杜の都スポーツ MoriSpo!

高校野球を中心に、杜の都・仙台に関連するスポーツ情報を発信! メールはこちらまで→mail@morispo.net

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

開く コメント(0)

イメージ 1

第90回全国高等学校サッカー選手権大会
宮城県大会決勝(ユアスタ・5日)

聖和学園1−0東北
今年の高校サッカー選手権大会、宮城県代表は聖和学園に!
ここ数年、優勝候補筆頭に挙げられながら
あと一歩のところで代表の座を逃していましたが、
悲願の初優勝を果たしました。

卓越した個人技の聖和対堅固なディフェンスを誇る東北という、
決勝は両極端なチーム同士の対戦。
聖和の鋭い「矛」が東北の堅い「盾」をどう貫くか、
逆から見れば、東北の「盾」が聖和の「矛」をどう防ぐか、
ここが決勝戦の大きな見所でした。
東北はフォワードの2人だけを前に残し、
残りの選手たちは自陣深くに引いてひたすら守るという戦術。
聖和の選手たちが仕掛けるドリブルを
体を張ってしのいでいましたが、
後半25分、高橋孝選手のゴールで聖和が待望の先制点。
この1点を聖和が守り切り、そのまま試合が終わりました。

シンプルな戦術をとるチームが多い高校サッカー界にあって、
聖和学園のサッカーは異質な存在。
全員が高い個人技を誇り、巧みなドリブルを中心に
細かなパスワークも織り交ぜながら相手ゴールに迫ります。
これはディフェンス陣も同じで、
ゴール前でも大きくクリアすることなく
ボールをつないで攻撃に転じるという徹底ぶり。
あの野洲高校を彷彿とさせるサッカーです。
こうしたスタイルなので、ハマれば強いですが、
相手チームとの相性によっては
打ち合いになって負けてしまうという脆さもありました。
しかし、東北のような前に出てこないチームだと
安定したゲーム展開に持ち込めますね。
東北は守ってカウンターを一発狙っていたのでしょうが、
聖和の高いポゼッションの前に
そうしたチャンスはほとんど作れませんでした。

選手権は初出場ですが、インターハイには2年連続で出場中、
そして、今年のプリンスリーグ東北1部では優勝と経験は十分。
全国大会での活躍に期待したいです!

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事