石原まさたかの 痛快!風雲日記

菰野町長<現在 47歳>としての活動を通じて見たり聞いたり感じたりしたことを綴る「痛快!風雲日記」。

「挑」

こもの福王アベレージラリー2018の開会式にお邪魔しました。

イメージ 1

恥ずかしながら、小生はアベレージラリーなるものを全く存じ上げませんでした。アベレージラリーとは、与えられたコースを運転する時間の正確さを競うラリーで、公道を法定速度を遵守し、実施されます。

イメージ 2

菰野町では初めての大会ということで、15台30名の方の参加でしたが、今後はさらに規模を大きくしたいとのことでした。

菰野町図書館で開催された第35周年記念花墨会展に足を運びました。いつもながら、松岡麗泉先生の素晴らしい書をはじめ、門下生の作品が見事に展示されていました。

イメージ 3

記念展示ということで、Tシャツに特殊なインクを用いて毛筆で書くイベントが開催されていました。小生も悪筆を披露しました(笑)

イメージ 4

35年という長きにわたり、会を継続されていることに敬意を表するとともに、書を通じて菰野町の文化芸術の振興にご協力賜っていることに感謝を申し上げます。

イメージ 5

この記事に

42年間の目線

菰野町図書館1階ギャラリーで開催されている 湯の山温泉開湯1300年 記念巡回写真展 に足を運びました。片出実さんは、42年間にわたり鈴鹿山脈を撮影し続けており、これまでにも 『心うるおす山便り 鈴鹿山脈の自然』 と題した写真集も出版されています。

イメージ 1

これまでも片出さんの作品は拝見する機会がありましたが、改めて一覧すると、片出さんのお人柄というか、優しい目線を感じることが出来ました。

イメージ 2

作品自体を入れ替えながら、24日(月・祝)まで開催されていますので、ぜひご覧下さい。

イメージ 3

親子で見てもらえるように、入り口には子ども目線の作品もありました。このような配慮は大変勉強になりました。

イメージ 4

恩師である名古屋大学名誉教授の日比裕さんと研究室の先輩であり名城大学教授である平山勉さんが、来庁されました。数年前にも日比さんが所有の貴重な書籍を頂戴しましたが、今回は、これまた貴重な研究資料、しかも一次資料を頂戴しました。頂戴したというよりも保管先に選ばれたということだと思います(笑)

イメージ 5

この記事に

盾が重い!

テロ対策四日市西地区パートナーシップ定例会が、菰野町役場で開催され、開会式でご挨拶。このテロ対策パートナーシップ定例会は、伊勢志摩サミットを契機として、三重県内の各警察署に設置されました。

イメージ 1

開会式の後、テロ対策の実地訓練が実施されました。役場本庁舎1階ロビーで不審物が発見されたことを想定し、発見からの通報体制やその後の処理までの過程が確認されました。

イメージ 2

訓練と言えども、三重県警察本部の爆発物処理班の迫力と緊張感は相当なものでした。

イメージ 3

約30kgの防御服を着用した上で約10kgの防御盾を軽々と扱っていたことに、日頃の厳しい訓練を垣間見ました。

イメージ 4

火事や交通事故、災害、刑法犯罪などと異なりテロは身近な犯罪ではありませんが、世界的な規模ではテロは、マラソン大会やイベントなどでは一般人を巻き込む形で発生しています。

イメージ 5

我々も無関係なことと思わずに、警察のみならず、企業や住民、関係機関などが連携して、テロを抑止する社会づくりを推進しなければなりません。皆さんのご協力もよろしくお願い致します。

イメージ 6

この記事に

さり気ない恐ろしさ

パラミタミュージアム で開催中の 浮世絵モダーン 深水の美人、巴水の風景、そして・・・ のオープニングレセプションに足を運びました。

イメージ 1

僭越ながら、居並ぶ諸先輩方を前にして、来賓を代表しての挨拶を仰せつかりました。年に一回程度はこの挨拶がありますが、いつも場違いなことを申し上げたと反省します(笑)

イメージ 2

伊東深水や川瀬巴水の作品の他、さり気なく竹久夢二や小村雪岱なども展示されているのが、この企画展の深みというか、恐ろしさだと思います。

イメージ 3

イメージ 4

パラミタミュージアムらしさと言えば、東員町出身である七世松本幸四郎の人物画が展示してあったことです。小生が申し上げるまでもありませんが、戦前戦中戦後の混乱期に、歌舞伎界の苦難を背負いその後の現在に至る発展の礎を築いた七世幸四郎の面構えを拝見することが出来たことは、貴重なことです。

イメージ 5

小生にとっての美人画というと鏑木清方や上村松園、伊藤小坡などと結びついていますが、鏑木清方の木版も展示されていました。清方の作品に触れたのも、6年前のパラミタミュージアムの企画展であり、キャバレー太郎こと福富太郎のコレクションの展覧会でした。その福富も今年5月に鬼籍に入り、彼がオーナーであったキャバレー「ハリウッド」も年末に幕を閉じます。福富のような美術収集家の余滴に与る機会を与えて戴けることに感謝しながら、本展覧会を鑑賞しました。

イメージ 6

この記事に

「町長がんばれ」

現在、菰野町役場本庁舎1階ロビーにて、第13回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン のフォトコンテストの入選作品を展示しています。今年の作品は、工事中である新名神高速道路とランナーを同一のフレームに収めたものが多かったようです。

イメージ 1

スターターをしてからの小生を撮影した作品も入賞しており、興味深く拝見しました。出場されたランナーの皆さんは自分が写っているかもしれませんので、一度ご覧下さい。1月11日までです。

イメージ 2

三重大学 の学長である駒田美弘さんらが、三重大学の地域拠点北勢サテライトの説明のために来庁されました。今年度中の開設となり、今後、具体的な中身は地域の実情に応じて詰めていく予定とのことでした。大学の生き残りといいいますか、存在意義を示すために地域との連携を打ち出したことは容易に理解出来ますが、その方向性自体を相対化しなければならないと感じました。

イメージ 3

恒例の千草山神祭に参列しました。

イメージ 4

例年以上の暖かさで地域の皆さんも喜んでみえました。

イメージ 5

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事