全体表示

[ リスト ]

剽窃フォトグラフ.2

イメージ 1

イメージ 2

■上の画像、丸田祥三 「機械室」(1992年発表)

■下の画像、小林伸一郎氏 「廃墟漂流」(2001年発表)


どちらも同じ歯車を、同じ側面から撮影したものです。
但し、氏の方はやや不自然に右に寄っておりますが…
私は撮影するにあたり、土地の所有者のまとめ役を
なさっていた方と、実質的な管理をされていた方、
二軒を訪ね、許諾を頂いております。
氏の方は、許諾を求めた事実はないようです。

被告側は度々、「偶然である」とか「後から同じ場所
を撮っちゃダメなのか」という旨のことを仰いますが、
この場所には、限定された範囲内に、こういった歯車
が十個以上ございます。(廃棄されたもので言えば、
駅舎、操作室、詰所、待合室の跡など、被写体は他に
も数多ございます)アングルの面でも、まだ建物など
しっかりしておりましたので、当時は足場的に危ない、
という程のことはなく、反対側の階段の上などからも
撮影は充分可能でした。

同じ場所、ではなく、
その場所にある、数多の廃物の中のまったく同じものを、
わざわざ同じ側面から、似て見えるように、なぜプロが撮るのか?
(※しかもすべて後から――)
という点が率直に疑問に思われます。



また、私が発表した時点で、すでに取り壊されてしまっ
ている被写体に関しては、一箇所として被ってはいない、
といった点も、非常に不思議です。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事