はるしおれっどパパの初めてのオオクワブリード日記

三児パパのオオクワブリード日記。そのほか趣味のカートもしています。
昨年7月に割り出した6セットの久留米産の早期羽化個体達を掘り出してみました♪



イメージ 1
最終20〜25g位の小さめの幼虫ばかりだったのでサイズ的には70少し位のものばかりだったのですが綺麗に羽化してくれたので嬉しいです(^^♪


イメージ 2
メスは50ミリ以上ばかり出てきました(≧▽≦)

この子達は明日会社の同僚の子供の所へ旅立ちます(*'▽')
一年以上待たせてしまって申し訳なかったです(^^;)

数ペア掘り出したものは全て同じような形だったのですが一頭だけ明らかに違う個体が羽化しました(;^ω^)


イメージ 3
???

イメージ 4
久留米産のはずなのにやたらと顎が太くて他の個体と全く違うのですがこんな事ってあるものなのでしょうか??



イメージ 5
しばらくゼリーを食べて休養してもらっていたMOTO/SP系統Kラインのメスに産卵木を与えてみました(^^♪

マットは無いですが昨年ちなみ系統Sラインをこの方法でやっと産卵に成功したので
数日間様子を見たいと思います(^-^)


ブリード2年目ですが今年も楽しみな事がいっぱいです♪

この記事に

開く コメント(24)[NEW]

先週元木さんのブリードルームに訪問してから早一週間♪

先週訪問した時にMOTO/SP系統幼虫のボトル交換を実演して頂き、恐縮ながらその時39gもあった幼虫をプレゼントして頂けることになり本日早朝から引き取りに伺いました(^^♪

幼虫だけ預かって帰る予定が少しだけ元木さんと一緒にオオクワガタしました(笑)

まず初めに気になっていた特大の蛹を見せて頂きました(^-^)

イメージ 1
ブログの写真で見てもかなり大きく感じてたのですが、生で見るとそれ以上に大きく見えました!
その存在感はまるでスマトラヒラタの蛹の様でした!

イメージ 2
隣のボトルも良く見えないのですが大きな蛹が居ます。
40gの幼虫からなら当然ですよね(≧▽≦)

二頭共約一か月後??の羽化が物凄く楽しみです!!

イメージ 8
イメージ 9
低温休眠パターンからの幼虫も続々前蛹〜蛹化ラッシュです♪

イメージ 10
先週割り出した幼虫のプリカ♪


イメージ 3
先週掘り出したMOTO/SP系統期首体重38.9gから羽化した特選個体♪


イメージ 4
霧吹きしたティッシュペーパーの管理でも問題なく元気でした(^^♪
一週間前に出ていたお尻も綺麗に収まっていますね!


イメージ 5
裏側はまだ赤みが残っており、後食まではまだしばらくかかりそうですね!


イメージ 6
今日頂ける前回ボトル交換したMOTO/SP系統39gです(*^^)v

☝と同等の重さなので同じ様なサイズや形状で羽化してくれるのか楽しみです(≧▽≦)


イメージ 7
この位置で馴染んでるんですが、やはり車での持ち帰りは不安がありますね(^^;)
温度的には大丈夫だと思うのですが上下の振動が・・・


イメージ 11
丁度交換時期になるちなみ系統爆発ライン。
なんと右側の33.2gを頂けることに(≧▽≦)


イメージ 12
先週と同じラインの個体も掘り出ししました♪


イメージ 13
まるで先週の作業をリプレイするかのように元木さんが手際よく掘りだしたボトルを手渡されました(笑)

完品羽化を確認したと同時に先週の個体とは何かが違う事に気が付きました!!

イメージ 14
幅の広さはさることながら何より顎の太さが太い!!


イメージ 15
イメージ 16
凄くかっこいいです!!(≧▽≦)


イメージ 17
左:今日掘り出した個体  右:先週掘り出した個体
兄弟でも形状がここまで異なるんですね!
顎の太さが全然違うのが並べるとよりよくわかります(^-^)


イメージ 18
続いて先週のブログの記事にもあったホワイトアイの掘り出しです♪

ホワイトアイの血統ながら幼虫体重が30.7g(*'▽')


イメージ 19
元木さんの記事にも書かれてたように蛹の時に黒目を確認されているのでホワイトは無いみたいです(^^;)


イメージ 20
掘り出す前は内心「もしかしてホワイトかレッドかも?」とか思っちゃってましたが実際掘り出すとやはりブラックアイでした(笑)

30年の経験はさすがですね!!

形的には先週の久留米に似てスレンダーで顎も細長く綺麗な個体です(^^♪
羽化後3日目の割にはお尻が収まってますね


イメージ 21
サイズは80位で先週の久留米とほぼ同じ大きさです


イメージ 22
先ほど掘り出したMOTO/SP系統と並べてみました。

遠近法でちょっと写真では伝わりづらいですが、MOTO/SP系統はかなり顎が太く
横幅も広いです!


イメージ 23
イメージ 24
ちなみ系統のメスも続々と羽化してきています!
17〜18グラムからなので間違いなく大きいですよね(^^;)


イメージ 25
17.3gあったメスを掘り出して頂きました(^^♪




イメージ 26
元気よく出てきてくれました♪やっぱりでかいです(≧▽≦)

いかついオスと違いメスは可愛いですね(^-^)


イメージ 27
?? 54〜55? 
とにかく大きいってことは伝わったと思います(^-^)

カメラのメモリーが序盤から無くなって一人で過去の画像を削除する選別に手間取っておりました(^^;)
次訪問する際はメモリー空にしておきます(笑)

この個体だけ見ればでかいって思ってたのですが・・・





イメージ 28
上:先週見せて頂いた60ミリ
下:本日掘り出した55ミリ

5ミリ程の違いでこの大きさの違い(笑)


イメージ 29
先ほど比較対象にしたこの大きなメスはヒロさんの久留米とかけたMOTO/SP系統Kラインの種親です(^-^)
実はこの個体も厚かましくもまたまた頂いてしまいました<m(__)m>

しばらくうちの環境に慣れてもらってから産卵セットに入れてみたいと思います(≧▽≦)

またまた早朝からとても楽しい一時間でした(≧▽≦)
元木さん先週に引き続きいい物を見せて頂いて有難うございました<m(__)m>


イメージ 30
元木さんの人生の教科書「トムソーヤの冒険」をお借りしました♪
家族みんなで観たいと思います(*'▽')



イメージ 31
早速持ち帰ったちなみ系統爆発ラインの幼虫のボトル交換をしました♪
4本目への交換になります。
菌糸の状態はまだまだ引っ張れそうですがここで新しいボトルに交換することが完品羽化に繋がるんですよね!

交換用のボトルまで頂き有難うございます<m(__)m>


イメージ 32
前回の交換は1/29日なので丁度3か月です。


イメージ 33
上の方を掘り出しながら思ったのが、こんなに菌糸が詰まって固いのを掘るのは初めてという事です!

それでも既製品なので元木さんが詰めたボトルはもっと固詰めという事ですよね??

今シーズンより良い結果を出すためには詰め具合を見直さなければ!!と思いました( ..)φメモメモ


ボトルの下の方に居るのは分かっていたのですが、自分で掘ってみると菌糸も固くてなかなか思うように掘ることが出来なく、簡単にあっという間に掘り出す元木さんの手際の良さに改めて感心させられました(*'▽')

不手際があってはいけないので、かなり緊張しながら時間をかけて掘り進めました!


イメージ 34
やっと見えてきました!
一瞬蛹室??かと思ったのですが、これが居食いという状態ですね♪

こんなに綺麗な居食いを自分の育てた幼虫で見ることは今までなかったですね(笑)


イメージ 35
更に時間をかけて周りから慎重に掘り進めていきます
菌糸が固いんで少しづつ少しづつって感じでした(^^;)

イメージ 36
やっと出てきました!!
やっぱりでかいです(≧▽≦)

もう先週からデカいのばかり見て来てるんでなんか感覚がおかしくなりそうです(笑)

イメージ 37
33.2g➡35.5gに成長してました♪

たしかこれくらいが理想の体重じゃなかったですか??


イメージ 38
カメラを用意する前にあっという間に潜って行きました(^^♪
とても元気が良さそうです♪

イメージ 39
今日の日付と体重を明記しておきました♪

イメージ 40
一番壁際の奥へ並べて置いておくことにしました!

このまましばらく触らずそっとしておこうと思います(^-^)

夏位までに無事羽化してくれると嬉しいです(≧▽≦)


この記事に

開く コメント(22)

5月〜6月で採れた幼虫を対象に行われるKLBなので先週作った菌床産卵セットに早くメスを入れたいのですが(^-^)


イメージ 1
下駄箱下で越冬を終えた種親達もゼリーを食べるようになってきました♪

なので仕切り版を外す前にハンドペアリングで相性確認です


イメージ 2
KLBに使用予定第一候補のペア♂83.5ミリ ♀54ミリ



イメージ 3
もし第一候補の親で幼虫が採れなかった時はこちらのペアで!
♂81ミリ ♀51ミリ


イメージ 4
しばらく観察していたのですがまだそんなに暑くないので動きが悪いかな?

オス2頭共に徐々にメスに対して興味を示すのですが・・・


イメージ 5
オスが顎で求愛した後のサイドステップで近づく時にはメスが前に動いてダメだったり・・・

メスがじっとしててもなぜかお尻を通り越して背中から頭にかけてナデナデしてばっかりで・・・

見ててイライラするくらい下手くそでした(;一_一)

結局オスはメスに興味を示すものの交尾には至りませんでした(^^;)

両ペア共に相性は悪くなさそうなので仕切り版を外すことにしました♪

イメージ 6
昨年の10月に羽化したホワイトアイのオスと12月に羽化を確認したメスも試してみたのですが・・・


イメージ 7
オスは一切メスに興味を示さないまま終了です

やはり玄関下の様な常温だと親が活発に動き出す5月位までは難しいんでしょうかね?

24℃〜25℃の虫部屋に移動するのか悩み中です(≧▽≦)

イメージ 14 良ければポチッっとお願いします<m(__)m>


おまけ
イメージ 8
自分と子供達用に買ったチョコボール20個の内8個目で銀のエンゼルが出ました(笑)

この記事に

開く コメント(22)


前編からの続き

ブリードルームを一通り案内して頂いた後に今日のメインディッシュを行いました♪



イメージ 1
まず初めに作業台の上にトレーと新聞紙を広げます。
勿論割り出し時に菌糸カスなどが床などへの飛散防止と後片付けも楽になるからですよね(^^♪


イメージ 2
左がヒロインターナショナルさん主催の久留米バトルの羽化ボトルで右がMOTO/SP系統期首体重38.9gから羽化したボトルです
どちらも完品で羽化してくれていることを願っていました(≧▽≦)


イメージ 3
まずは久留米バトルのボトルから取り出します♪
29.2gからの羽化です(^^♪
久留米で29gからだとサイズ的にも期待できるんじゃないかと思っていました。

元木さんが手際よく掘り掘りした後に、ドキドキしながらのぞき込むと・・・



イメージ 4
見えてきました!!


イメージ 5
結構でかいし形が綺麗です
間違いなく完品羽化ですね

イメージ 6
蛹室はボトルの上の方だったので直ぐに取り出せました。


イメージ 7
早速元木さんがトリートメントされました

素晴らしく綺麗な個体じゃないですか??
これぞ久留米スタイルって感じがするのは私だけでしょうか(笑)

家の久留米もこんな感じのが羽化してくれるかな(^^;)


イメージ 8
サイズ想定です!

手のひらの上では測りにくいし写真の撮り方でサイズが全然変わってくるので


イメージ 9
元木さんに教えて頂いた個体を裏返して測る方法で測りました(^^♪

80〜81の間?位でしたがコンマが測れないんで・・・

ヒロインターナショナルさん80ミリでお願いします(^^)/


イメージ 10
左から ちなみ系統 久留米系統 MOTO/SP系統を並べてみました。
元木さん順番間違ってたらすいません<m(__)m>

同じオオクワガタですが雰囲気が全然違いますよね!

各系統の特徴がよく分かりますね(笑)
久留米は幼虫時の体重が軽い分かなりスマートです。


イメージ 11
MOTO/SP系統今年度Ⅰ号羽化個体を見せて頂きました!
顎が浮いているので錯覚が発生していますが87ミリもありました(≧▽≦)

イメージ 12
イメージ 13
そしてその存在感が気になっていた特大のメス


イメージ 14
明らかに60オーバーしていました(≧▽≦)
サイズも大きいですが体重もおもっ(^^;)

イメージ 15
ちょっと雑木林に行ってカブトムシやカナブンと並べて樹液を舐めさせてあげてみたいです(笑)
勿論オスもセットで!!


イメージ 16
成虫管理用の針葉樹チップはいび活さんの物を使用されていました♪
貴重な個体を沢山見せて頂き有難うございました<m(__)m>


イメージ 17
そして次に掘り出したのがMOTO/SP系統期首体重38.9gから羽化したボトルです!
音のマークは3/24にボトルを持った時に蛹のゴロンとした音が聞こえたことから明記されています。

これくらいの体重になってくると完品羽化の確率も低くなってくるようで、どのような個体が出てくるのか期待半分不安半分って感じでしたね(^^;)

イメージ 18
先ほど同様元木さんが手際よく途中まで掘り出し、おもむろにボトルを手渡され恐る恐る覗いて見ると・・・


イメージ 19
自分から出てきてくれました!
えっ!


イメージ 20
めっちゃでっかいやん!!

しかも心配していた不全も無く完品羽化でした(*^^)v

今思えば久留米バトル個体を掘り出す時もですが、完品かどうか確認する時二人とも子供の様にかなりはしゃいでいましたね(笑)

イメージ 21
まだ裏側も赤くてお尻も少し出ていますね

この状態ではさすがにトリートメントできないのでそのままサイズ計測することにしました。


イメージ 22
あれ?
ちゃんと顎をあてている写真が残っていない(汗)
顎先から羽先まで85以上は間違いなくありましたね

もっと大きく見えたのは長さよりも横幅のせい??


イメージ 23
掘り出し後の蛹室です!
蛹室もでかいですね!ボトルの決まったサイズの中で上手に作るものですね〜


イメージ 24
取り出した久留米(左)とMOTO/SP系統を並べてみました。

久留米は体が固まっているので大丈夫なのですが、まだお尻の出ている個体はトリートメントもできないのです。

その場合どのように管理すればいいのかを元木さんに教えて頂きました

イメージ 25
まずボトルのなかにティッシュペーパーを適量入れます。


イメージ 26
個体を入れた後に霧吹きで濡らしたティッシュペーパーを再度入れて終了です。

早めに取り出した個体もこれだけで十分大丈夫みたいですよ(*^^)v

そして予定には無かった幼虫のボトル交換の実演を見せて頂きました♪


イメージ 27
交換するのはこの1/5に36.3gあったボトルです。
4本目ヘ交換します

イメージ 28
ボトル側面から見える幼虫は前蛹で無い事が分かりました。

イメージ 29
新しいボトルに前もって穴を開けておきます。

??元木さんが穴を開けてる工具はブログで拝見していましたが、実際に見ていると新しい発見がありました♪


イメージ 30
その工具とはこれです!

右側の菌糸に穴を開ける道具は家にもよく似たものがあるんですが、隣のアクリル棒??みたいなのが何に使うんだろうと前から気になっていたんですよ(^^;)


イメージ 31
こうなっていたんですね

これを見れば一目瞭然ですよね!

作業時間を短縮する為によく考えられていて関心しました(^-^)

イメージ 32
掘り出した幼虫がこちら!これがまたでかい!

既に蛹室を作り始めている様でした。この状態で掘り出すのは心配に見えた(蛹室を作り始めていた為)んですが、前蛹になる前なら次のボトルへ移っても再度蛹室を
作るそうです。

イメージ 33
体重測定♪

前回36.3g➡39gに成長していました♪

イメージ 34
新しいボトルへ潜ってもらいました。

イメージ 35
蓋を閉める前に、蓋裏の水滴を拭き取る元木さん。
この徹底ぶりが素晴らしいですね(*'▽')

イメージ 36
無事に4本目のボトルへ移すことができました。

イメージ 37
いつものボトル交換後に置く場所へ置いて終了です。


全ての作業が終了後、元木さんがオオクワガタを始めるきっかけになった事やホワイトアイの作出の原点となった個体の話、その他初心者の私が知らなかった様々なお話をしてくださりとても有意義な時間を過ごすことが出来ました!

それともう一つ初心者の私が勉強になったのは、もっとこうした方がいい等ネットの情報は信憑性が薄く
30年の経験には敵わないということですヽ(^o^)丿

元木さん昨日は本当に有難うございました<m(__)m>
今後ともよろしくお願い致します!




この記事に

開く コメント(28)

今日は朝から元木さんのブリードルームへ訪問してきました

家から元木さんの所まで1時間かからない位と思っていたので、9時に到着する為に家を8時に出発しました(^-^)

日曜日の朝ということもあり、道がガラガラで20分くらいで近くまで来てしまいました(^^;)
思ってたよりかなり近かったです(笑)

未だにガラケーなんでLINEが出来ないっていうのも不便ですね(笑)
9時ジャストに到着したんですが初めての訪問なのでかなり緊張しました

いよいよお邪魔させてもらってまず初めに思ったのがとにかく綺麗に整理整頓されていてブリードルームのようには全く見えなかったです(*'▽')

「あれ??いつもブログに写っている菌糸ボトルはどこにあるんだろう??」

イメージ 1
まず初めに菌糸ボトルを管理している部屋を見せて頂きました。


イメージ 2
入ってすぐに目に入ったのが正面にある成虫管理用の棚の真ん中に居てる見たこともないでかいメスです(≧▽≦)

イメージ 3
???

イメージ 4
え?? これオオクワガタのメスですよね??
このボトルは800㏄じゃないですよ??
1400〜1500㏄のボトルですよ??

イメージ 14
イメージ 11
イメージ 5
オス達もすばらしい個体達がたくさん並んでいました♪
存在感が凄かったです

イメージ 12
棚の一番上には産卵セットが!

イメージ 13
コバエシャッターの底面からは既に幼虫の姿が見えていました(^^♪


イメージ 16
これから使用されるボトルとプリカ♪

イメージ 17
凄く大きい幼虫のボトルが沢山(≧▽≦)
これから蛹化してくれるのかセミ化なのか?

イメージ 18
休眠パターンからブリードルームに移した幼虫たちも次々と蛹化のスイッチが入っていました!


イメージ 19
いつもブログで拝見しているボトル交換後の置き場です♪


イメージ 20
ニジイロコーナー(^^♪



イメージ 21
イメージ 15
とにかく綺麗なブリードルーム♪菌糸特有の匂いなども全く気にならなかったですね




イメージ 6
「パーラー元木」にも案内して下さいました(笑)

イメージ 7
北斗の拳SEで7を揃える嫁(笑)

元木さんは北斗の拳が好きでパチスロもされていますが、中押しをされてる姿はバリバリのスロッターでしたね(笑)

イメージ 8
久しぶりに楳図かずおの「漂流教室」を読みたかったのですが今日は漫画を読みに来たわけではありません(笑)

イメージ 9
懐かしいウルトラマンのフィギュアの数々や

イメージ 10
レトロな車やバイクのプラモ達♪
私も昔車のラジコンやガンプラ作りなどにハマった時期がありましたね〜♪

その後この日のメインディッシュが始まるのでした(*'▽')  後編へ続く・・・


この記事に

開く コメント(14)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事