まんじゅうの拾いモノ

ビーチコーミング、ボトルディギング、化石を中心としたブログです。

七夕ディギング

房総は毎日雨なんですが昨日は休みになったので、小降りを狙って少しだけのつもりでビン掘りに向かいました。

いつもなら必ずタカラガイの浜を覗いてからのディギングなのだが、何故かビンの採れるハケへ直行した。
ひとつめのハケは崩れたハケなので、ほぼ棚に当たる事がないんですが適当に掘ってみたら




イメージ 1


↑おー、両口式目薬と軟膏ビンみたいの出てきた!
それっきり他には出ませんでしたケドね。
それから本命のパピリオのハケへ




パピリオのフタでも見つかればいいなぁ…くらいの感覚で掘り出した。
でもさすがにココも掘り尽くして、もう掘る場所が無いと思っていたのがオレの勘違いだった。
常識からは考えられないトコに棚があり陶器片やガラ、食べカスの貝殻が出始めた。
良い雰囲気の予告ガラに期待が高まる…すると…




イメージ 3


↑初っ端からスゲーのでたーー!
『壮眼水』です。両口式目薬のエンボス入りってなかなか出ないんだよね〜。
良さげなグリーンだし、あ〜ウレシいこの後は確変大フィーバーだったので画像がありませんが…





イメージ 2


↑目ぼしいモノだけでも、これだけ出ました
ここからは本洗浄後の画像になります。





イメージ 4


↑初見の佃煮系ビン?とアンバー水薬ビン。





イメージ 5


↑アクアブルーがステキな靴クリームor朱肉入れと底面に桜エンボスの軟膏ビン?





イメージ 6


↑オパールセントグラスっぽいウテナクリームビン。





イメージ 7


↑篠崎インキのインクビン。
新しめだけどキレイです。





イメージ 8


↑コレも驚いた!ぶどうエンボスのクリームビン。
しかもピンクアラバスター
平成ボトルクラブの方も採取されてますが未だ謎の多いクリームのようです。





イメージ 9


↑土の中にこのビンのお尻がずっと見えてましたが、このドキドキを継続したいのでしばらく取り出さず我慢しました。笑
南房総では稀産のコバルトビン。
円柱形状から『コロダイン』だと予測していたのだが、ノーエンボス。汗
でも恐らく神薬かコロダインだろうな。





イメージ 10

イメージ 11


↑これも初見!『シゲマ消化薬』
田尻資生堂 製ですよ、本家でない資生堂ではあるケド古い資生堂のビンは初めてだ〜
本家資生堂の開祖の福原さんは館山の方なのに南房総では古い資生堂ビンの産出がほとんどありません。






イメージ 12


↑洗浄するまではアンバーの参天目薬だと思ってました。
洗いながら…あぁあぁーー欲しかったレアカラーの黄色だぁーー




イメージ 14


↑この日の両口式目薬。
3本とも色違い形状違いエンボスにレアカラーで大満足。





イメージ 13


↑手持ちの両口式目薬
あ、あと3色…
みずいろとグレーとムラサキでコンプリートできます。
自採で全色コンプが目標です





イメージ 15

イメージ 16


↑『リゾホルム』です
八角ビンに4面エンボス入ってる〜!
『人體消毒新薬』
『ヨシマン リゾホルム』
『YOSHIMAN rezoform』
目盛りエンボス

となっております。
グリーンの色合いも超ステキ
こりゃあお宝ですね〜


アキラさんが神薬くれたんで神薬来るかな?と思ったケド、コバルトビンと『新薬』が出ました〜!
ニッキ、ペロペロ、コンペイが出ないのにこんなにウレシい大収穫もあるもんですね(^^)

開く コメント(9)

身も蓋も無い?

今日も雨の中、南房総へ。
まぁ海は凪てるかな?なんて思ったら波は荒れてるし風がーー!





イメージ 1


↑時折雨がザーッときますから非防水アイポンは持ち歩けません。





イメージ 2


↑という事で、いきなり結果発表〜。
タカラガイ狙いの浜を3箇所も歩いたのに…アジロ・クロシオ・エダカラ・擦れスレウミナシジ・クチムラサキ。でも久しぶりにキムスメGET





イメージ 3


↑結果としては残念なんだけど、アジロとクロシオとキムスメは南房総の特産タカラガイだからね、『南房総特産トリオ』コンプリートってコトにしておこう。





イメージ 4


↑既に見えちゃってたケド、ひょうちゃんの『昭和』バージョン。
これの令和バージョンが現在発売中なんだって。
インスタに『令和』と『平成』持ってる方がいて、その投稿を見たばっかりだったんだよね、そしたらよもやの『昭和』拾った‼
『昭和』持ってないみたいだから差し上げたいよね。



時間が経つにつれ、風がどんどん強くなってサンドブラストに…イテテテテ…たまらん。
波飛沫も酷く貝どころか周りもまともに見えねぇ…ということで少しだけディギングして帰ろうと向かった。すると…





イメージ 5


↑またパピリオでたーー!
しかもしばらく掘り続けるとフタがーー興味の無い方には分からないカモしれませんが、この蓋欲しがってる方が大勢いるんです…いや、いる気がします。笑

あとはみやこ染めとかヘンテコな灰皿?
ラスターの石蹴り欠けらとか。
まんじゅうジンクスでは他人にあげたり貰ったりすると自採できるんだよね、つい先日手持ちのパピリオを差し上げたばかりでした。





イメージ 6


↑たまらずハケで仮洗浄して合体

あ、あれぇ?絶対合うと思ったのに微妙にフタがデカイ。
しかもなんかカタカタしてる…





イメージ 7

イメージ 8


↑そんなワケないと、帰宅後に再合体。

あれ?やっぱりカタカタしてるしフタが大きい?
このハケからは茶碗、湯呑み、皿、徳利、急須しか出なかったし、このフタに合うような陶器なんて出なかったんだけどなぁ。
しかも釉薬具合も一緒で正方形のフタに円形の裏蓋。

うーーん審議になっちまった。汗





イメージ 9

イメージ 10


↑これが正解ならフタ無しパピリオと神薬を交換してくれたアキラさんに直ぐ送ってあげたいのだが…。

こりゃ良いモン見つけた!と思ったんだけどなぁ(^^)

開く コメント(16)

RECOVERY

昨日は皆んなでビーチコーミングの予定だったが集合時間までたっぷり余裕あるので南房総へ。





イメージ 1


↑先ずいきなりこんなボラ貝が。

イメージ 2


↑殻口スゲーなんじゃコリャ。

イメージ 3


↑確か殻長から見て三角になってるから『ミツカドボラ』だと思う、コレ完品は滅多に見ないな。
調べたら生息域は紀伊半島以南だもんね。





イメージ 4

イメージ 5


↑それからいつもアジロばっかりだけど、模様が2列しかない『2列フリーク』が拾えました。
既ににゅうたろうさんが拾っているので二番煎じではありますがオレも拾えました!





イメージ 6


↑あとは大した物ナシ。汗

雨には振られるわ岩場で転んでBBQ客に爆笑されるわ散々でした。泣



その後皆んなと合流し秘密のアレをビーチコーミングする予定だったが現場の状況が変化したからなのか潮見表の見方を誤ってしまったのか全く引かない…。
ギリギリまで様子をみようと相成ったのだが、それまでヒマなんで来る途中オレが見つけたハケってるぽい場所を見に行った。

すると表面採取のみでタムチンキを採取できました
拾ったのはオレじゃないケドね、オレはラナカ油のビンとビー玉のみ。
まぁ喜んだのはあの方だけだケド少しだけリカバリー。



しかし結局あそこを渡れず目的のアレはお流れに…そこで近場のビーチコ化石狙いに変更したが、ここも不調。
でも1人だけ正型ウニ化石でホッコリしてらっしゃる。
また少し上向きました。


最後に産地Yへ。
ここは皆んな相性が良くないので不発で終わるかと思ったが最後の最後でオレが腕足化石のあるポイントを発見。
皆んなを呼び寄せて、小さな砂山で潮干狩りのように我先に腕足拾い。
あっという間に砂山が無くなりましたが…





イメージ 7


↑こんなにデカイです、丹波産大栗ですよ
二枚貝でいうところのHが51mmありました!この産地のは大型とは聞いていましたが状態もすこぶる良く、争奪戦になりました…オレが説明してる間に手が沢山出てきて あ、あの…あぁ 笑
でも全員でシェアできました。




イメージ 8


↑腕足以外にはチヂミボラやヨウラク、キリガイダマシの普通種のみです。



主目的がダメで一時は皆んなガッカリしてたケド、帰りは皆んなニッコ ニコして帰れました。

『皆んなの笑顔 プライスレス』

やっぱり皆んなで行くならこうでなきゃね〜
来られなかった武ちゃ〜ん!次回は一緒に行こうね〜(^^)

開く コメント(18)

またイーストブルーへ

今日はKENさんとまりもさんとイーストブルーへ。
遠くから見えるイーストブルーは荒れてモヤがかかったようになっていました、後に分かった事ですが波飛沫が飛んで霞んでいたのです。
スカウターモードのオレとKENさんは厳しい戦いになりました、5分も居ればメガネが真っ白でホワイトアウト。汗
拭いても拭いても見えませんでしたよ。





イメージ 1


↑この画像では全く伝わりませんが、かなり荒れております。
時折遠くから「ゴゴゴゴゴ…」とジョジョばりの音響効果でした。





イメージ 2

イメージ 3


↑サメはオレにしては上質なホホジロともうひとつは欠けらでした。
歯根無いしセレーション擦れちゃってるケド歯冠はちゃんとしてるし。
これで自分用のネックレス作ろっかな
ああメガロへの道は遠いなぁ…。





イメージ 4


↑珍しく昼飯の写真撮ってみました。
なかなか美味しかったです、というか犬若食堂が閉店して解体され更地になってたなんて…初めて知りました。残念です。


このランチタイムの間に浜では先生と地元コーマーが活躍しており昼食後は何も拾えませんでした。泣





イメージ 5


↑結果発表〜。
これだけでした…カニの爪化石(ガザミ?)なんかも拾えましたケドね。
まぁもうひとつオレ達の内緒の目的は良い具合に達成できたからいいか。





イメージ 6


↑帰り道にKENさんに無理言って寄ってもらった気になるポイントにて表面採取。
「9」エンボスのおはじき。





イメージ 7


↑もう一箇所で石蹴り欠けら。
野球ボール図柄なのかな?


あまり結果は良くなかったケド梅雨の晴れ間にビーチコできて楽しかったです(^^)

開く コメント(16)

谷川の化石

何度かあの産地に行ったのですが、とりわけレアな化石は採れませんでした。
なんでオレ的にレアや不明の化石を取り上げてみました。





イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


↑『マキアゲエビス』でしょうか?
このテの巻貝はよく出るのでスルーなんですが、よく見たら現生でも全く見たことない個体でした。
外洋性らしいので現生を見かけないのか?
殻口はもっとクリーニングしたかったのですが付近にクラックがあるのでバラバラ確定っぽいので止めました。





イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


↑不明のフデガイかと思います。
無理して殻口をクリーニングし、フデガイ特有の歯は確認できましたが、あっちこっち割れちゃいました…完体だったのに。泣

フデガイにしては大きめだし、殻表が平滑で網目状や螺肋も無い。
フデガイで殻表が平滑って言うとイモフデ系とかしか知りません。
タマガイ系の食痕があるので比較的浅いところに棲むフデガイなんだと思います。






イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


↑不明の二枚貝??
知識の薄いオレはクリーニング途中で、「心の貝(ニッポンオトヒメゴコロ)キターー♪」とか思っちゃいました。笑

何でしょうコレ?ナミマガシワ系の貝殻でしょうか?
薄質なので裏側をクリーニングする自信全くナシです。
「下総層群産 貝化石図鑑」を見ても全く分かりません。

paratodusさんやいちじくさんは採取したことあるかなぁ…(^^)

開く コメント(8)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事