全体表示

[ リスト ]

小学生名人

イメージ 1

 平成20年5月10日(土)の15:00過ぎから、NHK教育テレビで、「第33回小学生将棋名人戦」があり、準決勝と決勝の3つの戦いを全て見た。
 西日本での県別の代表者24人から2人が選ばれ、東日本での県別の代表者24人から2人が選ばれ、晴れて準決勝と決勝で4人が戦っていた。
 昨年の小学4年生の佐伯俊介君は、早々と敗退していた。連続小学生名人になった例は、まだ、ないとのこと。佐藤康光棋王(準決勝で敗れる)も、羽生善治2冠(優勝)も、小学生の時に、この4人に選ばれている。
 準決勝は、まず、青森県代表の山岸亮平君(小5)と奈良県代表の下西哲伸君(小5)が戦い、共に穴熊先方で、一時下西君が優勢に見えたが、205手で、かろうじて山岸君が勝った。
 次の準決勝では、東京都代表の増田康宏君(小5)と愛媛県代表の黒田尭之君(少)が戦い、共に互角の戦いであったが、175手で、黒田君が勝った。
 共に勝った山岸君と黒田君が戦ったが、早期に王を囲んでいなかった黒田君の戦法が災いして、104手で、山岸君が勝った。
 山岸君のお父さんは、将棋の息子の戦いを見るのは、今回で2回目とのことで、将棋を全く知らない父親。山岸君は、インターネットを利用して強くなっており、将来、プロ棋士になりたいと言う。負けた黒田君も、将来、やはりプロ棋士になりたいと言う。
 わずか10分の持ち時間で、それを使い上げると、1手30秒以内で打たないといけない。プロが30秒ぎりぎりで打つことがしばしばあるのに、小学生だと、20秒を超えて打つ場面が極めて少ない。スゴイスピードで、どんどん打って行く。
 プロ棋士が、持ち時間を4時間以上持ったり(名人戦は9時間)、2日間で打ったりするのとは、全くタイプの違う戦いだ(プロでも、早打ちの戦いはあるが)。
 小学生は、進歩がメチャクチャ早い。6年生が名人になる訳でもなく、昨年は、4年生が、今年は5年生が名人になっている。女児も強くなっている。
 プロが勝っても相手を気遣って嬉しそうな顔をせず、負けても悔しそうな顔をしないのに、小学生の場合は、素直に顔に出ている。そこは、まだ、子どもだと思った。
 私の場合は、将棋も囲碁も父から教わった。自分は覚えていないのだが、負けず嫌いな自分は、ハチマキをして兄と将棋を指していたとのこと。兄が高校生の時に、強いと言われていた兄の友達を呼んで来て、自分の鼻を砕こうとしたのだが、3番勝負をして、3番とも自分が勝ってしまった。囲碁は、教養部の時に、隣の部屋に初段の社会人の人がいて、時々、指していた(2目置いても、殆ど負けていた)。
 高校の時からは、将棋よりも囲碁しか興味がなかったのだが、今は、何故か、将棋に興味を再び持つ様になった。楽しく詰め将棋をしている。前解けた問題を再びしても、解けないで考え込む。海馬が歳のせいで劣ったせいか、問題を覚えていないのだ。しかし、解けるまでの時間が前よりも少なくなっている感じだ。今は、「初段120題」をしている。解けない時、時間を置いて解くと、不思議なことにサッと解けることが多い。何手で解けて、必ず解けると決まっているからして、時間を掛ければ解けることが多いのだが、これが時間で攻められると、難しいなあ。
 まあ、誰にも迷惑掛けないし、自分なりに楽しいからいいかな。

**解答:2三銀不成→2一玉→1二銀不成→3二玉→2三馬までの5手詰。

閉じる コメント(1)

ここ2、3年小学校名人戦愛好でビデオ録ってましたけど出場決定の4人見て全部を見るのあとまわしにしてしまいました。というのも自分が事前注目の人(アマA級大会BEST3の子)も自分の福岡付近の子も4人の中にいなくて共感モードでなかったんで。最近将棋大会は将棋しない教育パパママ系の大会見学が目立ちます。人によっては指将棋アマ高段だったのに子どものために観戦専門に転向した人も。でも今本もたくさんあり将棋ソフトもいいのがあるのに観戦専門の親多発には正直閉口ぎみです。masaさんみたいに詰将棋愛好いい感じですね。

2008/5/13(火) 午前 0:26 [ あみゅーる ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事