19年 墓前礼拝

イメージ 1

                       ノートル・ダム大聖堂を覚えて 8      右端クリックで拡大





                             19年5月墓前礼拝
                                              ヨハネ黙示録3章20節
                                              ヨブ記9章6、9、11節
                                              ヨブ記12章7‐10節



                                 (1)
  この礼拝は、ここに葬られた50人程の皆さんを覚えての墓前礼拝ですが、Aさんの納骨の辞も兼ねてお話いたします。

  今年も私たちは懐かしい方々の所に来て、まるで古里に戻ったような気がしないではありません。Bさん、Cさん、Eさん…と、懐かしい方々のお名前があり、最後に大山教会を開拓したドンのような大塩先生のお名前まであるので、ホッとするというか、安堵するというか、胸にこの人たちとの楽しい思い出が湧いてまいります。

  それぞれ祖父母や父母や妻や夫、肉親である方であり、ありし日は共に笑い、涙し、肝胆相照らし、語り合った友たちであり、時には人生と信仰の戦友のような方々です。

  そして今日また新たに、母であり、祖母であり、私たちの思い出深い友のお一人が、納骨されようとしています。Aさんとは、丁度21世紀を迎えた頃から、約20年間、板橋大山教会において信仰と友情を深くすることが出来、深く感謝を申し上げると共に、ご家族の悲しみを私たちもお分かちさせて頂きたいと思います

  Aさんは存在感のある方でした。そこにいるだけで安心できるというか、色々な事があっても、この方がいると、まあ、何とかなると安心できる存在でした。随分前に、教会のリフォームの工事を10月末に控えて、その年のバザーは出来ないのでないかと皆、躊躇していましたら、Aさんが立ち上がって片手を突き出し、「さあ、今年もやるぞ」とおっしゃって、一件落着したことがあります。仕切る人でありませんが、最後のとどめを刺すというか、結論はこうと言ってくれる存在でした。腹が座っていたのです。

  私はこの9か月、特別な恵みを頂きました。Aさんのお骨を仕事机の前に置いて、目と鼻の先で毎日「おはようございます」と対面しながら暮らすことが出来たからです。93年の人生を振り返ることは勝手には誰もできません。しかしこのお方が存在なさった深い意味を感謝して受けとめ、かけがえない人生をお送りになった事を、お骨というこの方の分身を、僅か1年弱でも近くにお置きして、黙想しつつ生活すること。それは特別な恵みの時でした。

  Aさんだけでなく、このお墓に入っている方々は皆、お骨を牧師の前に置くかどうかはともかくも、そのように教会によって受け止められ、覚えられ、やがてここに入られた方々です。

  キリスト教の弔いは、その方の人格、存在そのもの、その方の中核である魂を、こうした人格的出会いとして大事にすることです。それは会社、企業、営利、お金、経済、そんな価値観ではありません。人を利用する価値観とも異なります。それらは世界のごく一部分をなしている価値に過ぎません。神に創造された実際の世界はもっと大きく、深いものです。私たちが裸で来、裸で帰って行く世界は、もっともっと巨大で且つシンプル。4次元でなく、6次元でなく、10次元をも超えて、且つシンプルです。私たちが来た時の姿で、また行くのです。土に帰り、灰に帰り、チリに帰ります。労苦の結果を何一つ持って行くわけではありません。

  聖書は語ります。「神は大地を、その立つ所で揺り動かし、地の柱は揺らぐ。…神は北斗やオリオンを、スバルや南の星座を造られた。…神がそばを通られてもわたしは気づかず、過ぎ行かれてもそれと悟らない。」(ヨブ記9章)

  「獣に尋ねるがよい、教えてくれるだろう。空の鳥もあなたに告げるだろう。大地に問いかけてみよ、教えてくれるだろう。海の魚もあなたに語るだろう。彼らはみな知っている。主の御手がすべてを造られたことを。すべての命あるものは、肉なる人の霊も、御手の内にあることを。」(ヨブ記12章)

  人類が生まれる前から、永遠から永遠まで実在して来た、その様な世界から、私たちはこの世界を見、奥村さんも、他の方々も、神と出会い、イエスと出会って、ご覧になっておられたのです。人間が世界の中心にいるのではありません。

  人生は旅です。永遠から永遠まで実在する世界にありながら、来たる所も、行先も知らないのです。しかし、永遠の古里を目指して、巡礼の旅をしているのです。

                                (2)
  Aさんが長く親しみ、座右の書にされた一冊の書、ハレスビー著「みことばの糧」は、召されて間もなく、お孫さんのFさんがこれらは教会で使うか処分して下さいと頂いたものの一冊で、誰も見る者がなく、私が記念として頂きました。

  その中から抜粋して読ませていただきます。………

          (完)


                                        2019年5月12日(日)
                                               午後2時30分




                                           板橋大山教会  上垣勝



  ヤフーの板橋大山教会ホームページは、2019年3月31日で終了しました。

  後日、ホームぺー作成の予定。

                             ・

開く コメント(0)

挫折が始まりでした

イメージ 1

                       ノートル・ダム大聖堂を覚えて 7      右端クリックで拡大





                                                   背後の祈り (下)
                                                   ルカ6章12‐16節



                                 (3)
  さて12人はどんな男たちでしょう。少し詳しく辿りますと、先ず、「イエスがペトロと名付けられたシモン、その兄弟アンデレ」。彼らはガリラヤ湖の漁師の兄弟で、父と舟を残してイエスに従った男たちです。決断力のある男たちです。

  ペトロとは岩や石を指すギリシャ語ですが、兄のシモンに「ペトロ、岩、石」というニックネームを付けられたのです。彼は岩のように固い信念の男、イエスをまことの主とすることにおいて人後に落ちぬ、信念の人になると見抜かれたのかも知れません。だが少しは石頭の所もあったかも知れません。兄に対し弟のアンデレは、大人しい人物です。兄が、例えば猛々しい武男君だとすれば、弟は静男君ともいえる人物です。だが兄と違って、一般的に弟は兄が叱られるのを見て育ちますから、要領のいい男だったかも知れません。多少夢見る所があり、ひ弱な消極的発言もしています。もしかすると草食系男子かも知れません。

  次の、「ヤコブ、ヨハネ」も兄弟で、ガリラヤの漁師です。彼らは母親の血を引いて、競争意識の強い、抜け目のない兄弟だったようです。しかし抜け目のなさとは逆の事ですが、彼らはボアネルゲ・雷の子と呼ばれるほど、激しやすく切れやすい兄弟だったのです。そんな2人でありながら、いつかはイエスの左大臣、右大臣になる機会を窺っているような人物でした。

  この4人だけを取っても、今日、どこかの事務所の一角で働く、4人の男たちの難しい人間関係を想像できるでしょう。

  フィリポも先の4人と同郷、ベトサイダ出身ですが、その他の事は詳細不明です。バルトロマイとヤコブの子ユダ。彼らはフィリポ以上に更に詳細が分かりません。

  次のマタイは徴税人でした。計算が抜群で、他の者より経済観念が発達していたでしょう。冷静な男ですが、強制取り立てという暴力的な仕事の世界も知っている男です。そういう徴税人の仲間を多く持つ男で、その種の仲間に信頼され、先が読める人物だったと思われます。ただ彼がイエスの呼びかけに惹かれて、その仕事を即座にやめています。

  トマスは、やがて復活のイエスに出会っても、あなたの手の釘跡に触れ、わき腹の槍跡を確認しなければ、私は信じないと語るほど、懐疑的な人物として知られています。

  「熱心党と呼ばれたシモン。」熱心党はゼロテ党と呼ばれ、非常に愛国的な行動派のユダヤ人で、いつも暗殺のために短剣を忍ばせる武闘派。ローマ帝国との武闘を辞さない革命家だったかも知れません。

  そして最後に、「後に裏切り者となったイスカリオテのユダ」。12使徒の中には、裏切り者まで含まれていました。ただ「最後に」裏切り者になったのであって、この時はまだ決して裏切りを行なう人ではなかったでしょう。むろんイエスは彼も祈りぬいた末に、使命を託せるものとして、信頼してお選びになった筈です。

  いずれにせよ、12使徒とか12弟子とひとことで言っても、決して一つにまとめ切れない男たちです。大人しい者もいますが、荒くれ者もいますし、非常に冷静沈着な冷めた男もいます。かと思うと急に雷を落す雷の子たちもいます。どこの馬の骨ともわからぬ者もいますし、大物風の者も小者もいます。大人もいますが子どもっぽい人も加わっています。右から左まで、様々です。

  12使徒は教会の原型と申しましたが、現実の教会も決して一つにまとめ切れない人の群れです。だから面白いし、苦労だし、ダイナミックに教会は歩んでいくのです。全くの一枚岩だと画一的でファッション・モデルの顔のように面白くありません。

  ただ12人に共通なのは、この時はまだそうではないですが、やがて全員がイエスを見捨てて逃げた事でしょう。イエスの十字架の一番大事な時に逃げ、暫く姿をくらまし、やがて集まって肩を寄せ合い、息を凝らして潜んでいましたが、復活のイエスに出会って、やがて見違えるほど変えられて行きはしますが、12人は皆、同様に脛(すね)に傷もつ男たちです。しかも拭い切れない傷です。皆、やましさと弱さをひっさげて生きる、罪人の頭(かしら)ばかりです。

  だがこの挫折こそが、彼ら12使徒の本当の始まりになります。イエスから託された福音を、世界に持ち運ぶ人達になったのは、この挫折の経験を経、それを乗り越えた所からです。しかも神の一方的な憐れみによって乗り越えた所からです。神の恵みの選びがあったからです。

  イエスが夜を徹して祈られた末に彼らをお選びになったのは、こういう罪人の頭(かしら)たちの恵みの主であろうとされたからでしょう。そして罪人の頭たちの恵みの主であることを恥じられなかったのです。

  そもそもイエスは神から遣わされて、罪のない世に来られたのでなく、罪の溢れる世に来られたのです。ですから、あなたは罪人だから駄目。あなたはどうだから、こうだから人間失格、ダメダメ……。そんなことはあり得ないのです。罪ある人たちを愛して神の子にしようとしてこの世に来られ、何とかして彼らを神に連れ戻したいと言うので十字架について血を流されたのです。

  いずれにせよ、これら12人も、私たちも、優れた立派な、無傷の、完全な者だから選ばれたのではないのは確かです。ただ神の国のために、私たち不完全な者も、へばりがちな者も、必要とされて恵みによってお選び下さったのです。

  ですから、結論的に言える事は、この12人が生涯証ししたのは、自分の背後に、罪さえお赦し下さるイエス様の夜を徹した鋼鉄のような祈り、しかし折れそうな祈りでなく、愛の祈りであり、選びの祈りであることです。キリストの命は価なき者にもふんだんに注がれるという証だったに違いありません。

  つづめて言えば、使徒たちがイエスから託された使命とは、罪人をかくまで深く愛し、お赦し下さるお方が来られた。このお方の下で、私たちの人生は新しく始まるのだ。キリストの命が、信じる者一人一人に注がれるのだ。そしてこの世界も、人類も、あなたの人生も新しい夜明けを迎えているのだという事であったでしょう。どんなにつらい事があっても、最後まであなたを背負って行こうと主が言って下さることです。

  弟子たちは、これが弟子であるという画一的なユニフォームを持ちません。ただ心を込めてイエス様のために、自分にできるだけの事をする人であることだけです。むろん、言葉だけでなく、真実を込めて、転んでもまた立ち上がって、自分が置かれている所で、イエス様のため、神の栄光のために生きようとする人たちだと言っていいでしょう。生涯続く、背後からの選びの祈りがあるからです。


        (完)


                                           2019年5月12日




                                           板橋大山教会  上垣勝



  ヤフーの板橋大山教会ホームページは、2019年3月31日で終了しました。

  後日、ホームぺー作成の予定。

                             ・

開く コメント(0)

再び立ち直ったら

イメージ 1

                       ノートル・ダム大聖堂を覚えて 6      右端クリックで拡大





                                                   背後の祈り (中)
                                                   ルカ6章12‐16節



                                (2)
  どうして、夜を徹する程の重い、真剣な祈りをされたのでしょう。そのきっかけは、12人の選びの直前の、6章の最初で、イエスとファリサイ人たちの安息日論争がありましたし、それに続いて、イエスが安息日に手の萎えた人を癒されたのをきっかけに、律法学者やファリサイ人が、「怒り狂って、イエスを何とかしようと話し合った」とあります。怒り狂ってイエスを抹殺しようとした。

  それほど酷い人間の頑迷固陋さ。ファリサイ派など宗教者たちの感情的で露骨な怒りが表面化する中で、祈りに祈って、神と相談しながら、12使徒を選ばなければならないと考えられて、途中では色々な事が起こっても、最後にはいかなる状況にも屈しない、状況がどんなに変わっても信仰を貫く、また誘惑も超えうる、何よりも裏切らない者として、おそばに置き、伝道に遣わすためでした。最終的にはその様な歩みに至ることになろう12使徒です。

  私たちが信仰に導かれ、父と子と聖霊の名によって洗礼を受け、キリスト者になった所にも、私たちそれぞれへのキリストの、背後からの祈り、神の選びの祈りがありました。その背後からの祈りに信頼して生きるなら、私たちもいかなる状況にも必ず支えられ、必ず導かれて行くでしょう。私たち自身はまことに弱いのですが、私たちの背後にもイエスの熱い、尊い、祈りがあるのです。背後から、イエスの熱い命が注ぎ込まれているのです。それが、神の恵みの選びであり、強くない、へばりそうな私たちを励まし、支えて、前進させてくれるのです。

  ですから、ペトロはやがて挫折しますが、ペトロのように私たちもたとえ挫折することがあっても、イエスは、「私はあなたの信仰がなくならないように祈った」と私たちにも言われます。また、「だから、あなたが再び立ち直ったら、兄弟たちを力づけてあげなさい」と、私たちを励まし支えられるのです。



        (つづく)

                                           2019年5月12日



                                           板橋大山教会  上垣勝



  ヤフーの板橋大山教会ホームページは、2019年3月31日で終了しました。

  後日、ホームぺー作成の予定。

                             ・

開く コメント(0)

歴史の夜明けのために

イメージ 1

                       ノートル・ダム大聖堂を覚えて 5      右端クリックで拡大





                                                   背後の祈り (上)
                                                   ルカ6章12‐16節



                                 (1)
  イエスの12使徒たちはイスラエルの12部族と関係があります。彼らはこれまでの古いイスラエル民族でなく、新しいイスラエルの12部族を象徴するものとしてイエスによって選ばれた人たちで、教会の原型になって行きます。今日は、教会の原型をなすこの12使徒たちの、イエスの選びから学ぼうとしています。

  先ずイエスが、「祈るために山に行き、神に祈って夜を明かされた」とあります。私たちは行楽のために山に行ったりしますが、むろんイエスは、単に山に行って夜明かしをされたのでありません。夜を徹して神に祈られたのです。英語ではヴィジルと言って、徹夜の祈りが一つの単語になっているほど、これは重要です。徹夜で聖書を読み続ける位なら出来るでしょうが、夜を徹して祈り続けるには、並大抵でない精神の集中力と持久力を要するでしょう。

  イエスは神のみ心、ご自分と神との関係、ご自分の使命について、神に祈られたのでしょうが、12使徒の選びについても祈られたのです。それはイエスが世に来られたことによって世界の歴史に新しい夜明けが訪れたからであり、12弟子たちがイエスの福音を世界に広めることによって、今後の人類と世界の歴史に対して、また一人一人の生き方にも重大な影響を与えることになるからです。

  そのためにイエスは夜を徹して祈り、「朝になると弟子たちを呼び集め、その中から12人を選んで使徒と名付けられた。」祈った末、夜明けと共に弟子たちを呼び集め、12使徒を選ばれたのです。

  ですから、彼らは自分の意志で勝手に使徒になったのでなく、イエスの徹夜の祈りを背後に持ち、イエスが神との相談の末に選ばれた人たちだと言っていいでしょう。それは神の恵みの選びです。勿論、彼らはこの選びに率先して喜びをもって従ったのです。

  いずれにしても彼ら12使徒らの存在根拠は、自分自身の中になく、イエスと神の中にあるという非常に深い恵みの選びに根拠を持つ人です。またその選びは生涯、死ぬまで続く、終身のものでした。

  使徒は、アポストロスという言葉ですが、使命をもって遣わされる者。使節や使者を指す言葉で、聖書では、キリストの使者として選ばれ、その職を委任されて遣わされる者です。


        (つづく)

                                           2019年5月12日



                                           板橋大山教会  上垣勝



  ヤフーの板橋大山教会ホームページは、2019年3月31日で終了しました。

  後日、ホームぺー作成の予定。

                             ・

開く コメント(0)

天使のような顔

イメージ 1

               ノートル・ダム大聖堂を覚えて4 いざ、幼児虐殺に向かえ    右端クリックで拡大
                                  ・



                                                  天使のような顔 (4)
                                                  使徒言行録6章8‐15節



                                 (3)
  このような訳で最高法院の議員らは皆、今、目の前で告訴され、非難されて立っているステファノに一斉に目を向け、注目したのは言うまでもありません。ところが、彼を見ると、「その顔はさながら天使の顔のように見えた」のです。天使の顔のように輝いていたのでしょうか。

  彼は反論もしません。少しも慌てません。大祭司から「訴えの通りか」と尋ねられて、初めて静かに口を開いて話し始めたのです。その弁論は7章に書かれていますが、まるで天使のように希望に溢れ、恵みに満ち、いささかも恐れる所がなかったのでしょう。

  激しく多数の男たちから突き上げを食っているのに、人々は彼らのウソで丸め込まれ騙されているのに、彼は愚かな人間がまるでトンチンカンな反応をして、まるでそれを感謝しているかのように顔を輝かしているのです。愚かにも、喜びに満ちて活き活きしているのです。

  「さながら天使の顔のように見えた」とは、天から遣わされた使者の顔のように見えたという事です。純粋で、善良そのもの、神のご支配に対する疑いを知らぬ者のようであったという事でしょう。

  彼がどうして天使の顔のように見えたのでしょう。7章はステファノの弁明が全体にわたって記され、やがて7章54節以下で、ステファノに対するユダヤ人たちの激しい怒りが起こり、一斉に彼を襲って都の外に引きずり出し、石打の刑をもって彼を殺す場面が出て来ます。彼はその時、「聖霊に満たされ、天を見つめ、神の栄光と神の右に立っておられるイエスとを見て、『天が開いて、人の子が神の右に立っておられるのが見える』と言ったのです。また拳(こぶし)大や頭ほどの石を投げつけられる石打の刑を受けたのです。骨が折れ、頭蓋骨も陥没する鈍い音がしたかもしれません。だが、『主イエスよ、わたしの霊をお受けください』と言ったのです。その後、渾身の力を振り絞って身を起こして跪(ひざまず)き、『主よ、この罪を彼らに負わせないでください』と大声で叫んで、永遠の眠りについた」のです。

  彼の心は、「この罪を彼らに負わせないでください」という思いに満たされていたのでしょう。だからいかに偽証されても、唆(そそのか)す者があっても、卑劣な事をされても、その顔は愛と赦しに輝いていたのでしょう。イエスのみ後に従って、罪を彼らに負わせようとはしなかったのです。

  その顔は、晴れ晴れと平和によって輝いていたのでしょう。「主イエスよ、わたしの霊をお受けください」という言葉で表わされるような、イエスへの信頼であり、全きお委ねであり、キリストの平和を素直にお受けする姿です。「あなた方に平和があるように」と言って入って来られた、復活のキリストの平和に満たされて、どうして天使のように顔が輝かないでおれるでしょうか。我れすでに死に勝てり、です。

  彼の顔は、神に義とされて天使のような顔であったに違いありません。「天が開いて、人の子が神の右に立っておられるのが見える」と語ったのは、神の義に与っているからでしょう。神から、信仰を義とされ、義しいとされた。その喜びに与って天使の顔のように見えたのでしょう。

  彼は捕らえられ、引き立てられて今、サンヒドリンの真ん中に立たされています。しかし、誰が彼を訴えるでしょう。誰が彼の不義を証明するでしょう。たとえ誰もが彼の不義を証明したとしても、神は彼を義とされるでしょう。彼はその確信を授けられて、その顔はさながら天使の顔のようであったのです。


       (完)



                                           2019年5月5日



                                           板橋大山教会  上垣勝



  ヤフーの板橋大山教会ホームページは、2019年3月31日で終了しました。

  後日、ホームぺー作成の予定。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事