ここから本文です
円尾敏郎ジオシティーズ。ちゃんと移行されていない。文字化けだらけ。

円尾敏郎 覚え書き

■2019年1月20日
 
映画を見ていて、清川玉枝さんの名前が、すっと言えないことに、こりゃダメだと自覚する。
3Gガラケーが壊れ、全データを消失。電話番号も、わからない。自分の電話番号と実家の固定電話の番号だけを記憶していた。大袈裟な表現かもしれないが、今後の行動というか、生き方を決定されるような出来事かも?
年賀状を出さない。連絡を取らない。それで、いいんだ、と思い込む。
黙々と、スキーとウォーキングと屈伸運動だけをやれ、ということかも?
自炊して、適度な運動と睡眠。
それで、いいんだ。

キャメラマン才能あり
「チワワは見ていた」空間把握力
「空の上3メートル」モノクロ映画全盛期は、当たり前だった地面を水で濡らす効果を、本作のように徹底して取り入れているのは久しぶりでは?そのカット(当然、夜のシーンが多い)を見るたびにゾクッと。工藤栄一監督作品以上に、こだわっているようだ?

この記事に

円尾敏郎 覚え書き

■2018年10月21日

岩手県八幡平市の安比高原を下から上へ、緩やかな坂道を登るのが日課である。
1、アトピー性皮膚炎を完治させるため。
2、映画館での映画の見すぎが原因?、の左側の腰の痺れを治すため。
3、一ヶ月少ししたらオープンするスキー場で、トラブルを起こさないため。

不思議な現象と思われるかもしれないが、ガラケーにトラブルの連絡が入っただけで、アトピー性皮膚炎が悪化することがある。平穏、安心がなにより。陽気であることも大事。心配性のアトピー性皮膚炎の方々は、なかなか治らないことに苦しんでいるかも?心配な事柄は、安心できるように潰していくというか、保険をかけるように、もしかの対策を施していくしか方法がないのでは?私の場合、ガラケーの電源を、家族へ電話するとき以外、オフにしている。そのうえ着信履歴も残らない設定にしている。親しい人は、私への連絡方法を熟知しているから心配いらない。60歳近くにもなって、直接、会わない、相手の顔を見て話すことができない、新たな知り合いなんて、いらない。スキー場で、いくらでも、尊敬できる先生に出会える。頭でっかち人間には、もう、こりごり。身体は正直だ。発言した通りに、頭の中でイメージした通りに、身体を動かすことの難しさを、スキーで味わっている。30度以上の傾斜角度のアイスバーンを自然体で滑り下りて来る人々は、ただただ美しい。見ている私の背中には、冷や汗が流れているのだが・・・

この記事に

円尾敏郎 覚え書き

2018年5月17日 、木曜日 琴平町にて「ふり袖小天狗」フィルム上映。

2018年5月18日 、金曜日 丸亀市にて「無敵わんぱく ハンター作戦」フィルム上映。

2018年5月19日 、土曜日 宇多津町にて「決闘高田の馬場」フィルム上映。

2018年5月20日 、日曜日 丸亀市にて「無敵わんぱく」「決闘高田の馬場」フィルム上映。

2018年5月22日 、火曜日 丸亀市広島にて「決闘高田の馬場」フィルム上映。

この記事に

円尾敏郎 覚え書き

2018年4月20日、金曜日、午後8時から、BSジャパンに丘さとみさん、石井一雄さん出演。出演映画作品に関してのトークは、映画祭などで何度も拝聴しているが、動く?映像でのトークとなると、初めてでは?

この記事に

円尾敏郎 覚え書き

2018年2月17日

久しぶりに、丘さとみさん、石井一雄さんと、六本木一丁目のスタジオで会い、いろいろ話す。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事