が明るみに出ただけでも、政権交代の意義があったと思う。

イメージ 4

               ※週刊朝日4月23日号より
 

沖縄密約訴訟、原告ら喜びの声

 もし、政権交代がなかったら、西山氏が勝訴することもなかったのではないか。

 これらのことが、「密約外務省機密漏洩事件」という映画になっていたんですね。

公式サイト → http://www.mitsuyaku.jp/


      ☆    ☆    ☆

 鳩山元総理が、普天間基地を「最低でも県外」と言ってきたのは、マスコミ市民の記事にもあるように、「首相が自民党員でない場合、外務省が肝心なことを首相に報告していない」ことがあったと思う。

 同様に、鳩山元総理の佐野忠克という政務担当秘書官らが、官僚であったことにあるのではないか。

 鳩山総理は佐野秘書官に手篭めにされていたことになる。

 首相秘書官の内訳は、慣例的に政務担当1名、事務担当4名の計5名で構成され、それぞれ外務省、財務省、警察庁、経済産業省の各省庁から1名ずつ出向する形で就任する。

 財務省出身者が事務秘書官の中で筆頭格とされ、他の事務秘書官よりも年次が上の者が就けられる。

 これは自民党時代からの、別の言い方をすれば、官僚主導政治時代からの因習である。鳩山総理が政権発足から、なぜここにメスを入れなかったかが、今思えば疑問。
http://blogs.yahoo.co.jp/kaiserspecial/52244415.html

 今度の、菅政権には、このような秘書官を登用しないで欲しいものである。

 アメリカCIAに対する偽装をするのであれば、やむを得ないところもあるが。

 最初から、普天間基地を県外移設することなど、できなかったのではないか。それを、鳩山元総理は、政権交代できれば、それまでの自民党政権が、アメリカと約束した2006年5月1日のSCC文書「再編の実施のための日米ロードマップ」を解消できると考えていたのではないか。

 これは、自民党政権下におけるレガシーコスト(負の遺産)として、受けざるを得なかったものだったと思う。

 だから、普天間基地のことは、いくら政権が変わったとしても、外交上、引き継がなければならなかったのではないか。

 政権交代後も、県外移設ができるかのようにしてきたのは、おそらく、秘書官ら官僚によって手込めにされた結果であろう。

 そういうことも、おそらく小沢氏の中には想定内のこととして、あったと思われる。

 米軍基地の問題が大きく取り上げれただけでも、政権交代の意義があったのではないか。

 そして、それがうまくいかなくなり、支持率が落ちる、そして、鳩山=小沢=菅氏によるトロイカ体制をあえて崩して、菅氏が総理となり、鳩山、小沢のW辞職により、支持率を向上させるということは、小沢氏のシナリオにあったとおもうのだ。

      ☆    ☆    ☆

小沢一郎氏は、戦略を持った政治家です。マスコミ抹殺された稀代の政治家田中角栄の様にしてはならない

http://www.asyura2.com/10/senkyo87/msg/805.html

 この記事を読んで、うなずくばかりであった。

 子ども手当は、わかりやすい政治、政権交代すればどのように良くなるのかを、B層と云われる方々への選挙対策の一つではないかと感じられるところもあったが、実は、小沢氏は、「将来、医療・年金を財政的に維持出来ないという問題の発端は、少子問題」にあると捉え、それを解決するには、「少子問題を解決する意外にない」ということから、安心して子育てができるようにと、この子ども手当をつくったのだと理解することができた。

 「農家の戸別所得保障制度も、国家に何が必要かが解るから出来る政策と思います。これは、決してバラマキだけでない。中山間地が多い日本で本格的に農地の大規模化をすれば、耕作放棄地が益々増えて、日本の食糧自給率がまた下がり、日本の食の安全保障が益々怪しくなる」ことからつくられたものだと納得できた。

 「極東の米軍の存在は、第七艦隊だけで良いと言ったのも的を射る発言だと思います。この発言は、日本は安全保障を米軍に過度に依存しないが、核兵器だけは持たないと宣言した事と同じと思います。安全保障を米軍に過度に依存しない事は、米国の非情な搾取から逃れるために必要」であり、当を得ていると思いました。

 小選挙区制がなければ、現在の政権交代はなかったと思われます。

 いまだ、世界には、真の民主主義国家は存在しないとの認識でおります。あるのは、ただ資本主義だと捉えています。

 植草氏がいうように、アメリカ=敵を欺くためまず味方を欺く非小沢新政権人事が必然であった。

イメージ 5
 これまでの、すべてが、小沢氏による演出であったと思うのだ。
 彼ほど、まっとうで、正統なことしか発言していない政治家は、他にはいないであろう。
 私は、今、小沢氏と一蓮托生の思いでいる。だからこそ、彼に面会を求めて話しをしてきたのだ。

 彼も、そう若くはない。彼の意志を受け継げる人物がどれだけいるであろうか。



‖佇椴貘阿らの脱却

官僚利権の根絶

B膸駛椶叛治権力との癒着排除(企業団体献金の全面禁止)

 にあると考える。

 これらをなくして、真の民主主義国家日本は、ありえないであろう。 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

残念なのは、沖縄県民にとって、本来「きっかけ」を与えた鳩山さんが怒りの対象となり、裏で操っていた人物「佐野忠克」こそ、怨みの対象のはずです

菅さん、不得意の外務に加え、財務部分で官僚に取り込まれないか、ちょっと「不安」ですが、

個人的な「試金石」としては、官房機密費の公開と、官房長官含めて、記者会見のオープン化です。。。
(個人的にはオリンピック絡みで、マスコミ対策含め、石原都知事と、「電通」を国会に呼んで、きっちり「説明責任」をはたしてほしいものです

2010/6/8(火) 午前 4:34 かいざぁー 返信する

>かいざ〜さん、ありがとうございます
鳩山元総理ばかりに怒りの矛先が向けられているのが、不憫でなりません。本来向けられるべきは、佐野忠克、宗主国アメリカ、そして、雁屋哲氏が言うように、「沖縄に基地を」と要望した昭和天皇ではないでしょうかね。
菅氏にしても、誰にしても、完璧ではなく、不安なところはあるでしょうね。それをみんなで支え合っていってほしいものです。
官房機密費の公開と、記者会見のオープン化は、民主主義であるならば、当然のことでしょう。それが行われていないということは、民主主義国家ではないことの証明になるのでは。
説明責任には、日本創新党の中田宏元横浜市長が、横浜博の大失敗をのことも含めて欲しいと思いました。

2010/6/8(火) 午前 11:20 まるい 返信する

顔アイコン

>「密約外務省機密漏洩事件」という映画になっていたんですね。

正確に言いますと、フィルムで撮ったテレビ朝日のドラマです。
制作に携わったスタッフなどは、長い期間干されていたそうです。
それを何十年ぶりに映画館で流すということです。

まるい(報恩感謝)サン訪問コメントありがとうございました。
交通安全協会の年約1400万部教則本は、100%電通が随意契約にもかかわらず、メディアは殆んど報じません。
バラエティー番組ですら、よしもとクリエイティブ・エージェンシー・勝谷誠彦の『交通安全協会の電通』発言にもピーが入れられ放送されてました。
「官房機密費」などを貰っているのか、既存のメディア側もそうとう腐っています。

おそらく、地方公共団体の随意契約や交付金なども、公務員の天下りの為と脱法行為の税金の還流(迂回献金)が目的なのでしょう。
政官業癒着のまま、消費税が上がらないことを祈るばかりです。

2010/6/9(水) 午前 0:56 higasitoyokazuラブ 返信する

顔アイコン

ポチ! 小沢氏は、自己自信の演出に配慮が無かったかも。
選挙民の過半数は、マスコミに白痴化され、洗脳された市民。
私の女性ブログ友二人は、『あの顔が嫌いだから嫌い』と述べていますからね。

2010/6/9(水) 午前 5:55 水無瀬より 返信する

>higasiさん、ありがとうございます
これは、ドラマだったんですね。だいぶ古そうな映像だと感じましたが、より多くの映画館で放映して欲しいものですね。
この随意契約というものが、くせものだと感じましたよ。既存のメディアは、腐っているという視点で見ればいいのでしょうが、多くの方は、真実を伝えていると思っているでしょう。官房機密費のことから、そうではなかったという真実を知ってもらいたいものです。
地方公共団体も随意契約によって、相当の利益を得ているところがありますよ。茨城では、ハタヤグループがそうであると捉えています。
政官業の癒着を断ち切ることが、地方でも国でも早急に必要だと思います。まずは、消費税は、最後の手段でしょうね。

2010/6/13(日) 午前 0:22 まるい 返信する

>みなせさん、ありがとうございます
私も彼の演出は上手な方ではないと思っていました。また、メディアもそういうところばかりを狙って、悪代官であるかのような演出をしてきたんではないでしょうか。
私のまわりでも、小沢氏を好きだといっている女性は聞いたことがありませんよ。白痴化され、洗脳された多くを目覚めさせるような事実を公表することができるのが、これまた、小沢氏にかかっているように思いました。

2010/6/13(日) 午前 0:28 まるい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事