杜の都スポーツ MoriSpo!

高校野球を中心に、杜の都・仙台に関連するスポーツ情報を発信! メールはこちらまで→mail@morispo.net

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

天皇杯4回戦で、セレッソ大阪にPK戦の末敗れ、
ベガルタの今シーズンは終了しました。
東日本大震災の発生で、サッカーができるかどうかも
危ぶまれた今年・2011シーズン。
堅守速攻に磨きをかけ、リーグ戦では過去最高となる4位という
素晴らしい成績を残しました。
震災直後、マルキーニョスの退団という痛手もありましたが、
選手一人一人がハードワークを惜しまず、
チーム一丸となっての戦いを展開。
まさに、被災地にとっては「希望の星」となる存在でした。

昨シーズンと決定的に違ったのが、センターラインの強さ。
リーグ最少の失点「25」という数字が示しているように、
センターバックにチョ・ビョングク、
ボランチに角田が加入したことで安定感がグッと増しました。
一方で、14というリーグ最多の引き分け数が物語るように、
得点力不足に悩まされた面も…。
シュート数では相手を上回りながら、
決定力を欠いた場面が目立ちました。
来シーズン、さらに上を目指すには、
やはり攻撃面でのレベルアップが必要。
特に、外国人フォワードを中心とした補強が
大きなカギを握るのではないでしょうか?
最終節・神戸戦より(12月3日、ユアスタ)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事