考えるブタ

私たちはほんとうに現実を見ているのか?

全体表示

[ リスト ]

菅首相は「合意事項を守る」「日米同盟を深化させる」といったことしか言わない。共同声明では配置や工法についての合意が8月末までとなっている。ここで「付属施設の配置」という言い方が出てきた。それまではヘリポートとか滑走路という言い方しか出てこなかった。辺野古に滑走路をつくり隣接水域にも揚陸用の施設をつくるつもりだろう。この「付属施設」というあいまいな言い方が米軍の意図をよく表している。要するにこれまでは滑走路を沖合に出すかどうか、などという問題だけを議論してきたがもっと広い範囲を埋め立てて滑走路以外の施設もついでに造ってしまおうという意図があるのではないか?そうなると自民党政権の合意内容より米軍にとって都合のいいものになる。このあたりの具体的な案は日米で話し合われているだろうが国民には伏せておこうということだろう。

もう一つの問題は、沖縄の「負担軽減策」ということがさかんに言われるが菅の口からは具体的なことは何も出てきてない。それがこれまでは嘉手納基地以南の土地返還だといわれてきた。しかし、そういう具体的な軽減策はアメリカによって公表されたわけではない。それは当然であって、協議の中でアメリカは普天間移設を完了しない限り「普天間基地返還」も「負担軽減策」もないよ、と言ってきた。だから具体的な提案はアメリカからもない。だから辺野古沖を埋めて新基地を造ってやってもその後どういう展開になるかはまったくの未知数だ。

地元住民が強く反対している、という事実をこれまで政府はどれほどアメリカに伝えただろうか?これは政府に伝えるだけじゃなく米国の議会や世論にも伝える必要があった。アメリカを動かすもっとも大きな要素が「地元住民の強い反対」にあることは明らかだ。

協議の中で基地の「使用期限」の問題を提起しなかった。アメリカは安保条約そのものが10年ごとの自動延長で来ているんだから基地に使用期限をつける必要はないという立場だろう。実際半永久的に必要とするといった発言をこれまでも行っている。沖縄の海を埋め立てて、我が国の国土に半永久的に日本人が立ち入れない土地をわざわざ造ることなど誰が賛成するだろうか?そんなことは安全保障以前の問題だろう。

この憎むべき奴隷根性は「地位協定」に手をつけようとしない態度において極まっている。米兵や米軍のしでかした犯罪や事故の始末に対しては一切の治外法権的な特権を許さず日本の手でこれを追及し、被害に対して高い代償を支払わせる協定に作り替えなければならない。

長くなるといけないから、これで終わりにして、最後に一つだけ付け加える。

菅政権にもその他の政党にも沖縄の声を届かせるべく米国と真剣に交渉しようとする意思は感じられない。むしろ米国といつまでももめることを好まない保守層に迎合し沖縄を懐柔することしか考えていない。民主党は一年足らずの経験から社会民主主義右派の傾向を強めたばかりかきわめて権力主義的な政権に変貌している。これが鳩山政権の否定の結果だ。菅直人は市民運動なるものとは何の縁もない。

「日米同盟の深化」とは、アメリカの意向を受けて沖縄住民を懐柔し新基地建設をやがて強行しようとする姿勢であり、「財政再建」とは、財政の失敗を増税で民衆に転嫁するべく保守層を巻き込んで権力主義的に挙国一致をねらう政略にすぎない。これは主流派だった小沢ですら意図しなかった民主党の右傾化であり、自民党に替わる第二の保守党を目指すものだ。仮に民主党が衆参で安定多数を確保したとしても、このままでは、多くの人々が民主党にいだいた「新しい政治」への期待は今後次々に砕かれていくだろう。

この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

左翼の畑に芽を出した風向きあだ花が菅さんです。頭も心も保守とは全く相いれない人物です。

2010/7/4(日) 午前 11:25 [ 琵琶湖研究室 ] 返信する

顔アイコン

同盟関係の定義が曖昧になっているような気がします、曖昧にしたらアカン事を曖昧にする、、、沖縄の基地機能の一部グアム移転問題で
は 新たな負担の要請も〜
沖縄問題を考えるときの資料として→ http://library.thinkquest.org/19981/data-j.htm ← をどうぞ
ここに歴史的な経緯も含めて参考になると思います。
時間がかかっても平和の方向へ、それが普通の人の共通した考え方と思っているのですが、、「考えるブタ」の閲覧者の皆さん、ぜひ一度、、

2010/7/4(日) 午後 0:25 qrp0001 返信する

顔アイコン

がんく〜さん、ありがとうございます。

2010/7/4(日) 午後 0:26 [ masahito2117 ] 返信する

顔アイコン

サチコさん、アメリカを選ぶといってもいざという時にアメリカは日本の期待するように動くかどうかわかりません。アメリカじゃなければ中国だと言ったように二者択一しかないわけじゃないでしょう。どっちにつくかといった判断ではなくどこにもつかないという判断を基礎に考えていいはずです。核や兵器で軍備を競うような方向は日本の方向じゃない。それぞれの国が日本に何を求めているかをよく見極めて共存共栄の道を探る外交能力というものがこれからはいっそう問われるでしょう。どこの国にも言いなりになるということは考えられない。そうならないためにはいつでも軍事力に転化できる高い生産力と技術力を持ち、その国力を背景にして世界の諸国との友好関係を築くことを第一と考えるべきです。これまでの日米関係は隠し事が多い。民衆を欺いてまでアメリカにへつらってきた。日本の国土を半永久的な基地に供して恥じない政治家を「現実政治家」とは呼べない。こういう態度が日本をダメにしてきた。私はそう思っています。ありがとうございます。

2010/7/4(日) 午後 0:26 [ masahito2117 ] 返信する

顔アイコン

琵琶湖さん、日本の保守そのものが変質しているように私は思います。60年代ぐらいまで想定できた保守というものと今の保守と称している勢力ではまったく違うでしょう。それは右翼や左翼という言葉についても言えることです。それぞれが得体のしれない敵を想定して語っているにすぎない。たとえばいったい日本の古き良き伝統を生活や思想に血肉化している保守政治家がどこにいるんでしょう?ありがとうございます。

2010/7/4(日) 午後 0:36 [ masahito2117 ] 返信する

顔アイコン

まいどさん、それがあります。方向はそういうことです。しかし普天間移設一つとっても初めの約束がどんどん時の日米政権によって換骨奪胎されて、今では約束を果たさないと沖縄の「負担軽減」も考えないぞと向こうから言われるほどになってしまった。クリントンが約束した趣旨からすればもうとっくに普天間基地は返還されているはずなんです。つまり、日米同盟は時の力関係でどんどん変化していっている。まいどさんが指摘するように気が付くといつの間にか初めの同盟のあり方とはずいぶん違った方向にきてしまったということになる。そのやり方が曖昧化と既成事実化です。そこをよく見てものを言うべきです。ありがとうございます。

2010/7/4(日) 午後 0:44 [ masahito2117 ] 返信する

顔アイコン

この問題は私個人が考えただけども問題が多すぎて何とも言えませんが、日本を取り巻く諸国の政治情勢がいつどのように変化し、日本の脅威になるかは予測不可能です。平和外交をするにしてもやはり同じ土俵で対等になるには軍事力が必要な場合が発生する可能性も絶対にないとは言い切れません。しかし、軍備がどの程度必要かとなるとこれも難しいところですが、同盟国、国連による救済措置が入るまで持ちこたえる程度の軍事力となるでしょうか。いずれにしてもアメリカ頼みの体制から脱却するためには、憲法9条を何とかしなければ進まないのではないでしょうか。

2010/7/4(日) 午後 4:48 [ LET IT BE ] 返信する

今、日米関係を重要視しなければ、徴兵も無い、核も持たない、平和ボケの日本にとって最悪のシナリオになるなじゃ無いでしょうか?
尖閣諸島、竹島の件、何も言えない日本政府。
国民もそうですが政府もボケています。
米を日本から追い出すには再軍備も必要不可欠。
根本的に憲法から変えられれば問題ありませんが根が深すぎる、問題だと思います。

2010/7/4(日) 午後 6:24 phino65 返信する

顔アイコン

「抑止力」と言う名のお財布の使用権を許し続ける事に尻尾を振る様では、永久に浮かばれる事は無い。

グァムム移転と称して、請求書の増額が回ってきた。
米債購入は例年を下回らない様にとの指示が来ている。
米債は売れば円高による損失、買えばアメリカと心中、お先真っ暗。
民主党の議員の中には、野党時代、米債を円建てにさせるとのたまわっていた方も居たが、今は其の声も無い。

金余りの資金は金融機関を通じて、ヘッジファンドのビバレッジ資金への融資となり、日本人の持ち株は貸し株に出されて、売り浴びせら損切りを余儀なくされ、ヘッジファンドはウハウハ、日本の株主はひーひー何処まで行ってもアメリカ様さま。財政の赤字は貧乏人負担で解消を意図し、金余り、余り金毟りは続く。
いいかげんに国益を考えよう。

2010/7/4(日) 午後 10:26 [ 櫻(N) ] 返信する

顔アイコン

LET IT BEさん、そこで考えるべきはこういうことでしょう。日本列島を戦場にしてアメリカと北朝鮮なり中国なりが戦うことを我々が欲するのか?という問題です。現代戦では日本への空爆や上陸侵攻などろいうものは考えられません。日本に対する攻撃は同時多発の核ミサイル攻撃しか有効じゃないでしょう。ミサイル防衛は完全ではない。それが沖縄なり東京なりに着弾すれば何十万という日本人があっという間に死にます。それから米軍や多国籍軍が来て日本を戦場に戦っても何の意味もない。まずそこから私は考えます。ありがとうございます。

2010/7/5(月) 午前 8:22 [ masahito2117 ] 返信する

顔アイコン

ピノさん、だからといって沖縄に新たな米軍基地をつくらせる理由にはならないでしょう。我国を守るということは、沖縄をふくむこの国土と民を守るということ、沖縄の民に我慢を強いわが国土を基地に自由使用させていったい何を守ろうというのか?ここから考えてみるだ。軍事協力はもっと具体的なものにする必要がる。今のままでは日本の作戦に協力するということしか出てきません。こういう場合は米軍はこう行動して守る、といった具体的なものじゃない。平時における海兵隊の沖縄駐留がどれだけ抑止力になっているのか?きわめてあいまいだ。仮になってるとしたらそれは反作用として攻撃対象のリスクにもなっているということです。抑止力などというものは攻撃力との作用反作用で考えられるべき概念でしょう。しかも地元住民があれだけ反対している辺野古移設を容認する理由にはならないだろう。あれは反対だけれど押し切られたというだけのことで戦後の日米関係を追体験するような出来事だった。沖縄の人々を苦しめてまで基地を置いておく理由などありません。そうでなくとも、日米のより高度化した軍事的協力関係は十分にできるのです。ありがとうございます。

2010/7/5(月) 午前 8:45 [ masahito2117 ] 返信する

顔アイコン

sakuraさん、本質をよく指摘なされている。私も以前から言ってきたことだが、日米同盟は軍事同盟だけではない、経済の対米依存としかるべき金の肩代わりの体制だということ、それが次第に露出してきた。日米同盟においては、辺野古移設もドルも国債も低金利もすべてが連動している。アメリカはたとえ譲歩するにしてもタダで転ぶようなことはしない。日本に対しては特に与し易しでやってきた戦後の高飛車な態度を改めていない。約束通り移設しないと基地の「負担軽減策」など何もしないぞ、これが軍事の側面だとすると、ドルは協調介入するまで売るな、米国債はどんどん買え、金利はヘッジファンドの資金がアメリカの金融界に集まるように低金利のままにしておけ、それで財政がもたないなら増税しろ、これが経済の側面でしょう。どちらかといえば、安保条約の経済協力条項こそ日米同盟を不動のものとする信仰の根源にあったものだろうという気がします。日本はその信仰で経済大国になった。そのために民衆が大変な犠牲を払ってきた歴史などみんなとうに忘れている。ありがとうございます。

2010/7/5(月) 午前 9:07 [ masahito2117 ] 返信する

masahito師さま 御前に(礼)

まだ腹が立って感情的になってしまいます。ただでさえ支離滅裂な脳みそでする。この怒りとこのムシムシ暑さ。たまりませぬ。私が政治に向かないことは百も二百も承知です。が、何より口惜しいのが自尊心です。国にもプライドがあります。なんでここまで!と、先にムカッと来てしまってすみません。表現できません。口惜しい!!言いたい事がキチンと居えぬもどかしさ。すみません。(礼)

2010/7/5(月) 午後 6:23 [ じゃじゃまる ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。

あれだけ盛り上がった基地問題も、いつの間にか端に追いやられた
格好です。
沖縄は紛れもなく日本国であり、またそれを守るのも我々日本人であるべきです。日米同盟は友好同盟に変えるべきです。

すいませんちょっと言葉がまとまりません。

2010/7/5(月) 午後 9:40 [ oyaji ] 返信する

顔アイコン

じゃじゃまるさん、まあ落ち着いてください。十分言いたいことはわかります。我々は人としても国民としても誇りを持つべきです。それは自分のさしあたりの利益のために同胞を見捨てるようなことはしない、恥ずべきこと、卑怯なことはしないという矜持をもつということでもあります。すぐに前言を翻すような政治ではそこがあやしくなる。そこがあやしくなると民の本当の声が届かなくなる。よって力が結集できにくくなる。そこに付け込んで沖縄の民衆を分断化し懐柔するような卑しい方策が練られているような気配を私は感じます。これは断じて許されるべきものではありません。ありがとうございます。

2010/7/5(月) 午後 9:55 [ masahito2117 ] 返信する

顔アイコン

oyajiさん、そこを見るべきです。財政再建で基地問題が後景に退きました。これも狙いだったでしょう。選挙が終われば民主党の勝敗にかかわりなくこの普天間移設問題が現実の大きな問題としてのしかかってきます。沖縄のきれいな海とそこで暮らす人々を犠牲にして恥じない者たちの列には加わりたくないものです。ありがとうございます。

2010/7/5(月) 午後 10:01 [ masahito2117 ] 返信する

顔アイコン

全部アメリカに都合よく出来てる。
今更な部分もあるから余計に書き直すべきは書き直す事を始めないと
いつまで経ってもこの問題は日本だけが騒いで結局アメリカの希望通りで終息する。

ハトポッポのアメリカに媚びない!!みたいな気概は認めるけどそろそろ現実的に条約約定そのものを
時代と環境の変遷によって一部でも改編する必要は大いにあると思う。

沖縄でないならどこ?
何処に持って行っても同じだと思う。
時代にそぐった条約に改編する必要があると思います。

2010/7/9(金) 午後 4:36 ぴーかん 返信する

顔アイコン

ぴーかんさん、基地として日本の国土を使用する場合は地元住民の同意を必要とし条約と同じ10年を使用期限とする。こういう一項を入れたいと申し入れることなどから始めるべきでしょう。これは世界的に反響を呼びます。ごく自然な条約だからです。アメリカは日本の強い意思を示せば交渉せざるを得ません。ここに地位協定を具体化したものを付け加えれば相当に譲歩させることができるでしょう。そのぐらいのことがすぐにでもやれるしやるべきです。協議といっても今までは常にアメリカが日本の譲歩を引き出すという形でした。向こうは待っていればいいという姿勢でした。これがまちがいのもとです。ありがとうございます。

2010/7/9(金) 午後 6:57 [ masahito2117 ] 返信する

おはようございます(^0^)/

そりゃあ、民主党に革新的なことを期待するのがムダですよ
だって、ベテラン議員の大半が元々自民党に居た議員なんですから

奴らは権力だけが欲しかった野心満々な連中で、国民のことをなーんにも考えてないんです
こんな民主党には、即刻下野してもらいたいですね

2010/7/22(木) 午前 7:29 [ のんきなカメ♪ ] 返信する

顔アイコン

カメさん、それはそうとして、われわれ自身が、日本の安全保障のことをもっと考えるべきでしょうね。いったい海兵隊の抑止力などというものがどこまで真実なのか?もっと見極めるべきでしょう。ありがとうございます。

2010/7/22(木) 午前 10:53 [ masahito2117 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事