消防署との懇親会

 外来の救急に関わる病院の看護師とドクターと、いつも救急車での搬送や、救急の講習会でお世話になっている消防署の人との懇親会が、平成20年4月14日(月)の19:00からあった。病院のドクターは、殆どが出席し、消防署の方も、担当の半分近くが参加していた。  小児の救急での搬送がとても困っていたそうで、2時間近く掛けて送らないといけなかったのが、近くの病院に小児科医がいることで、とても良くなったと言われた。救急隊の人達は、総務省(昔の自治省)に所属し、定年は60歳で、その後の5年間の心配もそれなりにしないといけないと言われていた。  和太鼓とハーモニカを老人施設で時々演奏していると言ったら、ある人が、「和太鼓とハーモニカが好きな人は、ホントに音楽の分かる人だ」と言った(ホントかな、しかし、嬉しかった)。で、私も負けずに、「アメリカでは、すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

子どもの感性

2008/5/26(月) 午前 9:25

 歳を取るに従って、次第に感性が薄れていく気がする。いろんなことに興味を抱かない様になるし、挑戦意欲も薄れ、感動も薄れる感じだ。  その点、子どもって、素晴らしいと思う。御所浦の「白亜紀記念館」で偶然に見つけた子どもの感想文を見て、そう思った。  同じことを経験しても、子どもがそこから学ぶべきモノは、大人の何倍にもなっている感じだ。  大人の役割 ...すべて表示すべて表示

2泊3日の独り旅

2008/5/25(日) 午後 8:10

 23日(金曜)の夕方、龍ヶ岳町をチャーター船で御所浦町に行った。ホテルに泊まったら、ホテルの人から、「太鼓を見に行ったらいいのに」と言われ、太鼓の音のする方に行くと、外来に来る子どもの父親が太鼓を指導していた。で、太鼓を打たせてもらった(まさか、太鼓をここで打てせてもらえるとは思ってもいなかったが)。御所浦町には、太鼓チームが3つもあるとのこと。で、結構疲 ...すべて表示すべて表示

想定外

2008/5/23(金) 午前 8:11

  熊本日赤では、54名の人(大半がそこの医療従事者)が、急患で来た人(自殺目的で、揮発性の高いクロルピクリンなる劇薬の農薬を服用)の吐いたモノで気分を悪くして、大変なことになっている。嘔吐した人は、亡くなっている。当院のドクターも、今日そこで朝から勤務しているはず(週1回行っている、今日はスタッフが不足しててんやわんやの忙さだろうなあ)。救急現場では、いろ ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事