考えるブタ

私たちはほんとうに現実を見ているのか?

全体表示

[ リスト ]

待たれる日々

昨日の夕方から風はおさまった。まだ寒さを残しているが私は硝子戸を全開した。そのほうが気持ちいい。締め切っていた硝子戸を開け放ち外気と同じ状態で暮らすのが私の理想だ。
 
冬は冷たいものを飲みたいとは思わない。若者は平気で汗をかきかき冷たいものを飲んでいるがあれはうらやましい。ところが、昨夜なぜかのどが渇く。何は冷たいものを飲んでみたくなった。それもグビーっと一気に飲んでみたくなる。知人にそんなふうにしてコーラを飲むのが好きな人がいた同年代だったその人がそんなふうにしてコーラを飲むのが好きだった理由についてなんとなく私には理解できるような気がした。確か私より一つ二つ若かったと思うが残念ながらすい臓がんで亡くなった。私が何度かお参りに行くと墓前にいつもコーラが供えられていた。
 
昨夜、私は冷たいほうじ茶を買ってきてがぶがぶ飲んだ。今朝起きて硝子戸を全開にした。寒いという気はしなかった。もうポプラの新芽が出ているのが見える。U字型に細い枝を出してその突端に爆薬の管のような小さな芽をつけている。これが弾けてホンワリした新芽が出てくるまでにまだ時間をかかる。しかし、それは私にとって待たれる日々になるだろう。
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事