はてノ鹽竈

東北地方から日本史を眺めていきます。

全体表示

[ リスト ]

 龍川院ならびにその別院―玄光房・大満房―の移転縮小に関して、実は、私はあわよくば宮城県内の天台寺院、特に安養寺の消滅になんらかの因果を見出したく期待しております。
 前に触れたように、松島延福寺や安養寺などの消滅した天台寺院は、奥州藤原氏滅亡後にその重臣たちの剃髪隠棲を受けいれていたのではなかろうか、と勘繰っているからです。
 もし彼らがなんらかの形で追捕を逃れて温存されていたならば、単に奥州全域に顔が効くばかりではなく、鎌倉幕府への恨みを鬱屈させたままの高度な政治勢力であり、奥州でひとたび反乱が勃発すればまたたくまに強力な軍団を組織し得る存在でもあったはずです。言うなれば大河兼任の乱の再発です。
 五代執権北条時頼が天台延福寺を滅ぼして臨済円福寺として再興させたのは、その隠れた政治勢力の解体をもくろんだものではなかろうか、と私は勘繰っているのです。
 そのようなわけで、仙臺藩の公的儀礼に招かれることなどなかったであろう「玄光庵―仙台市青葉区通町―」が、仙臺開府後早々には切り崩されていたとはいえ、後の御一門格筆頭「仙岳院(せんがくいん)―仙台市青葉区東照宮―」の境域に匹敵するそれを領していた旨が伝わっていたことには興味を惹かれます。
 この玄光庵は、「龍川院―龍泉院:仙台市若林区新寺―」の別院「玄光房」が独立したものであるわけですが、本院たる龍川院―龍泉院―は、本来仙臺城大手門前にあったと伝わります。
 佐藤正美さんが発行・編集人となっている『100年前の仙台を歩く 仙台地図さんぽ(有限会社イーピー 風の時編集部)』所載の大正元年の地図で確認すると、「旧城門―追手御門:大手門―」の門前「工兵第二大隊營」敷地内―現:仙台国際センター敷地内―に、「龍川カ松 又大下馬ノ松 俗ニ番所ノ松」と見えます。
 このことは、「城門前に古松あり、世俗之を愛鑑し毎□獨酒十斤を以つて培養せしむ、松下に斥候處を設けて松樹番所と號す」と記す「龍川院縁起」の記述にも合致します。
 いにしえの龍川院―龍泉院―はたしかにこの地にあったのでしょう。

イメージ 1
「龍川カ松 又大下馬ノ松 俗ニ番所ノ松」跡
イメージ 2


 「龍川院縁起」は次のように伝えます。

―引用:『仙臺市史 資料編』所載「龍川院縁起」―
龍泉院建立年月日を知るに由なしと雖も、藤原秀衡の創建にして天台の巨刹と見えたり、後頽廢に及ひしを永正十三年三月本山宗得寺五世融室梵□禅師之を再興し―ママ:『封内風土記』には「宗禅寺五世觸墨他鯵山」とあり―、曹洞宗に改む、今の仙臺城青葉城は當城―ママ:「當院」の誤写か?―の舊跡なり、慶長年中伊達政宗公築城の地を卜し、要害の勝地なりとして?朴に築くや、龍泉長泉の二寺を移轉せしめむ、城門前に古松あり、世俗之を愛鑑し毎□獨酒十斤を以つて培養せしむ、松下に斥候處を設けて松樹番所と號す、今の牙城は長泉寺の舊跡にして外城は當院の舊跡なり、又別院に大満房[虚空蔵山大満寺縁起に天正元年龍川院三世景山和尚中興]、玄光房[喜福山玄光庵縁起ニ元亀三年龍川院二世明屋和尚開山]等ありて、千体佛を安置せり、故に之を以つて城に名付け千代の久遠に傳へんが為に千代と號す、後仙臺にあらたむ、(下略)

 なにやら、そのまま俗に言う「仙臺の地名由来」に深く関わる寺院であったことがわかりますが、それはさておき、龍川院は、奥州藤原三代秀衡創建の天台の巨刹が頽廃(たいはい)―退廃―していたものを、永正十三(1516)年に宗禅寺の五世何某和尚が、曹洞宗の寺として再興したもののようです。
 玄光房は、その56年後の元亀三(1572)年に龍川院の二世の和尚によって開山されたわけですから、これも当然曹洞宗の寺といって良いでしょう。
 つまり龍泉院並びに玄光房は、伊達政宗が当地に府城を建設し始めた慶長五(1600)年の時点において曹洞宗の寺であったことがわかります。
 ということは、これらの移転縮小に関して天台寺院云々は関係なく、あくまで純粋に仙臺城普請に伴う土地収用及び換地であったと言えそうです。
 さて、成仏されない問いは残り続けます。
 玄光庵は龍泉院の別院玄光房が独立したものであったわけですが、それが何故に本院である龍泉院よりもはるかに広大な城下最大級の換地を受けるに至ったのでしょうか。
 あくまで想像ですが、もしかしたらその換地の場所に古くからの熊野神社があったからではないでしょうか。
 『残月臺本荒萩』は、「本より右玄光庵の鎮守にて。大社大地なり」と前置きをした上で「右此社地は〜」と先の条里解説を続けていたわけで、玄光庵自体が鎮守の大社たる熊野神社の社地に移転して築かれたもの、と読むことも出来ます。
 『封内風土記』には、「在玄光庵中。同上。傳云。此社舊北七番丁。井上九郎兵衛宅地。而同處成田萬之丞宅中。有御手濯。 往古有祝部移巫女等。自何比荒廢移社于今地乎。共不傳。」とあります。
 つまり、熊野神社はかつて北七番丁の井上九郎兵衛宅にあり、また、同所の成田萬之丞宅には御手濯―御手洗池(?)手水社(?)祓所(?)―があり、往古祝部巫女などが存在していたものの、いつ荒廃して現在地に移ったのかは不明である、とのことです。
 なにしろ、この熊野神社は仙臺城下の底地の大部を成す宮城郡荒巻村の総鎮守でありました。
 境内に掲げられた由緒には、「第八十三代土御門天皇の御代御勅宣を以って宮城郡荒巻邑総鎮守として奉祀すべき〜」とあり、また「縁起曰」として、「荒巻邑堺際者西、郷六折立立川限東、藤松限北、根白石早川限南ハ鎰取堺此地、出産之者、皆産子也」とあります。
イメージ 3


 荒巻邑に生まれたものは全員「産子(うぶこ)―氏子―」である、などと、あらためて表現されるとなかなかの迫力を感じますが、建久九(1198)年、後鳥羽天皇の譲位によって四歳にして践祚、即位して、そのわずか12年後の承元四(1210)年には父後鳥羽上皇から強制的に弟順徳天皇に譲位させられた「土御門天皇」の“勅宣”とは、なんとも微妙です。
 いずれ、奥州藤原氏滅亡からまもない頃に勧請されたということなのでしょう。
 ここにはやや思うところがあります。
 「囚人佐藤荘司。名取郡司。熊野別當。蒙厚免各歸本處云云」といった記述が『吾妻鑑』にあるからです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事