ここから本文です
まゆんくの履行報告
ガンダム系のペーパークラフト製作記録がメインのブログです。 最近はインドアラジコンで、ライトプレーンやミニヘリ他を飛ばしてます。

書庫全体表示

第4回、つづいては、
[4]弾薬コンテナ装着部、です。
A15のパーツは同じナンバーでも左右が逆になっている、画右用、左用パーツです、組み立て方は同じですが、左右逆向きに組み立てていくので4注意してください。
 それでは、しっかりと折り線をつけてから切り出し、組立前に折り曲げ癖をつけてから組立てましょう。
イメージ 1
 まずは、横の個所(組み立てて四角くなり、どちらにも切り抜き穴のない位置です。)を台形になるように張って組み立てます。
 この時、上下の面取り部分の貼り付けは後から行いますので注意してください。

イメージ 2
 次に、ラック取り付け側の個所(切り抜き穴が3っ開いている側)を貼り付け位置を合わせると共に、各面同士(弾薬コンテナ接する面)が90度になるように注意して組み立てます、
 この時斜め部の狭い辺は張り合わせておきます。

イメージ 3
 この後、最初に組み立てた箇所の上側の面取り部分を張り合わせます。
 この時下側からピンセット等を差し込めば、糊代を圧着出来るはずです。

イメージ 4
 つづいて、同じ個所の下側の面取り部を張り合わせます、この時、下側箇所(四角い開口部が来る側)とラック取り付け箇所側の張り合わせも行っておきます。(写真の△マーク裏糊代部)
イメージ 5

 続いて、下側箇所の四角い開口部がある面を張り合わせます、写真のように最初に組み立てた箇所の谷折りにする糊代個所に、全体の90度が合うように注意しながら、写真のようにしっかりと圧着して組立しましょう。

イメージ 6
 最後に、残りの面を塞いで、箱組したA13とA14を写真のように取り付けてコンテナ装着部の完成です。

イメージ 7
 ちなみに、弾薬コンテナを写真のようにのせて、接続中央部に3つ穴の開口部をひっかけるような形で装着します、これにより各ユニット同士の接着をしなくても、装着が行えるはずですので、色々な機体に、色々な形態で装着して楽しんでくださいね。
 なお、固定したい場合には必要に応じて、接着や貼り付けを行っていただいてもかまいません。

次に続きます。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事