ここから本文です
写実は相変わらず人気があります。
その技術をそこまで修得するまでかなりの時間がかかったことでしょう。

しかし、長い時間かけても
写実はつまらないことに気づかないのが同じ画家として悲しい。

素人はいいんですよ。ラッセンだろうが、写実だろうが。
好きなものを買っていただければ。
でも買わない人は沈黙してくださいね。

決してバカにしているわけではありません。 
だがそこに需要があるからと付け込むような画家たちからは
精神性や哲学など感じることができないです。

この記事に

Tさんの野菜

教室で描いた作品。
生徒のTさんは家庭菜園をやっているそうで
画題としてたまに持ってきてくれるので助かります。

イメージ 1
『 Tさんの野菜 』
 2018 F4 パステル   

ほぼ毎週、火曜か木曜に行われる画塾
略して『 かかもく画塾 』
19:30〜21:30
浦和区東高砂町11-1コムナーレ9階(パルコ上)
部活、サークル活動的な画塾なのでお気軽に。
描きたいモチーフはご持参のこと、写真も可です。

参加費 \1,000ー

この記事に

つまらない絵

この間、小さな画廊のグループ展へ行ってきました。

お目当の画家さんはそうではないんですけど他は写実でしかも油絵。
本当に上手くてよく描けていましたよ。
でもやっぱり写実ってつまらないですねぇ。

例えるなら、あなたが知っているようなことでも
一から十まで逐一説明された感じ、うざく思うでしょ。
写実は説明が多すぎて観ていて脳が快楽を覚えないんです。

上手さというか、技術って蛇足なんだなぁと思いました。
脳が気持ちよくなる絵、そういう絵は心を浄化させるんです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事