住田正彦のブログ

2012.6に他のブログから400件の記事も一緒に引越し。日曜の夜更新です。原発問題は平日に掲載。

全体表示

[ リスト ]

【966】Mysty研究会その後
私は4年前に、おじさん5人組の雑談会「Mysty研究会」を立ち上げたとの記事を書きました。
5人のイニシャルからMystyとしましたが、何だか秘密会合みたいで良いなと名付けました。
それがずっと続いており、開始から5年たち、第44回を迎えました。1回/1−2ヶ月で開催しています。夜にすると宴会モードになってしまいますので、お昼ご飯を食べながらの2時間の談笑会です。単なる雑談では面白くないと、毎回テーマを決めて各自準備することにしています。理系が3人、文系が2人、生まれは四国2人、近畿3人の構成です。
前回のテーマは「雲」。人によって、話題が別れました。
私はいつも理系の話になり、今回は気象条件と地形と大雨との関係の実例検証。
六甲山の北東に発生した局所的大雨から考察開始
イメージ 1


ある人は、理系ですが詩が大好きで、雲の写真と雲を謳った詩を組み合わせた印象的な自作品を提示。「虚無よ! 雲よ! 人生よ!」
イメージ 2

彼のHPです。Photo poetryのタイトルで、彼の好きな詩に合う写真を自分で撮って、組み合わせています。

もう一人は、「雲」という漢字の由来。元々は「云」だけで雲をさしていたのが、「云」は発音が似ていた「言う」にも使われ出したので、区別するために「雨」を付けたとのこと。

云の漢字は、水蒸気が立ち上る様子(右)と、雲から龍の尻尾が見えている(左)という説があるようです。
イメージ 3
他にも「雲」偏の珍しい漢字の紹介。「靉靆」(あいたい)雲がたなびくようす、それから転じて気分が晴れない状態

他の一人は、色名が付いた雲の紹介。「白雲」、「青雲」、「紫雲」、「玄雲」、「紅雲」、「黄雲」
玄雲は黒雲のことです。

最後の一人は、Cloud Computingと、それから連想したCrowd Funding、更にFintekFinance Technologyの話題。元銀行員らしい内容でした。

という訳で、それぞれアプローチが異なっており、面白い会話になり2時間があっという間に過ぎました。おじさんも結構おしゃべりです。
この会は長く続けようと話しています。次回は「風」です。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

同じ素材でも視点が違えばいろんな見方が出来るわけで・・・
面白いですね

2019/3/25(月) 午前 9:00 3Dsan 返信する

顔アイコン

> 3Dsanさん
十人十色とはよく言ったものです。人間は多様性があるので面白いのでしょうね。「風」でも分かれると思います。私はやっぱり理系の話になりそうです。

2019/3/25(月) 午前 11:52 [ 住田正彦 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事