ここから本文です
58才爺さんのつぶやき・・・時々秋田弁、妻に感謝をこめて・・・
新元号は 令和 であります。 争いのない安寧な世界を願います

書庫全体表示




今回は 東北北三県と 東北のマグニチュード5以上の地震について分析しました。

なお、来年から稼動させる予定の 東北地方での地震分析の暫定版です。

また、地震が続発している場所については 随時分析を行います。

一月は 地震加速度計の整備に一部はいります。

また、春には 大仙観測機を更新する予定です。

年月日 発震時間  暫定震源直上  震源の深さ  マグニチュード の順番です。

2012/12/29 00:02:09.274 女川 江島 東45km      27.7 3
2012/12/29 00:18:08.677 女川 江島 2時45km      34.8 3.2
2012/12/29 01:11:23.558 牡鹿半島 東95km 海溝西 35 4.6
2012/12/29 02:56:15.161 久慈 東50km      29.2 2.5
2012/12/29 10:40:07.004 男鹿入道崎 10時22km      12.7 2.7
2012/12/29 11:04:55.255 男鹿入道崎 10時20km      11.6 2.4
2012/12/29 11:06:27.861 福島 広野町 東40km      17.7 3.1
2012/12/29 11:36:27.619 女川 江島 東49km   30.8 3.3
2012/12/29 12:05:41.431 金華山 4時25km      61.3 3.8
2012/12/29 16:19:33.045 いわき市 東25km      50.3 5.3
2012/12/29 16:20:05.481 函館恵山岬 東12km      88.8 3.3
2012/12/29 17:28:48.705 釜石 唐丹 東80km       8 3.7
2012/12/29 19:02:16.690 岩手 宿戸駅 東40km      35.9 2.6
2012/12/29 19:52:28.729 普代村 白井海岸 東5km 22.7 2.9
2012/12/29 21:39:31.070 久慈市立宇部小学校 東0.35km 6.4 2.1
2012/12/29 23:01:23.130 男鹿入道崎 10時20km      13.4 2.1
2012/12/29 23:23:59.188 金華山 南東30km      26.6 3.3
2012/12/29 23:59:37.029 南三陸町 末の崎 東55km 34.3 5.9
2012/12/30 00:52:09.316 金華山 南東15km      49.2 3.4
2012/12/30 00:54:36.111 角館雲然 桧木内川、玉川合流部の西 6.7 2.2
2012/12/30 01:10:39.881 東由利田代 住吉簡易〒 北1km  137.1 2.2
2012/12/30 02:20:03.244 南三陸町 末の崎 東58km 30.9 3.3
2012/12/30 02:55:16.981 下北 尻屋崎 東40km       65 2.6
2012/12/30 03:31:53.909 田野畑村 弁天崎 40km 35.9 2.9
2012/12/30 05:54:47.330 久慈市立宇部小学校 4時0.2km 6.7 3.1
2012/12/30 05:56:41.709 久慈市立宇部小学校 東0.5km 6.1 1.5
2012/12/30 08:05:19.822 いわき市 4時45km      35.3 5.2

この分析時間で マグニチュード5を越える地震が3回発生しています。
最高震度4が2回 震度3が1回発生でした。


その後も地震は発生していますが 現在20時45分では 減少に転じています。
今回はやや広域な震源を載せてみました。

29日は 女川町の沖合い 江島から 東方45キロ付近で地震発生からスタートです。

久慈市立宇部小学校の東震源の地震は ごく狭い範囲でほぼ同じ深さ6.1〜6.7kmで3回
マグニチュード2.1  3.1  1.5 で 全て揺れや突き上げなどを感じたと思われます。
注目した点は 以前も同地区で地震が見られており 今なお活動しやすくなっていること。
学校などが付近に見られるため 冬休みでよかった点
直下で この深さで3.1のマグニチュードが見られることから 注意が必要なことです。
また、久慈の 東方でも地震が散見されますので 洋野町の大きな地震を思い出し
再びの 大地震に結びつかないよう 付近の方で データー分析する方がいないものかと
案じております。

太平洋での地震は 多種多様ですが 数が減少傾向にありながら 揺れる地震も単発的に発生し
また、震災震源付近で連動するかのように同じような地震が発生する傾向にあります。
東日本では 依然地殻変動は続いているようですし、その修正が数年で済むはずはありません。

どうか 千年一度の震災ならば 少なくとも100年は安定に要すること。
最低でも20年ほどは 最大余震に警戒すること

また 震災を忘れ去らないことが大切です。

良い年を迎えるためにも 震災の経験を風化させないよう これからも震源分析を通じて
減災 を進めたいと考えております・

積雪の多い地域では いざというときの逃げ道にも配慮が必要です。

                            良いお年を・・・・・・

  • 顔アイコン

    押し詰まってから揺れますね。昨年の日記を見たら12月27日から28,30とゆれてました。
    それで買い物客が殺到して道路が渋滞したとかいてありました。
    しずかなお正月であって欲しいですね。

    [ えっちら ]

    2012/12/30(日) 午後 9:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事