ここから本文です

書庫全体表示

 
イメージ 1
 
 
                企画展≪ピカソの陶芸≫ 「地中海にはぐくまれて」
大いなる回帰     埼玉近代美術館
                                  2014年4月5日〜5月18日
 
20世紀の芸術に大きな足跡をのこした、スペイン出身のパブロ・ピカソ(18811973)。めまぐるしく変貌する多彩な作風を通して、ピカソはその後の芸術の可能性を大きく切り開きました。
ピカソは絵画の制作を中心に、版画や彫刻なども手掛けていましたが、終戦直後の1940年代後半、南仏の陶芸の町ヴァロリスを訪れたことをきっかけに、陶芸の魅力にとりつかれます。同地においてジョルジュ・ラミエが運営するマドゥーラという工房で、陶工の協力を得ながら、陶芸の制作を精力的に始めます。絵画や彫刻の要素も備えながら、土、水、火という自然の力が創り出す陶芸に魅了されたピカソは、皿、水差、花瓶、壺、陶板など、3000点を越える陶芸作品を生み出しました。既存の手法にこだわらず、自由な発想で制作されたそれらの作品は、のびやかな感性とユーモアの精神にあふれ、ピカソの創作の喜びを生き生きと伝えてくれます。
 
日本スペイン交流400周年事業の一環として開催されるこの展覧会は、ピカソの監修によりマドゥーラ工房で原作陶器をもとにエディションとして制作された陶芸作品を中心に展示します。また、同時代にピカソが手掛けたリトグラフやリノカットなどの版画作品なども、陶芸作品との関連で紹介します。ピカソが晩年に見出した芸術の境地に触れることができる、絶好の機会になるでしょう。                         HPより
 
 
イメージ 2
                                                         
イメージ 10
                                                                                                     写真はネットより借用 
 
改修工事のため休館していた埼玉県立近代美術館(さいたま市浦和区)が、約7カ月ぶりにリニューアルオープンして、5日から企画展「ピカソの陶芸―地中海にはぐくまれて」が開かれていた。 
 ピカソの個展は同館で初めての試み。20世紀を代表する画家のピカソは60代になってから陶芸に傾倒し、南仏・ヴァロリスで制作に打ち込んだ。フクロウに見立てられた水差しや顔が描かれた丸皿など遊び心のある作品など150点が展示される。学芸員の平野到(いたる)さんは「温暖な気候で作られ、子どもが描くような簡潔な線でおおらかに表現した作品が多い」と魅力を語っている。 
 
 
イメージ 3
 
 
モネの作品と並んで埼玉県近代美術館の収蔵品で人気のあるのはピカソの≪静物」だそうです。ピカソが陶芸に出合うのはこの静物画を書いてからわずか2年後の地中海に近い町ヴァロリスに立ち寄ったことから、ピカソの陶芸の仕事は1947年夏にはじまったようです。常識や既成概念を好まないピカソの自由で、鮮やかな、ユーモアの溢れた、エネルギッシュな作品の数々
 
 
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                           写真はネットより借用 
 
世界的なな画家として知られるピカソは60代になって陶芸に打ち込むようになり、多くの作品を残した。晩年の陶芸との出会いは女性、鳩、みみずく、顔、闘牛、牧神、植物など、伸び伸びとしてユーモア溢れる、それは楽しい作品、ピカソの絵は私には理解できない世界、余り好きではないけれど、晩年に楽しんで制作した、この陶芸の愛嬌のある愛くるしい目元の梟、ヤギ、特に闘牛を黒だけで描いた臨場感あふれる作品など、ユーモアに溢れ、観ているだけで浮き浮きと心が弾み、童心に帰ったように楽しんできました。子供たちにも観せてあげたい展覧会です。
 
 イメージ 7イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    イメージ 9      イメージ 8      
                     写真はネットより借用 
 
 
       春風やユーモア愛嬌ピカソ展

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事