全体表示

[ リスト ]

ドーバー後記

 
1年振りのドーバーは、往年のライバル#98、碧南の高ス君のピットクルーとして参加した。
何を隠そう、1年前のファイナルラップで台を奪い去ったのがこの人。
 
まあ、レースってのはそういうもので、
勝ちたい気持ちが強いライダーほどより前に行く。
 
今回は、全身全霊?で#98をサポートした。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
勝負には必ず勝敗があり、レースの場合引き分けは限りなく無きに等しい。
この単純で潔さが仲間を集める。
 
あれだけ悔しい思いをしても…良き仲間なのである。
 
遥か昔の筑波選手権では、「次はアイツに絶対負けない…」と睨んでいた。
ドーバーのライダー達は、「お疲れ、走り最高だったね」と拳を合わせる。
 
レースは年2回。
全国からライダーが集まり、
ウイニングランの歓喜と安堵、帰路につく離れた仲間との惜別が次のレースをいざなうのかもしれない。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
今年1年レースを休んだ理由は、我が家の愚息が高校受験を控えているため。
塾に費やす金銭的な制限や、ケツを叩いて勉強させるための「示し」が必要だったから。
お陰で、勉強全然ダメ…が、ダメだけどもうちょっと頑張れば…くらいにはなったらしい…
 
どうしたものか、我が子はバイクには全く興味がなく、オンラインゲームで友達と遊ぶのが楽しいという。
 
親擦れより友擦れ。
あいつが友達からも「仲間」と慕われる存在になれることを切に願う。
 
今後生き行く時代の中で、仲間の存在なくして人生の真価は見出せない。
二次関数は無理だが、それ、なら教示できるかもしれない。
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事