甲州B級グルメ

リーズナブルなフード系のブログです。ブックマークよろしくお願いします。

日本蕎麦

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

この蕎麦屋さん夫婦は二人とも寡黙です。会話しているのを見たことがありません。何十回と行っているにもかかわらずです。奥様は常に清掃をしています。だけど決して無愛想なかんじではありません。いらっしゃいとありがとうございましたは言ってもらえます。茹で立てはすごく美味しいという話をハミルで聞いたので早速購入することにしました。

奈良屋 甲府市城東5-8-10 055-233-6946 11:00-19:00 麺類の食事でなく購入はもっと早くからかもしれません。日曜祭日定休

イメージ 1
2人前140円(込み)でした。4人前購入しました。
店主さんに、自分でゆでるとここで食べるより美味しいと言われたのでというと
店主さん「茹で上げ」
私「やっぱり茹で上げは美味しいですよね」
店主さん「7分」
私「7分ゆでればいいんですね」
店主さん 頷く
やはり寡黙です。

イメージ 2
香りのよいお蕎麦でした。コシもあります。天ぷら・長ねぎ・山葵を添えて・・

開く コメント(0)

今日は仕事を終えた後、城東に向かいました。

イメージ 1

奈良屋 甲府市城東5-8-10 055-233-6946 11:00-19:00 日曜定休

イメージ 2
天ぷら蕎麦大盛340円 この天ぷらはもちろん単体では食べられませんが、40円です。利益があるんでしょうか。なお、ハミル情報では、ここは製麺所のため、茹で上げの蕎麦・うどんはとても美味しく、そのためには麺を買って家で茹でなければなりませんがその価値はありそうです。

イメージ 3
夕方からティーチャーズを飲んでいます。1,000円強です。姉妹品にティーチャーズセレクトというサントリースピリッツ社のものがありますがこちらは本当に日本向けアレンジでスモーキーさがかなり飛んでいます。
オリジナルはビーム・サントリーのものですがこちらの方がスコッチらしいです。オリジナルは1863年にウィリアム・ティーチャーが生み出したものです。日本では1870年にウイスキーが作られ始めたのですが販売用の生産は1924年から。
ではワインはというと紀元前8000年頃には現在のジョージア(国です。ジョージア州ではありません)で飲まれていたそうです。
勝沼では
1877年(明治10年)、当時の祝村(現在の甲州市勝沼下岩崎)に創設された大日本山梨葡萄酒会社が、2人の青年(高野正誠、土屋龍憲)をワイン醸造技術の習得のためにフランスへ派遣した。2年後に帰国した両名によって、甲州種を使い本格的なワイン生産が初められたが、醸造や貯蔵の技術に問題があり、不良品が流通するなどしたため、同社は1886年(明治19年)に解散した。その後、勝沼では、この試みを引き継いで、ワイン醸造事業が様々な形で展開していった(ウィキペディアより)
ウイスキーの技術は割りとすぐに輸入したのに、ワインは10000年近く経ってからなんですね。
しかしハイボールが好まれる世の中になったものですね。

開く コメント(0)

今日はまだ日差しが弱いです。昨日は仕事が終わってからアルプス通りにできたお蕎麦屋さんに行きました。
駐車場に入れるのがやっとでした。新しいもの好きの山梨県民気質はそうそう変りそうにありません。

イメージ 1
信州そば処 小木曽製粉所 甲府市下飯田3-8-2 055-287-8911 11:00-21:00 定休おそらくなし

イメージ 2
ざるは並・中盛(1.5人前)大盛(2人前)ど
れも500円(税別です)。特盛(3人前は200円増し)
コシが強い蕎麦ですが香りは弱めです。コシ重視の方にオススメです。

イメージ 3
とろろ 150円
刻み長ねぎはフリーでよそれます。が、これも香りが弱いです。

イメージ 4
大盛にしたので量は文句ありません。

イメージ 5
玉子天(100円)と紅生姜かき揚げ(130円) 玉子天は中が半熟です。似たようなものがほったらかしの湯でも販売されていますが、あちらはフライですね。
天ぷら系はほぼ揚げたてなのでかりっとしていて美味しいです。
令和元年の下半期をそばでスタートさせるのも悪くありません。

開く コメント(4)

甲府市徳行 十割そば

いやいや、昨日とは打って変わって暑いですね。梅雨の晴れ間ですね。まあ雨よりも、もちろん気分はいいのですが。
今日は母と酒の出張買取店に行く前に腹ごしらえをしました。買取店にはヘネシーVSOPを持ち込んだのですが
1,000円といわれたため私が飲むことになりました。

イメージ 1
かつや甲府昭和インター店の南西です。
風林華 甲府市徳行3-9-1 055-236-0114 11:30-14:00 18:00-23:00 祝日は夜のみ営業 無休
店内には有線かCDかわかりませんがボサノバが流れていました。かと思うと客席に大きなぬいぐるみがあったりとちぐはぐな印象を受けました。

イメージ 2
北海道産の蕎麦粉で十割のようです。特製岩塩には興味がありませんので、おつゆでいただきます。私は天ぷらも塩より断然天つゆです。

イメージ 3
天ざるの天ぷら1,250円 海老・かぼちゃ・山菜・大葉・ピーマン・なす・・など。からっと揚げてあり美味です。
そばつゆは私は食べていないのでわかりません。

イメージ 4
肉ざる780円税込み のそば  手打ちにしてはあまりに揃っていると思いましたが店主の実力かもしれません。香りも味もいいです。

イメージ 5
肉ざるのおつゆ。長ネギ・豚肉・ピーマン・人参・しめじが入っていました。
こちらはお得かもしれません。

南海キャンディーズのしずちゃん素敵です。自分のことよりも相方のことを考えるって・・場合によってはお笑いの相方は家族のような存在かもと思いました。私はフラガールで、初めて、しずちゃんを見たとき、そのときはしずちゃんという存在を知らず、ずいぶん大きな女性だなぁ、日本人かなと思いました。大変失礼な感想でした。しずちゃん、あなたは大和撫子です。

開く コメント(2)

今日は平成最後の日ですね。だけどなにか特別なにかをしたいわけでもありません。
私はアルバイトをしました。校正・ラミネート加工・裁断の仕事です。
お昼はバイト先のM社長にごちそうになりました。

奥藤第二分店 甲府市川田町484 055-232-5365 11:00-14:00(日祝は14:30) 17:30-20:30 水曜定休

イメージ 1
大ざるをごちそうになりました。 750円+税 香りが強いです。と思ったら蕎麦の中に蕎麦の実が見えました。
わざと粗く挽くんでしょうね。

イメージ 2
おつゆが大ざるだからか大きいです。薬味に大根おろしもついていました。
お昼どきということもあり満員御礼でした。これで奥藤は第六、第八、第九、第十、第二と行ったことになります。
第二分店、混雑しているだけあり美味しいです。M社長、ごちそうさまでした。

イメージ 3
桜井町の「カフェゆんたく」の自家製野沢菜です。パスタに使用されます。
私はどこかに委託して作ってもらった「自家製」なのかと思いましたが正真正銘の自家製でした。
これだけの手間をかけるお店はそうそうないと思います。頭が下がります。

ユチョン 残念ですね。屋根部屋のプリンス、トキメキ☆成均館スキャンダル 主演のユチョンが薬物まみれとは
本当に驚きました。JYJ(東方神起から分かれた3人)の存続が危ぶまれます。
ピエール滝が飛び火したのか、おそらくなんの関係もないのでしょうが、平成最後にいろんなことが起こります。
明日から令和ですね。明日からも食べ続けます!!

開く コメント(2)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事