全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

オルタナティブ

子どもの成長は早いもので、1ヘアのフェンス下のレンガを滑って遊んいた頃を昨日のように思う。
で、今はもう高2で来年は受験生…

塾代が…  パネー!!

金銭面を理由にしたくはないが、高校、大学と進学にかかる費用は膨大で片親サラリーマンには
何かを捨てなければ家庭をまわせる訳がない。

で、Zでのレースは少し休眠中。

だって塾代は、ドーバー年間2戦と間接費用分を遥かに超えるからね。


ならば、次の選択肢を見つけよう。




イメージ 5




イメージ 1



2年乗ったSXを売って仲間からEXCを購入。


練習場所は、自宅から10分。
それなりのオフロードコースが複数存在する相模川河原。
圏央道のお陰で45分で行けるようになった西東京の宇宿山荘林道アタック。
1時間圏内のFSWカートコース。
運用資金はドーバーの1/3程度か。

別に他人と同じことをする必要はなく、
己の環境が許し気持ちが向く遊びを探究すればいい。






次の目標はJNCC爺ヶ岳。



イメージ 2


イメージ 4



ここは、参加エントラントと言うよりは日本の誇る自然との共存と戦いか。


石に立つ矢。

とは言え、二者択一の後者も道はかなり険しい。





イメージ 3




 
それは、同僚との些細な会話から発生し、
多くの方々の協力により12月初旬、ある埠頭で現実となった。
 
 
我らバイクチームは、いつも練習で走れる場所を探す。
同僚達のラジコンチームは、空撮する被写体を探しているという。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
港湾関係者のご厚意により埠頭内にエスコート。
 
ガントリークレーンの股下をバイク達は疾走し、
ベイブリッヂを眼下にエアプレーンは滑空する。
 
そして、遥か上空2500mへ・・・クワッドは雲の上を映し帰還した。
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
コラボレーションという言葉はもはや時代遅れか。
初冬の寒風に曝されながらも、嬉戯と言える時間を過ごせたことに
感謝の言葉しかない。
 
 
そして、編集されたその映像は・・・素晴らしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 

激の穴

 
 
埼玉県は荒川近くの某所。
激マソのウイリーやれんの会があるというので、恐る恐る行ってみた。

イメージ 1


もともと、ウイリーをできるようになりたくてこっそり練習してみたものの、フロントアップが関の山…

挙句手が離れてもんどりうってからは、封印していたのであった…



さて、某所に着いてみると既に激マソことTFKが練習中。
イメージ 9


このしとパネーうまい!
アドレスV125をアイドリングでウイリーしてる…

 
早速激先輩の褒め殺しなアドレスを頂き、タイヤもスリックに替えてみると…

なんとオイラもウイリーしながらシフトアップできるようになったのであった。

イメージ 2




そうこうしているうちに、わらわらとやれんの会参加者が集まり、もう某所はやりたい放題に…

イメージ 12

オレンジ先生
 


 
イメージ 3

激マソ
 


 
イメージ 4

勃ち激&オレンジ
 


 
イメージ 7

悶絶ニギ会長
 

 
イメージ 8

堅実ミキさん
 


 
イメージ 5

農耕
 






 
イメージ 6

更にはお湯を沸かしてカップラーメンやコーヒーを飲食する始末…

そんな横を遠慮がちに通過するバイシクルなレーサーやランニング中の外国のしとびと…

サーセソ…(>_<)



しかしながら我々は楽しいのであった!

イメージ 10





朝から日没まで、手の豆が潰れて血が滲むまで乗ったのは何年振りか。


考えてみると、こんな人たちからバイクを取ったら何も残らないのだろうか…


社会で背負う責任を支える柱の一本を…失うだけなんだろう。




いやいや、こんなバイクの楽しさを知ってしまった我々は、バイクに乗り続けないといけないのである。

なぜなら、一刻千金な楽しさを知らなければ、後世にそれを伝えることはできない。

それが大人の役割りであり、豊かな日本創りに貢献するのである。




そして、激の穴は今週末も鞭を呉れるのであった。(´Д` )


イメージ 11
 
 
 

 

ドーバー後記

 
1年振りのドーバーは、往年のライバル#98、碧南の高ス君のピットクルーとして参加した。
何を隠そう、1年前のファイナルラップで台を奪い去ったのがこの人。
 
まあ、レースってのはそういうもので、
勝ちたい気持ちが強いライダーほどより前に行く。
 
今回は、全身全霊?で#98をサポートした。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
勝負には必ず勝敗があり、レースの場合引き分けは限りなく無きに等しい。
この単純で潔さが仲間を集める。
 
あれだけ悔しい思いをしても…良き仲間なのである。
 
遥か昔の筑波選手権では、「次はアイツに絶対負けない…」と睨んでいた。
ドーバーのライダー達は、「お疲れ、走り最高だったね」と拳を合わせる。
 
レースは年2回。
全国からライダーが集まり、
ウイニングランの歓喜と安堵、帰路につく離れた仲間との惜別が次のレースをいざなうのかもしれない。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
今年1年レースを休んだ理由は、我が家の愚息が高校受験を控えているため。
塾に費やす金銭的な制限や、ケツを叩いて勉強させるための「示し」が必要だったから。
お陰で、勉強全然ダメ…が、ダメだけどもうちょっと頑張れば…くらいにはなったらしい…
 
どうしたものか、我が子はバイクには全く興味がなく、オンラインゲームで友達と遊ぶのが楽しいという。
 
親擦れより友擦れ。
あいつが友達からも「仲間」と慕われる存在になれることを切に願う。
 
今後生き行く時代の中で、仲間の存在なくして人生の真価は見出せない。
二次関数は無理だが、それ、なら教示できるかもしれない。
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 

オフロードへ行こう!

イメージ 1
 
 
軽トラの荷台は7人分のテーブルになった。
 
家を出て15時間の間にバイクに乗ったの2時間半。
 
全員でしゃべった時間は5時間半!!
 
こんな仲間と過ごす時間が楽しい…
 
今を大人で良かった。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事