全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

■上の画像、丸田祥三 「棄景」(1993年発表・色調は初出時の通り) 日本写真協会新人賞受賞作

■下の画像、小林伸一郎氏 「廃墟遊戯」(1998年発表)



こんにちは。私は写真家の丸田祥三と申します。

この度皆さまに多大なご心配をお掛けいたしましたこと、深くお詫び申上げます。
すでにご存知の方も多いと思いますが、2009年1月9日、写真家K氏への訴状を地裁に提出、
受理されました。約十年間、悩んだ末のことです。

今回の件は決して、私個人の表現を守るために、他の方の表現に規制を掛ける、ということでは
ございません。(アマチュアの方が勉強のために模倣をされたり、他の方と偶然似通った写真を
撮られるようなことがあっても、何も申し上げるつもりはございません)ただプロであるK氏の、
今回の行いを許してしまうと、アレぐらいのパクリなら自作として商っても大丈夫なのか、という
ことになってしまい、それが慣行となって、やがては表現の世界自体が、間違った方向に向かって
しまうのではないか、という点が大変気がかりに思えました。ですので、今回の提訴はむしろ、
表現者と映像表現の世界全般を守りたいがための問題提起である、ということをご理解頂けました
ら幸いです。


当初から私はK氏に、
「私が先に撮った被写体を、後から撮るな、ということでは決してございませんので」
という旨の説明を慇懃に申上げた上で、
「(いわゆる)類書に、類似した写真を載せ続け、文を写し…、
批判を受けても一向にあらためず、ご返答もされない、そのような(K氏の)姿勢は、
ベテランのプロ写真家としては、いかがなものでしょうか?」といった意見を述べさせて
頂いておりました。その真意はもう充分にK氏には伝わっていたと思います。


しかし告訴の直後、K氏の代理人様が取材の際に、
「(私の意見を)先に撮影した被写体を、他の写真家は撮影してはならないというに等しく…」
と、論点をすり替えるようなご発言をされてしまい、それゆえ一般の方々の間に、少なからず
誤解が生じてしまっているように思われます。


今後その誤解を解くために、ここに至るまでの経緯、現在の状況など、ご説明させて頂く
ことになると思います。一人でも多くの皆さまにご高覧いただけましたら幸甚です。



(※PCの方へ/09年初頭、提訴の際に報道されたニュース動画・前篇です)
http://www.youtube.com/watch?v=RvSKJ83cP1M

(09年初頭、提訴の際に報道されたニュース動画・後篇です)
http://www.youtube.com/watch?v=1ofOhH73FiE&feature=related

↑このニュースの前・後編が一番詳細で状況が伝わり易いと思います。
ぜひご覧くださいませ。



(ファンの方がつくって下さった「盗作検証サイト」がございます)
http://haikyo.kesagiri.net/

(こちらは同じく「盗作検証動画」です)
http://www.youtube.com/watch?v=8EEdYo0ep7w



(私のプロフと作品はこちらに載っております)
http://malta.cside.com/
「丸田祥三 公式サイト/丸田祥三写真館」


http://www.shogakukan.co.jp/mekurutabi/
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0244430/top.html
http://www.jiyu.co.jp/BookDB/books.cgi?kikaku=76606
http://www.jiyu.co.jp/BookDB/books.cgi?kikaku=76605
(こちらは私、丸田の写真集の紹介サイトになります)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事