ここから本文です

書庫全体表示

銀龍図

前に芸術を理解しようとしない老人の話をしました。
要約すると制作した事も無い者は批評できないと言う事でした。

なぜならわたし自身、描けば描くほど
より早く、より深くわかるようになって来たからです。
だからそう結論づけました。

でも他の例で、子育てをした事の無い者にその辛さはわからないとよく聞きます。
それは違います。自分が育てられた過程を親の立場から見ればいいんです。

一部始終その現場にいたのですから
客観的にあるいは立場を変えてみればいいんです。

これも芸術をやっているからわかるんです。
つまり、芸術は全ての事に役立つと言う事です。

子育てしていては解決できないカルマがある
仕事があると思った方が良いでしょう。


さて、初回の個展、開催できた経緯は突然でした。

二科展デザイン部入選したのでは、と言う事で友人の母親が
“会場おさえて来たよ”と言ってきました。

言われるまま行ってみるとその会場はとても広かったのです。

常々個展は開きたいと思っていましたが
初めてがこんなに広いところとは少しビビりました。

そこで少し大きめの作品をと思い制作したのがこの絵

イメージ 1

タイトルは『銀龍図』です。

この作品の半年くらい前に瀧を描き
たまたまひっくり返したら龍に見えたところから
この描写方法を思いつきました。

この個展をきっかけに由緒あるお寺に奉納決定。
昨年12月に、実に6年かけてやっと奉納されました。

時間がかかったのは、そのお寺の町に住む人々から浄財を貰って寄付されたからです。
願っても実現できない本当に有り難い事、とても嬉しく誇りに思います。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事