はてノ鹽竈

東北地方から日本史を眺めていきます。

陸奥国分寺と志波勢力

[ リスト | 詳細 ]

 東北地方のヤマト化以前になんらかの勢力を仮想し、それを“志波勢力”と仮称し、その形跡を探してみます。
記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

志波彦と志波姫

 仮説に仮説を上塗りしているので、取るに足らないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、私は陸奥国分寺建立以前、その場所には志波彦神社、そして尼寺の場所には志波姫神社が鎮座していた可能性が高いのではないかと考えております。
 陸奥国分寺・尼寺があるこのエリアは、往昔仙台平野の中心的“都市”が成立していたと思われますが、「遠見塚(とおみづか)古墳」の被葬者はその古代都市(集落)のリーダーであったと推測されます。もしかしたらこのリーダーは、弥生期に入って後このあたりの荒れた湿地をうまく利用できるような、なにかテクニカルな一面(農業技術や製鉄技術など)を持ち合わせていたのかもしれません。仮に“よそ者”であっても、そんな“よそ者”であれば地元では神のように尊敬され歓迎されたことでしょう。やがて土着した“よそ者”が、地元の有力者の娘あたりと結ばれたことも考えられると思います。志波彦・志波姫の一対祭祀はそれを記念すべく始まったものではないのでしょうか。
 遠見塚古墳からは、人間の身長の数倍もある棺が二基発掘されております。おそらく夫婦と考えるのが穏当でしょう。もしかしたら、この二基の主(あるじ)こそがよそ者リーダーと地元の娘、言い換えれば“志波彦と志波姫”だったのではないでしょうか。とは言うものの、総本山である東大寺と法華寺は奈良(平城京)にあるわけで、それらまで志波彦・志波姫のために建立されたものと言うつもりはありません。
 しかし、私が想像した「よそ者と地元実力者の娘の婚姻」という展開は、わりかし全国各地によくありがちな話で、その最たるものが『日本書紀』の「神武(じんむ)の東征」の項にある「饒速日(にぎはやひ)」と、地元の豪族「長髄彦(ながすねひこ)」の妹「三炊屋媛(みかしきやひめ)」の婚姻ではないでしょうか。これについては、私のブログタイトルでもある“はてノ鹽竈”を語る上でも大変重要で、思うところもありますので、後にあらためて語らせてもらいます。

大阪府東大阪市にある「石切登美霊社」
イメージ 1
イメージ 2

 何はともあれ、一対としての祭祀というものはおおむね同じような起源を持つのではないかと想像します。それをおおまかに二分するならば、「平和的な融合の記念」である場合と、「征服した勝者による敗者信仰の融合(吸収合併)」である場合、つまり怨霊信仰が根強い我国の性癖として、敗者側の信仰を第一義に置き換えたために勝敗両者の一対となった場合とがあるのではないでしょうか。
 いずれ、それらの全てをこじつけるつもりは今のところございません。ただ、遠見塚古墳の被葬者と、志波彦・志波姫の夫婦を関連づけて考えることは、さほどに不自然な話でもないように思っております。
 もし国分氏が祀り続けてきたものが、実は国分寺ではなく、その志波神だとしたら・・・。
 いずれにしても、“宮城野”などと呼ばれた広義のこの地(後の国分荘)は、遠見塚古墳造営後1000年以上の長きに渡って一大聖地であり続けたことは間違いないものと思われます。

伊達政宗の隠居屋敷

 独眼竜伊達政宗は、新しい天下人となった徳川家康に、新拠点の居城の普請を申請しました。結果として政宗は青葉山と呼ばれる現在の場所に普請をしたわけですが、このときの逸話として、実は政宗は四箇所の候補を挙げていたと言われております。
 千代(青葉山)、野手口(仙台市太白区にある現在の大年寺(だいねんじ)山)、日和山(宮城県石巻市)、そして藤原泰衡が鎌倉軍迎撃の本部を設けた国分原鞭楯(こくぶがはらむちだて)――現在の榴ヶ岡公園――です。
 その中で家康に申請した第一候補は千代(青葉山)のようでした。ところが、実は政宗の本心は「国分原鞭楯(むちだて)」が第一候補だったというのです。家康が自分を警戒していることを熟知していた政宗は、絶対に第一希望の案は受け入れられないと考え、本来の第一希望を補欠候補のように申請したというのです。ところが、家康もさすがは天下人、所詮政宗が考えるだろう小細工を見抜いていたらしく、皮肉にも第一候補をすんなり受け入れてみせたようです。
 これらがどこまで本当なのかはわかりませんが、両者の駆け引きとしていかにもありそうな話で、少なくとも、当時の人達が両者の性格をどう考えていたのかを垣間見れる面白い逸話かと思います。
 ちなみに、一説には本来の第一候補は北上川河口の宮城県石巻(いしのまき)市の日和山(ひよりやま)だったという説もあります。しかし、私はそのセンはなかったと思います。城普請の当座の目的が上杉景勝(うえすぎかげかつ)の牽制であったことを考えれば、石巻では少々不自然です。石巻が重要視されたのは、もう少し時を経て、天下が徳川の世に落ち着いてからのことでしょう。例えば、政宗がヨーロッパ勢力と結び、幕府の牽制(あるいは転覆)を企んでいたと言われたあたりか、あるいは、家康に与えられた62万石では満足できず、米の流通で地力を養おうと発想の転換を決めたあたりではないかと思うのです。かつて、ライバル芦名氏を滅ぼした直後には約120万石(実質200万石とも・・・)にまで勢力を広げた政宗です。最低でもそのくらいまでは財力を回復したかったのではないでしょうか――実際にその後、江戸の米の1/3は仙台米と言わしめるまでになりました――。
 さて、注目すべきはその伊達政宗の隠居屋敷です。政宗は、なんと自らの隠居屋敷として、陸奥国分寺にほど近い「若林城(仙台市若林区古城・現在の宮城刑務所)」を選んだのです。なにしろ一国一城令が出されている時代です。それでなくとも仙台藩には櫓と称する二つ目の城(片倉小十郎の白石城)があるだけでもイレギュラー状態だというのに、よくも許されたものです。政宗がいかに特別な存在とされていたかがわかります。一応はあくまで屋敷という扱いだったようですが、実質はとんでもありません。かつて国分氏の城塞があったこの地に、政宗は城の四方の外縁に敵の側面を狙いやすい「張り出し」を設けていたようですし、土塁の高さは6m、堀の幅は約54mもあったといいますから十分に堂々たる平城だったようです。

若林城跡地(現:宮城刑務所)
イメージ 1
イメージ 2

 若林城が政宗の隠居屋敷とされたこの時期、周辺には仙台城下に匹敵する賑わいがあったらしく、仙台は二元都市の様相を呈していたようです。陸奥国分寺周辺は久しぶりに賑わいを取り戻したのでした。遠見塚古墳の被葬者はどんな思いでそれを見つめていたのでしょうか。
 ところで、その遠見塚古墳の命名の由来にこんな話があります。
 政宗は若林城から見える小高い塚を指し、「あの遠くに見える塚はなんだ?」と家臣に質しました。家臣は「遠くに見える塚ですから、遠見塚でしょう」と答えたといいます。そんな答えに政宗が納得したとは考えにくいのですが、実話だとすれば政宗がユーモアを受け入れたのか、あるいは老いぼれたのか・・・狡猾で冷徹なイメージになりがちな政宗にどこか暖かい人間味を感じます。
 それはともかく、この話のおかげで政宗の時代には遠見塚古墳が“古墳”であるという認識がなかったことがわかります。しかしそれでも政宗がこの地を隠居屋敷に選んだのは、「国分寺が鎮座する由緒ある地」ということと、あくまで想像ですが、本来の第一候補、藤原泰衡の本陣付近に拠点を持ってきたかったからではないかとも勘繰れます。もしかしたら、この地――国分原(南小泉も含めた宮城野の地か)――には、古来から“奥州の中枢”というブランドのようなものが――漠然とながらも――確立していたのではないでしょうか。

東街道と活断層

 前々回に触れた「東街道(あずまかいどう)」で思い出したことがあります。
 東街道がこの地の大動脈であることは既に述べました。伊達政宗が“仙台”という首府を築いて以降“大動脈”の座を奥州街道(ほぼ現在の国道4号のルート)にとって代わられた感もありますが、その歴史の厚みは比較になりません。果たして東街道のルートはいつ頃から存在したのでしょうか。

仙台市宮城野区原町を抜ける旧東街道
イメージ 1

 奈良時代に創建されたとされる「多賀城」以前の国府的な役割を果たしたものとして「郡山官衙(こおりやまかんが)」があります。場所は仙台市太白区郡山(以前触れた諏訪神社もそのあたり)ですが、発掘成果などからもほぼ確実です。
 しかし、陸路交通としてはその郡山官衙よりも山寄り(西寄り)に走っていた東山道(とうざんどう≒東街道)こそが大動脈だったようです。その東山道に沿った名取市高館(たかだて)の「高館」は「多賀舘」すなわち多賀城の前身であった、という説もどこかで見たことがありますが、あながち荒唐無稽な説でもないのかもしれません。
 もしかしたら、郡山官衙はある程度この地がヤマト化してきて安全になってから、あえて “海路”に利便性の高い河口付近の平地に移転したものなのかもしれません。
 例えば後年の多賀城などは、政庁の外郭築地の東門が内側へ凹字型になっており、あたかも正門の様相を呈していたことがわかっております。しかも陸奥国の「総社(そうじゃ)」はこの東門付近にあります。

イメージ 2
イメージ 3

 以前にも述べましたが、総社とはその国の主だった神様をまとめて参拝できる神社のことです。国府の制度が定着してきて、地方に政府の要人が駐留あるいは来訪することが多くなってきますと、いちいちその国の重要な神社を回って参拝することが大変な手間になってきます。そこで国府の近くにその国の重要な神々にお集まりいただく社を造営し、政府の要人達が一ヶ所で用を済ませられるようにしたものが総社なのです。
 中央の官人たちは、たいてい国府に入る前に神々にごあいさつするので、他の国の例をみても総社は京からみて国府より手前にあることが一般的でした。
 しかし、多賀城(陸奥国府)においては何故か京(南西方向)からみて奥(北東方向)に総社があるのです。このことから鹽竈神社元宮司の押木耿介さんは、当時中央から陸奥国へ来る手段は主に海路の利用であっただろうことを指摘しております。
 もし、遠見塚古墳の被葬者の勢力(私が思うところの志波勢力)が、渡来系にせよ中央豪族系にせよ海から来たものであれば、後継者の雷神山古墳が北上ではなくヤマト朝廷方面に南下していった謎も解けそうです。
 それはともかく、東街道(≒東山道)を眺めておりますと、縄文時代から古墳時代といった実に古くからの遺跡が連綿とした時間の厚みをもって連なっております。そして実はまことに奇妙なのですが、仙台市民が今最も恐れていると言っても過言ではない“活断層”「長町利府(ながまちりふ)線」のラインとも一致しているのです。
 古代人はそのことを知っていたのでしょうか・・・と、展開すればミステリアスなのですが、これについては私なりに合理的な見解があります。
 仙台平野を潤す河川は、冠川(七北田川)も広瀬川も名取川も阿武隈川もなかなかの暴れ川だったようです。昔は現在のように治水技術も整っていなかったでしょうし、ある種全ての川が暴れ川といってもいいのかもしれません。しっかりとした堤防のない川というものは、例えば固定していないホースに水を供給するようなもので、自在に暴れまくります。山間部など地盤の固いところを長年流れ続けて侵食された岩盤が渓谷のようにルートを固定してしまえば落ち着くのでしょうが、それらが突然ゆるやかな平地に放り出されたとたんに蛇行を始めます。おそらく現在の広大な平野部分はほとんど荒れてぬかるむ湿地地帯だったと思われます。
 縄文人を含め、人々が比較的長距離を移動する際には当然ながらぬかるむ湿地帯は避けたでしょうし、かといって見通しが悪い山林を掻き分けるわけでもなく、見通しも足場もよい場所、つまり湿地帯から少し高い堤防のようなところを歩いていたのだろうと思うのです。仙台周辺においてはまさにその“堤防もどき”が活断層によって形成された高低差だったのではないでしょうか。おそらくそうやって自然発生的に形作られた踏み分け道(?)が東街道の起源だったのではないかと思うのです。仙台市内東部の田園地帯から都心部方面を眺めると異様な光景に気がつきます。もちろん都心部ですから高層ビルが林立しているからというのもありますが、それとは別次元で都心部全体が台の上にあるかのように見えるのです。仙台は活断層で分けられた高い方の地層部に発展している都市なのです。
 平安末期、100年の栄華を誇った奥州藤原氏が滅亡しましたが、最後の当主藤原泰衡(やすひら)は、源頼朝との最終決戦に備え、国分寺を見下ろす「国分原鞭楯(こくぶがはらむちだて)」と呼ばれる小高い丘(現在の榴ヶ岡公園)に自らの総司令本部を構えました。

国分原鞭楯跡(榴ヶ岡公園)
イメージ 4
イメージ 5

 実はこの国分原鞭楯も、まさに「長町利府線」と呼ばれる活断層の高い方の地盤上に展開している平場なのです。

志波勢力の神殿

 下世話ながら、前回の『仙臺叢書 第八巻』記載の引用文を私なりに現代風に意訳してみました。

――意訳――

案ずるに、いつの時代から仙台市若林区木ノ下の地に(白山神社が)祀られたのかは詳らかではない。
一説には、この地では往古志波彦大神を祀っていたという。この社は当宮城郡の延喜式名神大社である。志波彦神社の鎮座地が――大正七年時点では鹽竈神社に遷し祀られているがそうではなく――岩切(仙台市宮城野区)の冠川河畔北のそれを指しているとは言え、その地は狭く大社を設けるにはとても足らない。また、地元では白山神社は志波彦神社であるという説もある。
これを古文書で検証するならば、源重之が奥州の長官として多賀城に赴任しているとき、「其集中に三月。祭によりて雪を冒して。小鶴(こづる)を過る」という歌を詠んでいるのだが、三月、祭りのために雪中わざわざ赴く、という意味だろうか。
ましてや三月の祭礼(白山神社の例祭日は3月3日、志波彦神社は3月29日)といい、多賀城から――岩切より遠くにある――小鶴(仙台市宮城野区)を通過することといい、これは木ノ下(陸奥国分寺白山≒志波彦)の祭礼に赴いたものと考えられる。識者はよろしく考証されたし。

といったところでしょうか。
 ここにある「小鶴」という地名は、「東街道(あずまかいどう)」のルート上にあります。「東街道」は、当時の陸路交通の大動脈です。宮城郡においては、京から見て国分寺のある木ノ下から多賀城に向っております。「小鶴」は、国分寺から多賀城に向えば、志波彦神社があったとされた岩切より手前にあります。つまり逆に多賀城からみれば岩切より奥にあるということになります。
 この記述が言いたいことは、おそらく多賀城から志波彦の祭礼に向うことを歌ったものに「小鶴を過ぎて」というくだりがあることから、それはつまり「志波彦が岩切ではなく木ノ下にあった」ことの傍証だ、ということなのでしょう。
 余談ですが、まさにこの道こそが「松尾芭蕉(まつおばしょう)」のいう「奥の細道」です。

岩切を流れる七北田川(冠川)に架かる今市橋。
イメージ 1
芭蕉は主にここから多賀城までの街道(写真右の堤防沿い)を「奥の細道」と呼びました。 かつてのこのあたりは渡し舟が往来する渡船場でもあり、志波彦神社はそのような場所に鎮座していたのです
イメージ 2
イメージ 3


 いずれにせよ「往古、木ノ下の白山神社の地には志波彦神社が祀られていた」という話が地元で伝えられていたことには間違いありません。また、以前の記事でも述べたように、一説にはこの白山神社が陸奥国分寺の創建時には存在していたとも伝わっております。仮にそうだとして、その時期に白山神社として存在していたのか、志波彦神社として存在していたのかが気になるところです。
 もしかしたら、この地の志波勢力の神殿として存在していたものが、陸奥国分寺建立にともないその地を譲ったのではないでしょうか。当初は陸奥国分寺の守護神として境内に残っていたのかもしれませんが、やがていつの時代かに白山神社として塗り変えられたのではないのでしょうか。
 以前の記事で、ニワタリ神を検証する上で「2」という数字が重要であろうという投げかけをしておりました。そう思う私なりの根拠はこれまでも少しずつ露出はしているのですが、その話題の離陸のためにも、まだしばし滑走路を走りつづけてみたいと思います。
 多少なり結論を含んだところで申しあげれば、“2(ニ)”というのはそのヒントをくれた「二柱神社」の名前が語るそのままなのですが、どうも夫婦にせよ兄妹(姉弟)にせよ“一対”という部分にポイントがあるように思えます。これまで一対を軸にする話題はいくつかあげてまいりましたが、ここにあらためて国分寺自体も尼寺との一対であることを思い出すのです。

陸奥国分尼寺
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
当然ながら法華“滅罪”之寺です。
イメージ 5

 数年前の話しですが、そのようなことを思いいろいろ調べている中で、私は、「風琳堂(ふうりんどう)」という出版社を知るに至りました。風琳堂は、歴代の権力者によって歴史から抹殺されつつある「瀬織津姫(せおりつひめ)」という女神の研究に、社命をかけてとりくんでいる出版社です。
 さしあたり風琳堂の出版物で、菊地展明さんの著書『エミシの国の女神』を探し求め、何度か読みふけり、同社とコンタクトをとることにしてみました。同社の社長、通称“風琳堂主人”さんは、実に熱く私の質問に応じてくれて、今でもたくさんの情報をご教示くださっております。
 さて、そんなある日、風琳堂主人さんが某所から陸奥国分寺について衝撃的な記述を見つけ、私にご教示くださいました。
 なんと、陸奥国分寺跡にある白山神社が、実は本来“志波彦神社”であったというのです。

木ノ下白山神社
イメージ 6

 さすがに鳥肌が立ちました。
 その記述は『封内風土記』にあるということで、私はすぐに図書館に走りましたが、なかなか見つけられませんでした。
 ようやく見つけたその記事は、封内風土記には違いないのですが、厳密にはそういった史料をまとめたシリーズの『仙臺叢書』の第八巻で見つけたのです。しかも記事本文というよりも、木ノ下白山神社の項での注釈として書かれた、言うなれば日本書紀でいうところの「一書に曰く」のようなものです。これは大正十四年発行のもので、少々現代人には読みづらいのですが、以下のような記述です。

――引用――

按するに。何れの代より。木ノ下に祭りしや詳らかならず。或曰。此地往古志波彦を祀る。是當郡の大社なり。岩切の河北を。指していふといへども。其地狭隘大社を設るにたらず。且郷人白山は志波彦たるの説あり。是を古書に考ふれば。源重之奥州刺史として。多賀城に在しなるべし。其集中に三月。祭によりて雪を冒して。小鶴を過るの歌あり。思ふに三月。祭りにより雪を冒して行く者か。況んや三月の祭禮といひ。多賀城より途を小鶴にとるといへる。木ノ下の祭禮に赴きしに似たり。識者宜く併考すへし。

 志波彦神社の謎は深まるばかりです・・・。しかしその一方で、おぼろげななにかは見え初めているように思います。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事