甲州B級グルメ

リーズナブルなフード系のブログです。ブックマークよろしくお願いします。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

雑感



山尾議員について

週刊誌報道によると夫(東大の同級生)は事業がうまくいかず、山尾議員は離婚の相談を不倫相手となった弁護士にしていました。事実上、婚姻関係は破綻していたと見るべきでしょう。

1986年12月の鳥取地裁判決では、婚姻関係が破綻していた場合、夫婦間のレイプは成立するとあります。
このことからすると、山尾議員の行った不倫は不倫に相当せずこちらこそ純愛ではないでしょうかと思います。

斉藤由貴について

私は斉藤由貴のファンでした。彼女は平成3年に尾崎豊、平成5年に川崎麻世と不倫しています。根っからの不倫体質なのでしょう。夫となった男性(モルモン教徒・当時は市会議員)はこれを承知で結婚に踏み切ったわけなので
彼女の癖は織り込み済みと見るのが相当でしょう。娘も彼女のことをわかっていると思うので「お母さんは恋愛体質だから」とか思っているかもしれません。
仮定に仮定を重ねてしまいましたが、これなら週刊誌やテレビのバッシングを受けなくてもいいのではと思います。
そもそも女優や歌手、芸人は一般人とは違うモラルで生きていてもいいのではと考えます。
いい曲や、いい演技、面白いネタを提供してもらえたらそれでいいのかなと・・
相手の医者は責められても仕方ないと思います。医者はある意味特権階級なので厳しいモラルを課していただきたいです。

豊田議員について

同情の余地なしです。いくら東大→ハーバードでも人格に障害がありそうです。山尾議員と東大で重なっている
みたいですね。
豊田議員が逃げ回っていた3ヶ月の間、事務所を切り盛りしていた女性秘書に労いの言葉ひとつもなかったそうです。
彼女は社会の害悪なので議員どころか、社会にも出ないようにしてください。

誤解していただきたくないのは、私の好みの顔だと擁護してそうでないと斬ってしまうということではありません。
行動で判断しています。

さて明日は勝沼朝市、そろそろ寝ないと・・お休みなさい。

この記事に

開く コメント(4)

桃源郷マラソンまであと3ヶ月です。さっきも小瀬で走ってきました。
所得税がかからないといえば、所得のない人を思い浮かべますよね。普通は。でもお金持ちでも課税されない人がいるようです。

イメージ 1
この本のP255〜257を読むとわかります。
作家の黒木亮氏は本名 金山雅之 北海道深川西高等学校から早稲田大学法学部 卒業後、三和銀行入社
ロンドンの証券会社を経て三菱商事ロンドン現地法人勤務 サラリーマン生活を23年送り作家活動に。
早稲田時代は競争部所属 第55回の箱根駅伝では2区の瀬古利彦からたすきを受けそのまま首位のまま4区につないだというスポーツマンでもあります。

さて、1年は365日か366日ですがその半分は183日。どこの国にも183日以上滞在しないと非居住者となり、どの
国も課税できないとのことです。
何ヶ月か前に私のブログに見慣れない人からナイスがあり、どういう人かなと思って彼のブログを見るとフェラーリやカウンタック、ポルシェを所有し年中、韓国のカジノに行ったり旅行していました。この人もひょっとすると非居住者かもしれません。ふつうのサラリーマンには不可能でしょうが、売れっ子の作家や賃貸収入がかなりある人(働く場所に制限がない人)なら可能かもしれません。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

雑学豆知識

今朝、NHKのラジオ英会話を聴いていたら次のような一文が出てきました。

They speak with gusto.!
最後の単語はファミレスのガストのgustoです。私はなにかの固有名詞でとくに意味はないんだろうと思ってました。
例文は「2人は嬉々として元気に話をする」という意味です。電子辞書で検索すると「心からの喜び、熱意」とありました。
ガストは呼び出しベルを初めて日本で導入したファミリーレストランとして知られています。

去年末に友人と飲んだとき(友人の一人は身延線で甲府に来る)待ち合わせ場所を駅ビル5Fのサイゼリヤにしました。理由は駅から最も近い喫煙場所があるためです。
サイゼリヤってなんか意味があるのでしょうか。サイゼリヤはイタリア語で「くちなしの花」だそうです。
ここで渡哲也さんの歌を思い浮かべる方もいるでしょう。

イメージ 1
くちなしの花ってこんなかんじです。可憐ですね。花言葉は「私は幸せです」お客様に幸せを感じてもらうことが
お店側の幸せだということだそうです。

なんでくちなしの花なんでしょうね。サイゼリヤは1973年5月1日設立ですが、その前1967年7月7日に千葉県市川市に1号店がオープンしたようです。(まだ会社設立前なんですね)
で、7月7日の誕生花がくちなしの花となるという次第です。

サイゼリヤもガストも庶民の味方だと思います。ファミレスはあまり利用しませんが、この2店とバーミヤンは
ときどき行きます。個人商店をあからさまに攻撃するような出店形態も見ることがありますが共存共栄を図っていただきたいです。

この記事に

開く コメント(2)

徒然なるままに・・・

今日は韮崎まで無尽仲間のご母堂のお通夜に行って来ました。学生時代、仲間の家にたびたび泊まりました。
お母様は朝から、とんかつや焼肉を出してくれました。びっくりして朝からおまえの家はこんなの食べてるのと聞いたら、弟の弁当のついでだよと言っていました。本当のところはご母堂が亡くなった今ではわかりません。
お母様はどうやら還暦を過ぎてから書を習い始め師範になったそうです。私も負けていられません。
ご冥福をお祈りします。(合掌)

ところでアーネスト・ヘミングウェイは1940年から1960年まで彼の40代から50代をキューバの首都ハバナで過ごしました。52年に「老人と海」を書き下ろしました。翌年ピューリッツァー賞、54年のノーベル文学賞を受賞しています。
この本は私も若い頃読みました。彼がキューバで愛した飲み物はダイキリとモヒートです。彼はダイキリを「フロリディータ」、モヒートを「ボデギータ」というバーで飲むのを好みました。
ヘミングウェイはラム酒をダブルにし砂糖を抜いた特注のダイキリ「パパ・ヘミングウェイ」を飲んだそうです。
(今度作ってみます)
ちなみに私が飲んだモヒートで一番美味しかったお店は六本木のORANGEというお店です(伊仏料理のお店)あまりに美味しいのでカクテルに力を入れているんですか?と訊いたら「入れてません。モヒートに力を入れているんです」とのことでした。山梨のモヒートに飽き足らない人は行ってみてください。

フロリディータでカウンターの一番左の席はロープが張られヘミングウェイの専用席になっているとのこと。

日本の文豪 開高健の行きつけだった赤坂見付の「木家下(こかげ)」というバーではカウンター席の一つに開高健の席というプレートが貼られているとか。
開高健は作家になる前、サントリー宣伝部にいました。テレビ局のアナウンサー採用と同じく宣伝部は独自の採用をしていました。(私が学生のころの話なので今、通用するかどうか不明です)
というわけで、すごい人だなとは思ってました。著作も何冊か読みました。

キューバに行くのは大変ですが赤坂見付くらいならがんばれば行けそうです。来年の目標にします。



この記事に

開く コメント(2)

マイナー雑学

私は今日も昼間は暇です。昔話の三年寝太郎のように「世の中に寝るより楽はなかりけり浮世の馬鹿は起きて働く」などという気はありません。実際にやってみればわかるように人間は無制限に寝られるようにはできていません。
たぶん人間はある程度、知的生産をしないと生きられないのではないかと思います。

さて純米酒って美味しいですね。量販店やスーパーに行くと
イメージ 1

こんなお酒も売っています。小さく純米酒の規格に該当しませんと書いてあります。さてなにが違うんでしょう。
純米酒は「こうじ米の使用割合が15%以上」と決められています。米だけのお酒の標準的な作り方は「コメを
溶かし液状にしてから仕込む」そうです。これだと、こうじ米の使用割合が15%を下回るようです。
私は日本酒に醸造アルコールや糖類が入っていても構わないと思う(それも技術だし)ので、当然、米だけの
お酒もアリだと考えます。

ところで、私は家での読書に飽きたとき、マックとかサンマルクカフェとかドトールに行きます。
ところでマクドナルドの日本進出は1971年7月 銀座三越店内に1号店の銀座店から始まりました。
当時、銀座の商店からバーガーを立ち食いする客をみて銀座の雰囲気に合わないとマックにクレームが行ったそうです。2007年6月に銀座店は営業を終了しています。現在、銀座に銀座インズ店、銀座アイタワー店というのがあるようですが1号店に敬意を表して銀座店とは名乗らないのだと思います。

またまた話は変わってすかいらーくの1号店はどこでしょうか。ヒントは名前にあります。
らーくは英語でLARK ひばりの意味です。東京都西東京市ひばりが丘が発祥です。このことは一緒に仕事をした東急エージェンシーの方から教えていただきました。
また駄文を読んでいただきありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事