ここから本文です

書庫全体表示

十二神将(その2)

仏教は仏陀が開祖だから仏教というのでしょうが
そもそも真理に名前などないでしょうね。

地球上にはそれぞれその地域や気候、習慣などに合わせて真理を伝えやすくするため
いろいろな宗教があります。でも真理は一つです。
入り口が男女分かれていても浴室は一緒の混浴みたいなものです。

『幸福論』を書いたアランは登山にたとえ
登山口はいろいろあっても、山頂は一つだと例えました。さすがうまいですねぇ。
裸を例えにしてしまうところがわたしがメジャーになれないゆえんでしょうか。

とにかく宗教に関わらず固定概念を捨ててご覧になって欲しいですねぇ。

イメージ 1

さて、今日の一枚『十二神将(その2)』
この作品は二科展で奨励賞頂き全国巡回してきたのですけど
12枚あるうちなぜこれが選ばれたんだろう? と思いました。

多分、その次の年まで掛かる巡回展で丑年だから丑がいいだろうと思ったのでしょう。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事