全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全142ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

GW初日(29、30日は出勤日なので普通の週末ですが)にFSWのライセンスを取りに行って来ました。
イメージ 1
地元で行き慣れたサーキットなので今更感は有りますが、取ったのは本コースでは無くショートコースです。

走らせるのはマーチがメインなので本コースだと広過ぎて持て余すことが目に見えてるのと、ちょっとしたテストや練習ならショートで十分と言う判断からです。

あと、ショートは金額的にもかなりお手軽感があります。

<取得、継続>
本コ−ス:入会金12,900円、年会費29,800円 計42,700円
ショート:入会金2,100円、年会費19,000円 計21,100円

<走行>
本コース:20分4,400円、30分6,500円、40分8,700円、50分10,800円(216円/分)
ショート:25分2,600円(104円/分)のみ

更にライセンス所有者の紹介で取得すると25分×2回の無料チケットが貰え、更新をWebや自動振替にすると更新時にまたチケットが2枚貰えるので実質5,200円引き。
イベント時以外のFSW入場料(1,000円)が無料になるので何回か行けば元は取れそうな感じです。

てことで早速弟子二号と講習を受けます。
イメージ 2
この日は場内で自転車のイベントが有ったので東ゲートにある場外施設での講習でしたが、入場料1,000円が浮くので何気にお得でしたw

午前中約2時間の講習を受け、無事ライセンスが発行されました。
イメージ 3
受付時に免許証を出したらおねーさんが「あ、自動二輪も持ってますね。2輪もOKにしておきますね」と何故か2輪もOKのライセンスになりました。こりゃ走らなきゃダメか?カブでw

午後から用事があって帰宅する弟子二号を見送り、早速コースへ。。。
イメージ 4
が、この日は朝からあいにくの雨に加え、先に書いた自転車のイベントが本コースで開催されていたため、ショートはガラガラ、、、と言うか誰もいませんw

走行時間まで割と時間が合ったのでしばし探索。観戦室から見た1コーナー側。
イメージ 5

こちらが最終コーナー側。
イメージ 6

全体のレイアウトはこんな感じ。
イメージ 7
全長810〜920m、コース幅10〜12m、最大傾斜8%と結構高低差があります。ちなみに左回りです。

走行開始時間になりましたが結局マーチ1台だけでした。完全貸し切りですw
イメージ 8


こちらが車載(一部抜粋)。最後のスピンはご愛敬ってことでw

でもってLaproidでの計測結果がこちら(個別周回は割愛)
イメージ 9

おっかなびっくりで25分間、30周ほど走りましたがベストは46秒7。ウエットでこのコースだとどれ位が普通のタイムなのか分かりませんが、自分としては全然ダメダメです。
そもそもヘタクソってのもありますが、それ以上にタイヤがまるでダメ男君です。

そのタイヤがこちら、ナンカンのNS-2Rです。
イメージ 10
ネットのインプレだとウェットも良い!と書いてあることが多いんですが、恐らく新品での評価じゃないかと。
ウチのは残り溝が5部山位ってのもあるのか全然グリップしません。気温低めでウェットなので空気圧はF2.3k、R2.1kにしてみましたが、ブレーキ踏めばロックするし、ステア切れば外に出るし、アクセル踏めばホイルスピン(マーチのパワーでw)、となんだか氷上を走ってる感じでした。

GW中にもう一度走る予定が有るんですがその日も雨の予報なので。。。
イメージ 11
以前履いてたタイヤを引っ張り出して交換します。ダンロップのディレッツァ☆Ⅱ。このタイヤで筑波、白糸、袖ヶ浦とそれぞれのウェットを走りましたがコントロールしやすく乗りやすかった記憶があります。ちなみにドライでの袖ヶ浦のタイムもNS-2Rより良かったりします。

トレッド比較。
イメージ 12
幅は165と175なんですが数値以上に太さが違いますね。ホイールは13インチから14インチにアップします。
残り溝は同じ様な感じですが多分全然マシじゃないかと。。。

1年位室内保管していたので空気圧を調整して。。。
イメージ 13

完成!
イメージ 14
見た目はやっぱりワタナベの方が良いですね。そのうち13インチの方は国産タイヤに変更します。
てことで次は1日に走る予定です.。天気回復すると良いなぁ〜。

おまけ。

東名高速の足柄SAが先日スマートICになったので使ってみました。
イメージ 15
ウチからFSWは下道で丁度一時間ですが、ここ使った場合は45分でした。うーん、微妙な感じですね。緊急時以外は普通に下道かなぁ〜。

開く コメント(2)

メンテ再び。

今年のGWは10連休!などと世間一般は浮かれていますが、どうせ混んでるし交通費も高くなるし、、、

と言う事でGWの前週に北の大地へ行ってきました。
イメージ 1

目的?そりゃもちろん主治医のYさんに肩のメンテをしてもらうためですw

てことで1時間ほど施術♪助手もお手伝いしてくれましたw
イメージ 2
最近は痛みは殆ど無く日常生活には困らないものの可動域が相変わらず狭かったのですが、施術後は大分動く様になりました。さすがゴッドハンド!いつもありがとうございます〜。

施術の合間は観光です。
イメージ 3

池田ワイン城でワインの試飲や(お酒呑めないけど)、
イメージ 4

ばんえい競馬場でお馬さんと戯れたり、
イメージ 5

新嵐山の展望台から十勝平野を眺めたり、
イメージ 6

百年記念館で十勝の歴史を勉強をしたり、
イメージ 7

廃線になった士幌線の跡地を巡ったり、
イメージ 8

三国峠で雄大な景色を眺めたり、、、
イメージ 9

そして観光だけでなくお約束の食い倒れもw

市場食堂で海鮮丼を食べ(ウニが絶品!)、
イメージ 10

ワイン城の近くでジェラート&行者ニンニクソーセージを食べ(臭いも無く旨かった)、
イメージ 11

帯広市民のソウルフード、インデアンカレーを食べ(付け合わせのガリが妙に合うw)、
イメージ 12

帯広市内の北とうがらしでジンギスカンを食べ(生ラムでめちゃ旨い!超オススメです)、
イメージ 13

三楽でシメのラーメンを食べ(焦がし醤油が絶品です)、
イメージ 14

朝からますやパンのテラス席で朝ご飯を食べ(白スパサンドがオススメです)、
イメージ 15

ぱんちょうの豚丼を食べ(創業昭和8年の元祖豚丼のお店。直火で香ばしくて旨い!)、
イメージ 16

最後の晩餐はあじ福で帯広のソウルフード第二弾、中華チラシを食べ(ほっとする味で旨いです)、
イメージ 17

と、すっかり帯広を堪能した旅でした♪

羽田→帯広は朝イチ便が8時半着、帯広→羽田の最終便が20時発なので1泊2日でも丸々2日遊べます。
イメージ 18
GW前週のオフシーズンと言う事もあり、早割を効かせて往復の航空チケット&宿泊費で福沢さん2人でお釣りが来るくらい激安でした。オススメです!




                   ん、何か忘れてるな。。。



あ、これだ。
イメージ 19

ついでに伝書ヘビさんのエンジンベンチも見てきましたw
イメージ 20
おぉー、良く出来てます。冗談で焚き付けてたのにホントに作っちゃうのが凄いw

てことでエンジン始動の様子を動画で。
白煙吹いたり変な異音も無く調子良さそうに回ってます。時に問題無さそうなので後は載せ替えするだけですね。頑張ってください〜。

ホントはツナギ持参で行って載せ替えするかって話も有ったんですが、結局2日間ガッツリ観光&食い倒れで帯広を満喫しました。伝書ヘビさん、Yさん、ありがとうございました。今度はこちらにも遊びに来て下さいね〜。

ちなみに今回はよしろうさんと一緒に行ってきましたので合わせて彼の記事もお楽しみ下さいw

おまけ。

ばんえい競馬場にて、馬小屋の清掃に入ったおじさんが扉を閉め忘れて馬が脱走!
イメージ 21
が、近くにいたおねーさん(お客さん)が慌てもせず平然と捕まえて馬小屋に戻してました。北海道民はみんな馬の扱いが出来るのか?とビックリw

開く コメント(8)

イメチェン。

正月に作り替えたマーチのドア内張、今度はトリムのグレーが気になりだしたので…。
イメージ 1

塗ることにして早速取り外し(短絡思考w)
イメージ 2

プラへの塗装なので剥がれないようにこんなのを準備して…、
イメージ 3

シューッと塗装。適当に塗ったので近くでは見ないでくださいw
イメージ 4

しっかり乾燥させて組み付け。うん、なんかレースカーっぽくなり…、なったのか?w
イメージ 5

続いてMR-Sです。
イメージ 6
購入当初からロールバーパットがこんな感じでした。色は好みもあるのでノーコメントですが、補修のビニテが剥がれたり色褪せたりでなんだかみすぼらしい…。

てことで剥がしますw
イメージ 7
が、合わせ部分の接着剤がロールケージにこびり付いちゃって簡単に剥がれません。カッターなどでシコシコ削りっててもらちがあかないので…、

文明の利器を投入。多少塗装も剥がれましたが良い感じでキレイになりました。
イメージ 8

てことで新しいパットを巻いていきます。
イメージ 9
切れ目を入れて巻いた後にゼリー状の瞬間接着剤で固定。マスキングテープを使うと少し楽です。

てことで左右のバーが終了しました。地味にめんどくさくてこの時点で既に飽きてます…w
イメージ 10

フロントの頭上バーは切らずにそのまま被せられます。
イメージ 11
こんな感じでエアーを入れると全体が膨らむので軽く押すだけでスルっと入ります。こりゃ楽ちん。

最後にメインフープです。
イメージ 12

切れ目が目立たないように内側に巻き込んでチマチマと接着していきます。めんどくせぇ!
イメージ 13

そしてこんな物を準備しました。
イメージ 14
ヤフオクなどで安く売ってるバケットシート補修用の粘着シートです。布では無くレザー調の物をポチりました。

これを乗り降りの際に靴に当たる部分に巻き、パットがボロボロになるのを防止します。
イメージ 15

てことで無事完成!
イメージ 16
個人的には派手な青よりも目立たない黒の方が締まった感じで良いですね。良い感じになりました。

ちなみに作業後の指先はこんな感じでカピカピでスマホの指紋認証が反応しませんでしたw
イメージ 17

さてMR-Sのフロントはこんな感じです。
イメージ 23
スペースはそれなりにあるのですが地面が見えてて物が何も置けません。。。

なんかもったいなのでこんなのをポチってみました。
イメージ 24
純正(オプション?)のラゲッジボックスです。相場よりかなり安く出ているのを見つけて落とせたのがラッキーでした。タワーバーが付いていると蓋が使えないとか言う話でしたが幸いウチのタワーバーは少し上に逃げてるので干渉しませんでした。蓋は上には開きませんがロックを外して前方に引っ張ると外れます。

てことで早速工具やら諸々必要な物を入れてみました。
イメージ 25
そのうちパンク修理材でも買ってスペアタイヤは降ろしちゃうか、なんて考えてますが、とりあえず少しはスペースの活用が出来るようになりました。これでフロントの接地感も少しは変わるかな?w


話は変わりますが、先日届いたこいつ。
イメージ 18

早速試してみましたがめっちゃ美味しく出来ます。
イメージ 19

調子に乗ってこんなのや、
イメージ 20

こんなの、
イメージ 21

更にこんなのでも試してみましたw
イメージ 22
どれも普通に作るのとは雲泥の差の美味しさになります。買いですよ、買いw

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

冬のカート大会。

24日は恒例のカート大会でした。
1月に予約した時はきっと寒くて路面もツルツルだろうなぁ、なんて予想してたんですが、、、

当日を迎えてみたらこの快晴!
イメージ 1
気温も2月とは思えない位暖かく、路面コンディションも抜群で絶好のカート日和でした。

てことで早速ブリーフィングです。
イメージ 2
この日はいつもの経験者に加え、初心者が多く参加してくれたので経験者組と初心者&女子組に分け、それぞれ15分×2回ずつの練習走行兼予選。最後はタイム別で2組に分けてスプリントレースにしました。

まずは経験者組の練習走行からスタート。
イメージ 3

こちらはもう慣れた人達なので好きな様に走って貰いますw
イメージ 4

続いて初心者&女子組。
イメージ 5

今回女子の参加は3名でした。毎度ですが女の子が来てくれるのは嬉しいですよね−。
イメージ 6

そして主催のA君(後)と自分(前)は初心者組の講師として先導役&カメラカーに徹します。
イメージ 7

練習走行を終えた後は最後のレースに備えて弟子2号にアドバイスなどを。
イメージ 8

そして決勝レース開始。まずはBチーム(タイム遅いクラス)からスタート!
イメージ 9
今回自分は賞典外でこちらチームの最後尾からカメラカーです。

Bチームの動画はこちら。

続いて速い方のAチーム。
イメージ 10

こちらはA君がカメラカーでした。

てことで事故も無く無事にレースも終わり表彰式です。
イメージ 11

まずは惜しくも入賞出来なかった人達へ参加賞のプレゼントから。
イメージ 12

そしてA,Bチームそれぞれ入賞者の表彰&シャンパンファイト。
イメージ 13
今回Bチームは弟子2号が女子ハンデなど無しのガチバトルで見事優勝。Aチームは親子対決を制して前回の雪辱を果たしたtetsuyaさんが3位に入りました。皆さんおめでとうございます〜。

最後に全員で記念撮影。参加の皆様ありがとうございました。楽しんでくれた様で何よりです。
イメージ 14

で、終わった後は少し遅いお昼ご飯を食べ…。
イメージ 15

MR-Sの試乗なんかをちょこっとしてから解散しました。
イメージ 16
次回は梅雨入りする前頃にやりますので皆様またよろしくです〜。

おまけ。

オープン2シータースリーショット。
イメージ 17
ちなみに手前2台は女性オーナー(NDは弟子2号、NAは近所のスタンドのおねーさん)ですが、双方とてもそんな風に見えないヲトコ前仕様です。イカス!w

開く コメント(2)

先月車検を通してからここしばらくはMR-Sを通勤に使ってます。
イメージ 1
普通に足にしてみるとなかなか面白くて良いクルマですね。通勤で普通に12km/L位は走るし、お財布に優しいレギュラー仕様ってのもありがたいw

で、ウチのはステアリングをこんなのに換えてあります。
イメージ 2
元々の純正はボタン式シフトなんですが、どうにも使いにくいのでラクティスのパドル式純正ハンドルに変更しました。純正だけ有って使い勝手は良いのですが、どうも普通のステアリングで色気が無い…。

てことでこんなのをポチってみましたw
イメージ 3
ヴィッツRS純正品のオレンジステッチ仕様です。もちろんパドル付き。
最初はシャレでレクサスのでも探すか〜、なんて思って某ヤ○オクを見てたんですがこれがめちゃくちゃ高い!純正の中古ハンドルに3万とか出すのはちょっと…、って感じなので他のを物色してて見つけました。

購入したのは某アッ○ガレージの通販だったりしますw。
純正の中古ステアリングってのみ本体のみでホーンパットが付いていないのが殆どです。
今回たまたまこのステアリング用のホーンパットが安くヤフオクで出てたので、まずは先にそちらを落札、その後アッ○ガレージでパット無しを安く見つけたので購入しました。

ちなみにパットと合わせて送料入れても諭吉さん1人でおつりが来ます。同じ物をヤ○オクで探すとざっくり諭吉さんが2人位。物によっては結構安いし送料も高くないのでアッ○ガレージの通販は良く活用してますw

MR-Sとはシフトのコネクタが違うので中継コネクタを作ります。3本しか無いので簡単です。
イメージ 4

インフレーターはMR-Sの物を移植。これはそのままポン付け出来ます。
イメージ 5

後はエポキシパテを使ってこんな感じの突起を作ります。
イメージ 6
ボスのスプラインなどは一緒なんですがスパイラルを回す引っかかりの部分がヴィッツは凹、MR-Sは凸なのでパテで成型する必要があります。これ、無くても一応機能はしますが、ウインカーの戻り位置が変な風にずれるので付けた方が良いです。

パテが固まるまでの間にこいつを交換。
イメージ 7
某ア○ゾンでポチったTRDのパチもんですw
しょっちゅう触るもんでもないし、多少ぐらつくものの機能上は問題なかったんですが、元々MT様で首下部の径が大きく、なんかマヌケな感じなのが気になってました。

てことでステアリングとセットで付いてきたこいつに交換。
イメージ 8
全長も殆ど変わらず操作感も悪くないです。ステアリングとお揃いのオレンジステッチも良いです。

パテが固まったらヤスリで整形して車体に取り付け。
イメージ 10
で、試運転に出たところシフトは問題ないものの微妙にセンターがズレてます…。

実は前回ラクティスのに換えた際、微妙にズレを生じたまま乗ってたんですが、先日の車検でセンターを調整してもらいました。それがまたズレたってことはラクティスのが個体差で少しズレてたって事ですね。

気分が悪いので調整します。
イメージ 9
タイロッドの調整はジャッキアップしてタイヤを外すだけで出来ます。
最初は左右2mmずつ動かしたら今度は反対方向にズレたので、1mmずつ戻したら良い感じになりました。

完成!
イメージ 11
ちょっと径が大きい(と言ってもラクティスや元々の純正と同じ)感じはしますが、握りも太くなり、パンチングとスポークのシルバー、オレンジのステッチがアクセントになってだいぶ雰囲気が変わりました。うん、良い感じ♪


おまけ。

本日届きました。使うのが楽しみ〜!
イメージ 12

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全142ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事